きめんスーパーアリーナ
『きめんスーパーアリーナ』は、全天候型屋内競技場及びイベントホールです。20110701よりココログに再移行。http://kmnparty.way-nifty.com/manga/
2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07


2011/06/04(土) 07:19 ゲーム
ゲーム/GG2000/今夏TWINZ-HALF開催決定
まずはこちらのVTRをご覧ください。



と言うわけで、この夏に新日本プロレスの「G1-CLIMAX」の日程に合わせまして、「ジャイアントグラム2000 全日本プロレス3栄光の勇者達」を使用したゲーム大会、
 「TWINZ-HALF」
の開催が決定しましたのでお知らせいたします。

ルールとしては、

・8人総当りのリーグ戦モードを使用
・もちろん「観戦モード」を使用
・「HALF」の名称通り、育成時間はU-15の半分”7時間半”とする
・優勝者は15時間までの育成を可能とし、大晦日にU-15チャンピオンとタイトルマッチの権利を得る

他には、

・観戦モードの難易度は「HARD」を予定
・体力に関しては検討中
・毎日配信できるのかは謎
・だいたい、2週間ドリキャスの電源入れっぱなしなのかい?
・そもそもドリキャス動くのかい?
・ビジメモ売ってないっす!

と言う検討課題だらけとなっておりますが、まあその辺は何とか。
一応参加予定者は8名までで、現在はきめん、テイム、暁彦、dokuhuntの4団体が参加予定。
他に招待枠として、マッコイ先生、リドリーの2団体が参戦を表明済み。
他に参加者が3名以上いた場合は、2つのリーグに分けて優勝者同士を3本勝負とかになったりするのかも?

なんにせよ、ホルモン食べながら呑み放題2時間の間に出た話なので、どこまで具体的に話が詰められるかは不明。
それでも参加希望の団体関係者の方がいらっしゃれば、参戦表明お待ち申し上げます。

SAMURAI TV切って2年くらい経つから、もう実況しても技名とかすぐには出てこないんだろうなぁ。
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2011/05/26(木) 23:59 ゲーム
mixinews/ゲーム/高橋名人、ハドソンを5月末で退職
 「お疲れ様です、大佐」
 「…私は大尉だよ」
 「私にとって、大佐は大佐です」

その人を尊敬するものにとっては、今の役柄がどうあれ、最も尊敬する呼び名で呼びたくなるものと言う、そんなZガンダムのお話。

00meijin_before.jpg

さて、一般企業の一般社員(部長級とは言え)が退職するのがYahooニュースになるあたり、まだまだこの国は平和なのかもしれない。

僕らのヒーロー、ファミコンの神様、高橋名人が5月いっぱいで28年勤めたハドソンを退職することを発表しました。
詳細は御本人のblogで。
http://blog.hudson.co.jp/16shot/archives/2011/05/post_1848.html

日記、blog等見る限り、結構驚かれたり、残念がってる方が多いですが、個人的には予想の範囲内。
と言うのも、ハドソンは2005年に株式買収によりコナミ傘下となり、この4月からコナミの完全子会社化。

コナミといえば40~50代の少ない会社で、銀行から引き抜いて営業会社の社長に据えた人を1年半で札幌に飛ばしたり、40代以上で役職についてない社員に人事部が直接面談で自主退職を要求したり、そのくせ対外的には株価が下がるので「リストラはしてません」(キリッ)と言い切る、人事においては限りなくブラックな会社。
(噂ですよ)

なので、名人がコナミに入ったら仕事しにくくなるだろうなぁ、とは以前から思っていました。
なんせ、ゲームの企画でも開発でもない「広報」の方ですからね。

加えて「ハドソンの高橋」と言うイメージが強すぎる。
「コナミの高橋」と言われたら違和感バリバリですからね。なので、コナミ的にも扱いにくそう。
と言うことで、自主的か、迫られたかは分かりませんが、早かれ遅かれ退職されるだろうとは思っていました。

でも、もったいないと思うんですよね。
コナミ側の視点で見ると。

と言うのも、ゲーム業界に有名人は多々あれど、ほとんどが開発の人間ばかり。
CDデビューし、自身の名前が入ったゲームが発売され、映画主演も果たし、テレビでは「あの人は今」で取り上げられる。
そんなゲーム業界人、他にはいないですよ。

