きめんスーパーアリーナ
『きめんスーパーアリーナ』は、全天候型屋内競技場及びイベントホールです。20110701よりココログに再移行。http://kmnparty.way-nifty.com/manga/
2007/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2007/08


2007/07/31(火) 23:59 日常
KEY
高校時代、よく自転車の鍵を無くした。

ペデストリアンデッキの下に自転車を止めて、キャロット仙台店を始めとしたゲーセンを巡り、帰ろうとしたら自転車の鍵が無い。
そういうことが、よくありました。

おかげさまで、ヘヤピン1本で自転車の鍵を開けるのが、巧くなりましたが…。

うちの家は、よくモノが無くなる。まあ、
 「散らかってる」
と言えばそれまでなんですが、僕がすぐに活用したいものを、部屋に出しっぱなしにしてるだけなので、
 「モノがあふれてる」
と言うほうが正確でしょうか。

なので、テーブルの上や畳の上にモノを置いていても、すぐに見失ってしまう。テレビのリモコンも、DVDも、ゲームのコントローラも、僕の部屋にあるものは全て
 「自動ステルス迷彩」
がかけられてしまう。

今日、車の鍵を無くしまして。

必死で探したんですが、見つかりませんでした。
と言うか、昨日の運転後、ズボンのポケットに鍵を入れてから出した記憶は無く、車も使ってない。
もしかしたら、買い物に行った駅前辺りで、車の鍵を落としたのかもしれない。
庭も探しましたが、蚊に刺されまくってもやはり見つからず。
車が使えなくなってしまいました。

え、スペアキーですか?
残念ながらそれも無いんですよ。
何でかって?

「代車」の鍵を無くしちゃったんですよね。

よりにもよって。
愛車の点検中の代車の鍵を。
今まで、車を購入してから鍵を無くした事なんて無いのに、よりによってこんなときにねぇ。

車屋さんに、わざわざ愛車を持ってきてもらって、平謝りでしたよ。
すいませんね、ほんと。

でも、部屋はすごく片付いた。
それはちょっと良かった。

追記:
プロレスの神様:カール・ゴッチ氏が亡くなられました。
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20070730-234486.html
その世代じゃないので、特に思い入れは無いのですが、ジャーマンスープレックスホールドの元祖、と言う偉大な方であり、日本のプロレス界にも多大な影響を与えた方です。
ご冥福をお祈り致します。

追記2:
流血大王:キラー・トーア・カマタさんが亡くなられました。
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20070728-233498.html
正直良く知りませんが、「とんだいっぱい食わせ者列伝」には必ず掲載されている、大型レスラーでした。馬場さんのPWF王座を奪取したことも「プロレス七不思議のひとつ」と言われてるくらいですし。
あ、一時とんねるずが「カマタッ!」とか叫びながら、チョップしてましたね。
ご冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/30(月) 23:59 日常
二口渓谷でとうきびを焼く
7/28(土)はキャラバン…ではなく、その他にも用事があった。
ので参加をペンディングしていた
 「焼きもろこしオフ」
だが、直前になって早引けなら行けそうなスケジュールになった。
何せ言いだしっぺの一人なので、参加したい。

しかし、思った。

イベントの参加ボタンを押すのは簡単だ。
だが、きめん。それでいいのか?

「太白山登山」の時には、参加申請していなかった暁氏に、頂上直前まで先回りされた。
「真夜中3」の時には、テイム名人に前代未聞の、2ヶ月がかりのドッキリを仕掛けられた。

人の付き合いが悪い人生なのか、騙されてばかりだ。

じゃあちょっくら、「騙す側」に回ってみるか。
二口渓谷に先回りして、先にバーベキューを始めていてはどうか?
多分、みんな驚くだろう。
ただ、みんなが来るまですごく寂しいやつに見られそうだし、携帯の電波も届かないところで、もしみんながバーベキュー地点を変えてしまったら、全てが台無しだ。
つか、前日まで参加できるか分からなかったから、場所をよく見ていなかった。

と言うわけで、とうきび購入予定のイオンで待ち伏せ。

予定時刻を回っても、参加メンバーが来ない。
 「買い物場所が変わったのか?」
少し焦る。
いやまて。まだ5分過ぎただけだ。この程度、遅れた部類にも入らない。
また、しばらく待つ。

僕をこれまで騙してくれたやつらも、このような気持ち、いや、これよりもはるかに不安な気持ちで、僕の登場を待っていたのだろうか?

