きめんスーパーアリーナ
『きめんスーパーアリーナ』は、全天候型屋内競技場及びイベントホールです。20110701よりココログに再移行。http://kmnparty.way-nifty.com/manga/
2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07


2011/07/01(金) 23:10 日常
御連絡/blogをココログに戻します
日々、誰が訪れているのかいないのかわかりませんが、ご来場いただきまして真にありがとうございます。

2007年1月より、blogをココログからFC2に移行して更新してきましたが、mixiの足跡の消滅、FC2よりもココログのほうがアクセスに優れていることから、blogの更新をココログに移行いたします。
というか、ココログに戻ります。
urlはこちら。

http://kmnparty.way-nifty.com/manga/

FC2はtwitterまとめに残しておきますが、そのためこの日記も流れてしまうため、多分訪れる人もそんなにいないと思います。
まあ、日記更新もそんなに頻繁にあげていないので、影響はないと思いますが。

そんなわけで、今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2011/06/27(月) 22:52 日常
日常/妖狐蔵馬的な何か
昨日のベガルタの話を書こうと思ったのですが、基本的にムカついているのはスカパーの実況のみで、ほかについては概ね納得(満足ではない)しているので、いったん保留。
気が向いたらまた書くかもしれないし、書かないかもしれない。

と言うわけで最近の仙台市内の話なのですが。

社の都…いや、杜の都と言われるだけあって、街中でも緑豊かな街でありまして、恐らく出張から来たであろう他県民のサラリーマンが、
 「仙台は杜の都と言うだけあって、やっぱり緑が多いですね」
などと、駅前周辺を歩いている際に会話している姿に出くわしたりすると、地元民としてはうれしくなるのです。

しかしながら、その辺はやはり街の売りとして「税金」で維持されているというのがよくわかるものでして。

震災後から、なかなか道沿いの樹木や雑草の草むしりがないなぁと思っていたのですが、やはりその辺は
 「道路維持作業」
なわけでして、いまだに地割れ、アップダウン、穴ぼこが目立つ状況では、なかなか草むしりまで手が回っていないと思われるわけで。

そんなわけで、仙台市内の道路周辺の樹木たちが大変なことになっておりまして、もはや
 「デビルプラント」
と化しております。
道路が巨大な雑草に侵食されつつあります。

意外と震災後、そういう地域は多いのかもしれませんが、もうなんか「魔界の食虫植物」みたいになってる道もありますし、
 「戸愚呂兄を倒すにはこれしか!」
みたいな状況です。

この先どうなるのか、興味深く見守りたいと思います。

コメント:0 トラックバック:0

2011/06/12(日) 22:52 日常
日常/あれから33年
本日6月12日は、宮城県では「県民防災の日」に指定されています。
33年前の「1978年宮城県沖地震」の発生日だからです。

東日本大震災からちょうど3ヶ月の翌日にあたり、各地の黙祷や復旧のニュースが伝わる中、防災の日に対するニュースはほとんど目にも耳にもすることはありませんでしたが、多くの宮城県民にとって忘れられない日であることに変わりはありません。

僕にとって幼少時、ギリギリ記憶に残っているのがこの地震。

まだ砂押在住で、286沿いの歩道で姉や近所の子供と一緒に、補助輪つきの自転車で遊んでいた若かりしきめん。
地震発生と同時に「壁から離れて!」と言う誰かの声を聞き、自転車を乗り捨てて壁から離れた。

地震が収まり、自転車など倒れたままほったらかしで家まで全速力で走って帰ると、家の中は家具が倒れてグチャグチャ。
割れたコップや茶碗が散乱し、大変危険な状況でした。
母親が片づけをしているので、手伝おうと家の中に入ろうとすると、「入るな!」と母親にものすごい勢いで止められたのを、今でも鮮明に覚えています。