ゲームの売り上げ伸ばすには、知名度のある人を活用するのが有効なわけで、高橋名人と言う極上の「素材」を使いこなせなかったコナミには、改めて失望です。
まあ、もともとコナミは大嫌いな企業なのでどうでもいいですが。

でも、少し見てみたかったですけどね。
小島監督と対談したり、ウイイレを必死でプレーしたり、ラブプラスでニヤニヤする高橋名人を。

とは言え、6月1日からのお仕事もほぼ決まっている様子ですし、逆にハドソンと言う枠にとらわれず、ゲーム業界全体を足枷なく見られるのであれば、それは業界にとってもいいことだと思います。
高橋名人の宣伝するマリオ、ゼルダ、ドラクエ、モンハン等々、僕は是非見てみたいです。

ところで、「高橋名人」と言うのは「商標登録」されているようなのですが、今後はどうなるんでしょうかね。
「高橋元名人」とか「名人高橋」とか、いろいろ逃げ道はあるでしょうけど。

仙台で「真夜中のゲーム大会」を開催するときには、どう記載すればコナミに訴えられなくて済むでしょうか。
逆にわざと使用して、コナミに訴えられネットで騒ぎとなり、「タダで宣伝」してもらうと言うのもひとつの手ですが。

なんにせよ、ハドソンを退職しようが僕らにとっては永遠の「名人」であることには変わりなし。
今後も応援してますよ、高橋名人。

 「俺はもう名人じゃないよ」
 「僕にとって、名人は名人です」

高橋名人退職で名前使用不可能に!? 「高橋名人」が商標登録されていた
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1613132&media_id=85

コメント:0 トラックバック:0

2011/03/06(日) 23:33 ゲーム
ゲーム/モンハン日記vol.10/ハンター5つの誓い(ネタバレ長文)
注:
モンハンP3rdのクエスト、モンスターのネタバレ画像あり。
ご注意のほど。
書いたらすげー長文になってしまったのでごめんね。


Kmn-Ride(以下kimen)はうなされていた。
このところ、夜に寝付くと毎晩のように悪夢を見ていたのだ。

 「ポータブル…2nd…。」

夢の中では、ポッケ村に襲来したティガレックスに苦戦するハンターの姿が見える。
咆哮、噛み付き、突進。
自分の技が通じず、なすすべもなく倒れていくハンター。
その夢が終わると、今度は違う悪夢にうなされる。

 「2nd…G…。」

やはり夢の中で、今度は新たに襲来したナルガクルガに苦戦するハンターが見える。
高速飛びつき、棘弾、尻尾叩きつけ。
その姿を追いきれず、ただなぶられ倒れていくハンター。

kimenは絶叫と共に飛び起き、嫌な汗を拭うのだった。

そんなことが続いたある日。
ついにユクモ村を襲う最大の敵、イビルジョーが襲来。
集会浴場のお姉さん(下位)をさらい、kimenに闘技場まで来るように伝えた。
kimenは装備を固め、ユクモ村の村長をはじめ、村の住人に挨拶をして闘技場へと向かっていった。

 「なんだかあいつ、死にに行くみたいだな」

住人の1人がつぶやいた。

闘技場に着いたkimen。
襲い掛かるは、かつて自分が若い頃、苦杯をなめさせられた相手。ティガレックス、そしてナルガクルガ。そう、これはイビルジョーによる
 「ハンター抹殺計画」
なのだ。

イビル:
「モンスターの改造は順調に進んでいる。このまま行けばいずれ、お前達ハンターなど触れることも出来ん巨大モンスターや、改造モンスターが現れることだろう」
き:
「なに?」

なんということであろう。
3rdになって現れたジンオウガのような、不自然な造形とありえない動きのモンスターは、自然発生的に現れたモンスターではなく、イビルジョーによって改造されたモンスターだというのだ。

このまま改造が進めば、モンハンP4thでは「クレイジーゴン」や「ビルガモ」のようなロボットが現れ、
 「モンハンはオワコン(終わったコンテンツ)」
などと陰口を叩かれ、売り上げは暴落的な落ち方をするだろう。