そう思うと、
 「そこまでして僕を騙してくれてありがとう」
と言う気持ちにならなくも無いが、やっぱり見事に騙されたのは悔しいので、お礼なんか言わない。

そんな風に思案していると、もろこし参加メンバー登場。

そういえば、どのタイミングで行くか考えてなかった。
今か? まだか?
そうこうしているうちに、もろこしメンバーの発起人・nannos氏が、1人でどこかへと消えてしまう。
きめん、タイミングを逸する。

 「ちっ、相変わらず団体行動の出来ない男だ」

心の中で舌打ちをし、他のメンバーの動向を探る。
みんなは、楽しそうにとうもろこしを選んでいる。僕には気づいていない。

 「行くか? いや、1人欠けてる状態で、中途半端ではないか?」

徐々にあせる。
と言うか、参加表明してない、僕の分のとうもろこしはあるのだろうか? 普通ないよな。
あせると、余裕が無くなる。どうするか悩み、軽いパニック症候群にかかる。
しばし物陰に隠れ、思案していると、メンバーを見失ってしまった。

 「しまった、迂闊!」

いや、冷静になれ、きめん。
どうせ連中は、最後に酒を買いに来るはず。だから酒のコーナーにいて、自然に酒を選んでいればいいんだ。
そう思い、酒のコーナーをうろうろ。
だが、どの辺りまで来ているのか気になる。ちょっと様子を見てみるか。

そう思い、ちょっと移動すると、正面からnannos氏が歩いてくきてしまう。
 「まずい!」
隠れようとするも、間に合わない。
交錯する視線。
しかし、nannos氏は視線を外す。
 「見つからなかったか?」
と再び隠れようとすると、
 「なにっ?」
と言う表情でこちらに向きかえる、nannos氏。

 「なんでいるの?」

一応成功。
その後、nannos氏と共に他のメンバーの背後から近づく。

 「きめんさん!」

一応成功。
だが、なんとなく中途半端で、悔いが残ってしまったなぁ。

でまあ、騙しはハンパに終わってしまったのですが、二口渓谷で行った「焼きもろこし」は大成功。

ftkc3.jpg

ftkc5.jpg

ftkc2.jpg

ftkc4.jpg


なぜか、焼きもろこしを食べたことが無い人が2人いて、みんなを驚かせましたが、「おいしい」と大好評。

しょうゆ以外に、バター&セージのもろこしを作りましたが、どちらも極上。
これを初めて食べたら、屋台のもろこしは食べられませんよ。

と言うことで、秋田キャンプ~太白山登山~二口バーベキューと、初夏の肉体系イベント終了。
次回は秋の芋煮会ですかねぇ。

と思ったら、そうだ。
8月中に「泉ヶ岳」に登頂しないとダメなんですよね。
ね、虎さん?
日程はお任せします。

コメント:2 トラックバック:0

2007/07/29(日) 23:59 ゲーム
ハドソンキャラバン07in仙台体験記
注:
ゲームの興味ない人は、読み飛ばしてもらって構いません。
超!長いぞ。

では。

小学6年のとき、スターフォースは持っていなかった。
中学1年のとき、スターソルジャーは持っていなかった。

その後、キャラバンシューティングから離れた僕にとって、
 「ハドソンキャラバン」
は、禁断の未体験ゾーン。アウターゾーン。
テイム名人と東北を回った「対決キャラバン」では無い、本物のキャラバンを体験するため、ハドソンキャラバンの行われている、勾当台公園に行ってきました。

cara1.jpg

cara2.jpg


昨日がピーカン超快晴だったのに比べ、今日はどんより曇り空。それでも開始の11時には、たくさんの人が会場に訪れていました。
明らかに目立つキャラバンカーと、ハドソンブースのテント。今回は「TBC夏祭り」のイベントと同日に、同じ会場の一角で行われているので、まさにお祭りムード全開。

ハドソンブース向かいには、カリスマ気象予報士:斉藤さんがイベント用おにぎりを売っており、大混雑。
注目のハドソンブースは…ちょっと少なめ。やはり、宮城のカリスマには叶わないのか?
と思っていたら、僕らのカリスマ:高橋名人登場。昨日の日焼けが辛かったそうで、アロエを塗ってきたとか。
2週間前に撮ったばかりだけど、またもや撮影を依頼。

cara3.jpg


ナイス2ショット。
ちなみに、名人が手に持っている「酒升」は、foxyun氏がお渡しした、「ゆるめいつ」でおなじみのsaxyunさん仕様。
時間があったのでしばし談笑しましたが、ここで面白エピソード発掘。

名人:
 「真夜中の動画アップしようとして編集してるんだけど、最初の3人は各部門優勝者の3名で、4番目に編集したのが、彼(foxyun氏)と歌ってる動画なんだよね」

一同大爆笑。

スタソルのBGM歌ってるアレね。もうインパクト絶大だったからなぁ。
 「みんな練習とかしてきたのに、あれが優先されて申し訳ない」
と謙遜のfoxyun氏。
いやいや、会場をあれだけ盛り上げ、一体化させた功績は多大ですよ。
マイミクさん限定ですが、改めてどうぞ。↓
http://video.mixi.jp/view_video.pl?owner_id=132013&video_id=544197