なので3.11当日、夜8時過ぎに家に着いたときに、家具も倒れておらず意外と平和そうに見えた家の中を見て、心底ホッとしたものです。
実際には、その段階でとんでもない規模の災害となっていたのですが、停電し、ラジオですら情報が混乱していた当時では、そんなことは思いもよらず。

1978年のマグニチュード7.4、仙台の最大震度5は今にして考えればどうってことない規模の地震だが、それはこの地震を教訓に建築基準が改正され、いかなるときでも地震を意識して行動する県民性が身についたから。
3.11は地震に対する備えは、今でも完璧だったと思う。
ただ、そこから派生する2次災害、3次災害までは頭が回らなかった。

別に防災の日が、年に2回あってもいいだろうと思う今日この頃。
twitterで以前見かけたつぶやきをもって、この日記の締めとしたい。

 「お前らマグニチュード7とか今更ザコだと思ってるけどさ、フリーザくらいの強さはあるんだからな」


宮城県沖地震 きょう33年
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/06/20110612t13005.htm

1978年宮城県沖地震
http://ja.wikipedia.org/wiki/1978%E5%B9%B4%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87

コメント:0 トラックバック:0

2011/06/09(木) 23:18 日常
日常/作詞でもするか
ボイスとかtwitterで済む話なんだけど、ぜんぜん日記書かないと
 「きめんはtwitterにハマッテル」
とか噂されるからね。

誰に?

コンビニでお買い物をしていたら、店内放送で恐らく被災地への応援ソングなのだろう。

 「♪ 頑張れ 頑張れ 頑張れ」

と連呼する歌が流れていた。

お前は被災者に「頑張れって言っちゃダメ!!」って習わなかったのか!!
と思った直後に、
 「まず、お前が作詞を頑張れよ」
と思った。

仮にも有線で流れる「プロの歌」なんだからさ。
もうちょい何とかしろよ。
頭悪すぎるだろ。
金取ってるのか、チャリティなのか知らないけど。

あんなんでいいなら、僕でも作詞できるよ。
つーことで、多分次回は「作詞オフ」開催。
紙とペンをお持ちになってね。

どこへ?
いつ?

コメント:0 トラックバック:0

2011/05/31(火) 21:39 日常
日常/僕の考えた「もしドラ」
・もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
→通称「もしドラ」
いわゆる原作。これが基本中の基本。

・もしドラゴンが『新日本プロレス』の社長になったら
→通称「もしドラ」
ホルモン会の時に聞いたタイトル。なんでも、猪木に傾倒したり、バーリトゥードをバトルロイヤルでやったりする、恐ろしいプロレス団体になるらしい。
そしてこれがきっかけで、きめんの脳内で派生作品が続々と。

・もし高校の女子ゲーマーが『ドラゴンクエストIV』をプレイしたら
→通称「もしドラ」
ゲーム終盤のパーティの先頭は「ドラン」で決まり。

・もしのび太のところに未来から『ドラえもん』が来なかったら
→通称「もしドラ」
のび太はジャイ子と結婚し、子孫のセワシに泣かれる日々。

・もしシルク・ドゥ・ソレイユが被災地で『ドラリオン』を公演したら
→通称「もしドラ」
公演で集めたお金は、被災地に義援金として送られます。

・もしクライシス最強怪人『ジャークミドラ』が襲ってきたら
→通称「もしドラ」
居候先のパパとママを殺害し、V3とライダーマンを退けるも、RXのリボルケインに貫かれます。

・もし地球に侵略してきた宇宙人が『ゴドラ星人』だったら
→通称「もしドラ」
マックス号が応答しなくなります。

・もし上がりが『立直一発ツモ平和断么九純全帯三色一盃口ドラドラ』だったら
→通称「もしドラ」
数え役満。親48000点、子32000点。


キミの考えた「もしドラ」があったら教えてくれ!

ところで、全体的なノリが「ハライチ」っぽい件。
だれかこれで台本書いて漫才してください。

コメント:0 トラックバック:0

NextPage