き:
「そんなことはさせない!」

kimenの双剣がうなりを上げる。
襲い掛かるティガとナルガ。しかし、目標はこいつらではない。

き:
「司令塔はキサマだぁ!!」
イ:
「グボォァー!!」

双剣を突き刺し、イビルをあっさり撃破。
「強暴竜」などと言われようが、部位破壊にこだわらず、ただ「倒す」ことに特化すればこんなものである。

なおも襲い来るナルガとティガ。
しかし、司令塔を失い、ただ暴れまわるだけの2匹はもはや、kimenの敵ではない。

 「双剣ハリケーン!」
 「鬼人強化乱舞!!」

戦いは終わった。
集会浴場のお姉さん(下位)も無事救われ、kimenがユクモ村を離れるときが来たのだ。

 「苦しいときには『ハンター5つの誓い』を思い出してくれ」

そう告げてkimenは、来たときと同じようにガーグァの引っ張る台車に乗り、ユクモ村をあとにする。

 「ハンターさーん!」

集会所のお姉さん(下位)が涙ながらに追いかけてくる。

 「ひとつ、はらぺこのままクエストへ行かぬこと」
 「ひとつ、リノプロスの突進に気を付けること」
 「ひとつ、雨の日はアマツに注意すること」
 「ひとつ、仲間の粉塵や広域化を頼りにせぬこと」
 「ひとつ、砂の上では突き上げに注意すること」

ハンター5つの誓いを叫びながら。
そして目で追う。
小さくなっていく、ユクモ村を救った英雄の姿を。

そして、ついに見えなくなるその姿。
忽然と消えたように見えたkimenの姿はその実、ユクモ村に来たときと同じように、モンスターに急襲を受け、緊急回避したものであった。

まだまだ、狩りは終わらない。

~完~

なげーよ!

 「ネタに困ったらモンハン」
という感じで12月から続けてきたこの「モンハン日記」も、区切りのいい今回10回目でいったん終了。
と言うのも、先日ようやっと

mqe01.jpg

mqe03.jpg

mqe04.jpg

村クエ最終クエストクリアいたしましたぁ!
からです。

2ndGの村クエモンハンも極悪でしたけど、今回はもうね。考えたやつバカかと。
難易度的には2Gをはるかに下回るけど、PSPを何度壁に叩きつけようと思ったことか。

まあ、初志貫徹で双剣でソロ狩りはほとんど行けたので、個人的には満足。
このあとは、まだ大連続とドリンクが若干?残っているので、武器変えながらチョコチョコ遊ぶ感じかな?
(ドリンクはシルバークリアからクエ増えないんだよねぇ)

そんなわけで、リアル集会所、ギルカの交換などの際はお声だけくださいませ。
お疲れ様でした。

コメント:0 トラックバック:0

2011/03/04(金) 01:21 ゲーム
ゲーム/アイマス(長文)/第8話 TGS開幕そして9.18事件発生
前回
~第7話 NHK-BS特集、動画サイトフル活用…全てはアイマス2のため~
http://kmnparty.blog86.fc2.com/blog-entry-1040.html

~続き~

東京ゲームショウ(以下:TGS)は、国内最大の(コンピュータ)ゲームの展示会である。
2010年は9/16~9/19の4日間行われ、前半2日間がビジネスデー、後半2日間は一般デーで、入場料を支払えば発売前のゲームや、注目のゲームを体感出来るとあって、業務用マシンのAM(JAMMA)ショウと並び、ゲームファンにとって秋口の最大のイベントのひとつである。

アイマス2はこのTGSで「プロデューサー決起集会」というイベントを開催することを、事前にファンに告知していた。
イベントスペースにて、当日さらに新たな発表がされるのか、と全国のP達は心ときめき、当日を待ちきれないでいた。
そんなときに公式からyoutubeに、新たに投下された新作PV3rd&4th、



「THE IDOLM@STER 2nd-mix」と「SMOKY THRILL」がP達に衝撃を与えた。
主観だが、IM2ndは正直ダンスが微妙だったが、竜宮小町によるSTのPVは、アイマス2への期待感をさらに高めるには珠玉の出来だった。
きめんは属性もないのに、「にへらぁ」と気持ち悪い半笑いを浮かべて画面を見つめ、何回も再生を繰り返し、
 「俺きめぇ」
と自分でつぶやくほど、何回も見てしまったほどだ。