さて、ブースはテント2つにキャラバンカー、と言う形態。

cara4.jpg

cara5.jpg


キャラバンカー内では「オトダマスター」の体験会。テント内では、シュウォッチ大会、アプリゲーム体験、物販コーナー、そして開発中の「スターソルジャーR」の体験コーナーがありました。

ネットでは売り切れた「シュウォッチ」の予約も、仙台会場ではらくらく。
見てた限り、飛ぶように売れてたわけでは無さそう(ごめんなさい)なので、他の会場にいくつか繰り越されたかも。

と言うか、遊んでる子供たちはシュウォッチよりも若いですから。つか、その辺で浴衣着てる女子高生よりもシュウォッチが年上ですから。
ボタンを連打するだけのこの魅力が、どれだけ伝わったか不明ですが、結構楽しんでみんな遊んでいました。
会場にはこのような、

cara6.jpg


パネルで皆さんの記録を表示。
これが全国を周って、記録が塗り替えられていくわけですね。

みんな遠巻きに見ているけど、プレイしてる人が少ないので、客寄せパンダのごとくプレイ。115発でガッカリ。
しかし、誰かが遊んでると盛り上がるのか、その後なかなかの客付き。

名人がブースに登場すると、
 「高橋名人だよ」
と言った声が、複数から聞こえる。一気にハドソンブース前が人だかりになる。
名人も日焼けと疲労にも関わらず、多くの人にサインや写真撮影を答えている。遠くから聞こえる声の大半は、
 「子供の頃からファンで…」
 「小さい頃からあこがれてて…」
見たいな感じ。
名人とお話して去っていく人たちが、とても笑顔なのが印象的でした。

さて、お昼を回る頃になると、名人がTBCのイベントブースに登場。
佐藤修アナと、なべくらみほさんとの掛け合いでステージが進行。佐藤アナと高橋名人は、同い年で誕生日が3日違い。しかも、同じ札幌出身と言うことで、話がはずむ。

また、毛利名人との映画の中で、フィルムが1秒間に24枚なので、その中で17発叩いているのがあって、240枚のフィルムを確認したら、170発叩いていたこともあった、とのエピソードも。
17連射出ていた名人もすごいですが、当時フィルムで確認した人もすごい。測定は、スピードガンじゃなかったんですね。

その後、シュウォッチを使用した連射大会開催。
最初は子供たち。その後は大きな子供たち。僕もイベントステージ最後方で手を上げましたが、ここは選ばれず。優勝者は103発だったかな? 結構盛り上がりました。

cara7.jpg


さて時間が少々前後しますが、物販コーナーで白い帽子を購入したあと、スタソルRブースへ。

cara8.jpg


ここでは、パラドックスさんが1人気を吐きまくり。80万点代を連発中。
 「真夜中の大会で名人は『開発の記録が今のところ86~87万くらい?』と言ってた気がするが、これは何事だろう…」
さすがに歴戦のキャラバン戦士は、吸収力が早い。
みるみるうちに、スコアが上昇していく。

僕も当然期待しているゲームなので、早速プレイ。
 …ボカーン。…ボカーン。タイムアップ!
笑えるほど、燦々たる結果。低スコア。まあ、最初なのでこんなものだろう。

ゲームとしては、開発に川田名人が関わってることもあり、PCE版のスーパースタソルに近い印象。
ラザロ(ラリオス?)、デライラは引継ぎ、コンボボーナス、残りタイムボーナスなど、スコアアタックに必要な要素が詰まっている。
そして、やられると「-100,000点」となり、死に技は使えない。

この点について名人はblogで、
 「小学生がプレイすると、得点が無くなってしまう」
と、危惧していました。
確かに、シューティング慣れしてない今の子供たちには、少々辛い設定かも。でも当時は、小学生がスコアアタックしてたんだよね。
イベント版だけ減点無くして、製品版で減点制度復活ではどうですか? 発売決まってませんが。

さて、さとしんさんが登場してから、スタソルRのレベルがグンと上がってしまう。95万点はおろか、100万点間近に迫るプレイを見せる。

ここで、Gatch名人がコッソリ来ていたが、しばし談笑の後、すぐ帰宅。

僕も帰ろうと思うが、15時前に雨が降ってしまい、身動きがとれずハドソンテントに避難。
 「まだスタソルを遊んで行け」
と言う、天の啓示か?

cara9.jpg


ここで、僕もこの日の自己ベスト「905,500点」を出すも、すでにベスト10入りすら出来ない状況。
上達は諦めて、パラドックスさんとさとしんさんの、2人の戦いを見守ることに。

ミスドでスタッフ慰労のドーナツを購入し、名人に手渡す。
名人はこの日食べすぎなので、スタッフさんで分けてもらった。
その後、状況が動いた。

さとしんさんが、ついに100万点を突破!
「1,006,900点」と言う会心のスコア。
こんなの、抜けるわけが無い!