実は事前情報で、竜宮小町の伊織、亜美、あずささんと、このユニット担当の律子はプロデュース出来ない(注1)、という情報がゲーム誌を中心に出回り、
 「プロデュース出来ないってどういうこと?」
という不穏な空気が流れつつあった。

しかし僕もだが、ほとんどのPは
 「2周目でプロデュース出来るとかあるんじゃない?」
と楽観的に考えていた。

何せ、あれほど7月のライブで「団結」を開発者が強調していたのである。
アイドルをプロデュース出来ないなど、そも前作で普通に出来ていたものが、続編で出来なくなるわけがない。仲間外れなどあるわけがない。
そう思っていた。

そこに来て、この新作PVである。

幕張ライブ以降の、ファンを大切にする開発側の気持ちも十分に伝わり、期待感がパンパンに膨らみ、もう破裂寸前の高ぶる感情でいっぱいとなり、そのハイレベルなテンションのまま、TGSの一般公開デー、9.18のアイマスイベントスペースには「精鋭」(注2)と呼ばれるP達が集った。

このイベントの模様は、Ustreamで生中継されていた。
これもファンを大切にする開発側の心遣いである。
5年ぶりのナンバリングタイトルの正式な続編の発表を、リアルタイムで体感したいP達がモニタの前で見守り、会場では精鋭たちが興奮を抑えきれない様子の中、イベントは始まった。

アイドルマスター2 『765プロダクション2010年度 決起集会』(1/4~2/4)





いつものように声援を送り、カラフルなサイリウムを振るPたち。
ここまではいつも通りのイベントだった。

期待に胸を膨らませつつ迎えたイベント終盤、PSP版に登場した961プロの社長が映像でステージに乱入。
 「私が手塩にかけた史上最高のユニット『ジュピター』のVTRです」
のセリフとともに「新キャラ」のVTRが流れた。

それは、会場とPCで映像を見ていた全国のPたちの期待を、真正面から裏切る映像だった。


0:52くらいから

 「あぁ、俺は実に運がいい。会場に来ているお嬢様方に、真っ先に会えるんだから」

会場に響き渡る「男」の声。
この映像を見ていてこの声を聞いた瞬間、きめんは本能で、
 「あ、アイマス終わった」
と思った。
それくらいのインパクト。しかもマイナス方向の。

状況が良く飲み込めないまま目の前に流れる映像は、男性ユニット3人組の映像。
なんだかイケメンが歌って踊って、バク宙まで披露している。

 「ギャルゲーの新キャラが男!?」

本当に冗談抜きで、
 「これはドッキリか何かか?」
と思ったくらい、状況がつかめなかった。
録画で見ていた僕がそうなのだから、会場に集った精鋭の混乱度合いは計り知れない。動画で見る限り、完全に沈黙し、静かになってしまっているのが痛いほど伝わってくる。

さらに、悲劇は続く。

VTR終了後、シリーズプロデューサーの坂上Pが、
 「竜宮小町はプロデュース出来ませんけども」(注3)
とステージ上で宣言したのだ。

 「男キャラを追加して、4人のアイドルがプロデュース出来なくなるってどういうこと?」

もはや混乱という言葉では表せないほどの動揺。
静かになってしまった会場に、ステージ開催直後の熱気は無く、「決起集会」と銘打たれたものとはかけ離れた、絶望的な空気が形成された。
もちろん会場ではなくPCの画面上での話だが、それでも痛いほど伝わってきた。

そして話はここで終わらず、夜のファミ通.comインタビューでさらにファンに追い討ちをかけることになる。

~続く~


注1:
ファミ通.comの9/9付け記事より。
この記事を読む限り「それ以外の9人でユニットを組む」と言う微妙なニュアンスで伝えられている。
http://www.famitsu.com/news/201009/09033234.html

注2:
何を持って「精鋭」と呼ぶのかは意見の分かれるところであろうが、当日はモンハン3rdを始め、多数の注目ゲームが
集まる中、他に目もくれずに真っ先にアイマスイベントの整理券を当日に獲得する方々である。「精鋭」以外の何者でもない。
http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2010/visitor/stage.html

注3:
ユニットを結成した、伊織、あずささん、亜美の3人と、そのトリオをゲーム中でプロデュースする
律子の4人が「プロデュース不可」と公式に宣言された。
ちなみに、AC版から普通にプロデュース出来ていた4人である。

~おまけ~

決起集会後の退場シーン。とにかく静かです。

コメント:0 トラックバック:0

2011/02/16(水) 23:37 ゲーム
ゲーム/モンハン日記vol.9/暴君を超えてゆけ!(ネタバレ)
注:
モンハンP3rdのクエスト、モンスターのネタバレ画像あり。
ご注意のほど。

やあ、みんな。
ウルトラマン、およびウルトラシリーズは好きかい?
僕は大好きだ。

では、そのウルトラシリーズの中で「最強」の怪獣、宇宙人といったら、みんなはいったいどんな想像をするだろう?

宇宙恐竜 ゼットン
スーパーロボット キングジョー
用心棒怪獣 ブラックキング
地獄星人 ヒッポリト星人
火山怪鳥 バードン
円盤生物 シルバーブルーメ
硫酸怪獣 ホー

いろいろな意見があるだろう。
でも「最強」を語るその中で、
 「暴君怪獣 タイラント」
の名前が挙がることは、恐らく無いのではなかろうか?

在りし日のタイラントさん
tirant.jpg

シーゴラスの顔、イカルス星人の耳、ベムスターの胴体、ハンザギランの背中、バラバの両腕、レッドキングの足、キングクラブの尻尾を持ち、ゾフィーをはじめとしたウルトラ兄弟を悉くなぎ倒し、地球に襲い掛かってきた暴君怪獣。

様々な怨念が合体したいいとこ取りの美しいフォルムを持ち、ウルトラ兄弟相手にシングルで5連勝という輝かしい実績を持ちながら、その散り際があまりにもあっさりなので、
 「なんでタロウに普通に負けちゃうの?」
という疑問だけを子供たちに残し、強いというイメージがあまり残っていない、可愛そうな怪獣。
それがタイラント。

Wiiのモンハン3(tri)で「アルバトリオン」というモンスターを初めて見た際、
 「こいつはタイラントか!」
と思った。

クシャルダオラのような、ブレスと空中浮遊。
ナナ&テオのような、カーブする突進と尻尾振り。
ミラボレアスのような、上空からの攻撃と落雷。

 「たんなる古龍のいいとこ取りがぁ!」

そんな説得力の無い、寄せ集めのモンスターに負けるわけには行かないと思った。
双剣で戦うならば、バランバランに切り刻んでやろう。
そう心に誓った。

そして、ついに3rdに登場した暴君モンスター、アルバトリオン。
双剣携え、バトル開始!

ゾフィー兄さん敗れる (初戦:王牙双刃【土雷】 )
マン兄さん敗れる (2戦目:封龍剣【超絶一門】)
セブン兄さん敗れる (3戦目:封龍剣【超絶一門】2回目&リセット)

このままでは地球への進入を許してしまう。
やはりタイラントは、このまま快進撃を続けてしまうのか?
攻略法も、弱点属性も知らぬまま挑むのは無謀なのか?

精神集中して挑んだ、4戦目。
迎え撃つは新マン。

alva001.jpg

alva003.jpg

見たか、コラァ!!
タイラントなんざ、双剣の敵ではないわぁ!!
アカム、ウカムのほうが、よっぽど強いわ、ボケがぁ!!

と言うわけで、アルバトリオン、双剣ソロ撃破。
残るは1つ。
村の「あのクエスト」のみ。

とは言え、さすがに今は疲れた。
次回vol.10で果たしてモンハン日記も、大団円を迎えるのか?
それはまだ、きめんにもわからないのであった。

次回:
「ユクモ村全滅! 災厄はモンスターだった!!」

なんてことが無いように。

追記:
もしコメントつけてくれる優しい方は、コメントの前に
 「自分が思う最強怪獣」
をつけてくれるとちょっとうれしいです。

ウルトラマン見てない人は、
 「最強モンスター」
でもいいです。
興味深い結果が出そう。

コメント:0 トラックバック:0

NextPage