雨も上がり、時刻も17時。
そろそろ帰るかという話をしていたところ、パラドックスさんが最後の集中力を発揮。

cara91.jpg


「1,015,400点」が飛び出した!
渾身のガッツポーズ!
まるで、毛利名人が強風の中でトランプピラミッドを完成させたときのようだ!
うなだれる、さとしんさん。
過去の「真夜中のゲーム大会」同様、故郷・仙台キャラバンでも優勝を逃してしまうのか? 

どうする? どうなる?

と言ったところで、僕は帰宅。
ゲーム大会とは異なりましたが、大変満足できたハドソンキャラバンでした。
子供の頃に参加しなかった分、TBC夏祭りも加味して、お祭り気分を散々楽しんできました。

いいねぇ、キャラバン。
これで「キャラバン未参加」の汚名も返上。
だよね?

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/27(金) 23:59 日常
仙台ローカル/長町サニーランド閉店
仙台市の僕と同世代の南学区の人であれば、おそらく1度は行ったことがあると思われる、
 「長町サニーランド本店」
が今月で閉店することになりました。(Yahooリンク↓)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000007-khk-l04

sunny1.jpg

sunny2.jpg


なんでも、大型店舗の増加と、築40年の建物の老朽化が原因とのこと。

僕が小学校時代、おもちゃ、ゲームを買うのであれば、「エンドーチェーン」か「サニーランド」でした。
「トイザラス」なんか日本に無かったし、「ジャスコ」は緑色だった。

長町サニーランドは、2階にゲームコーナーがあり、ゲームセンター出入り禁止の小学生時代は、プレイしてるお兄さん方を羨望の眼差しで見ていたものです。

 ・「フロントライン」のロータリースイッチを、カチカチやってる人
 ・「パックランド」で巨大池を越えるために、本気でボタンを連打する人
 ・「ドラゴンバスター」で永パ(永久パターン)防止キャラに噛まれまくる人
 ・「戦場の狼」のデモに出てくる「カプコンクラブ」に応募しようと思った人
 ・「黄金の城」に出てくる女剣士の胸元を攻撃すると、ムネがあらわになって興奮する人

100円すら高価だった子供時代の風景が、今でも思い出されます。

また、ファミコン時代にはディスクライターの書き換え、と言えばサニーランドでした。

「リンクの冒険」を書き換えに行ったときは、子供たちが大行列。途中で説明書が足りなくなり、書き換えだけしてもらって帰ったこともありました。

また、高校時代に聞いた話ですが、「ドラクエIII」発売日に行列が出来、
 「ここまでで終了」
と、販売本数ギリギリで仕切られた最後の客が、
 「魂斗羅下さい」
と言って、ドラクエIIIが一瞬だけ1本余った、と言う逸話もサニーランドだったと思います(注1)

そんな思い出深いサニーランドも、今日はもう店内もだいぶ寂しげ。

sunny3.jpg


ゲームの取り扱いは、数年前のカードブームの頃から縮小され、最近の取り扱いは少なかったようです。当時を偲ぶような、面白アイテムにめぐり合えなかったのは残念ですが、かろうじて、

sunny4.jpg


「ファミコンのIIPコントローラ」と「N64ゼルダの伝説~ムジュラの仮面~」むき出しを買ってきました。
両方とも300円。

長町本店は閉店になりますが、サニーランドと言う会社が潰れるわけではないので、仙台の老舗おもちゃ店は今後も健在のようです。

なんとも寂しいですが、長町も新都心化が進みますので、「発展的解散」と言うことで。

そういえば、サニーランドにはCMソングは無かったのかなぁ?

注1:
ドラクエIIIは、88年2月10日の発売。
魂斗羅は、88年2月9日発売の1日違い。
ドラクエIIIが延び延びになったのが原因とは言え、それは無茶だよ、コナミさん。

コメント:9 トラックバック:1

2007/07/26(木) 23:59 ゲーム
ゲーム/きめんの夏、キャラバンの夏
「真夜中3」で、Wiiのバーチャルコンソールで「スーパースターソルジャー(SSS)」が動いてるのを見て、欲しくなった。

と言うわけで、久しぶりにWiiを立ち上げた。
ゼルダのセーブデータが「2/11」で止まっていたので、ずいぶん久しぶりの起動となる。
久しぶりだからかWi-Fiも繋がらず、仕方なく再インストール。
Wiiショップで「SSS」を購入。

そこからが大変。

遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ…。
気が付くと、数時間経過。なぜ2分モードをリセットしつつ遊んでいるのに、こんなに時間が経っているのか?

ファミコンのスタソルは、指痙攣で練習するため、腕が疲れたり、痛くなったり、重くなったりすると、強制的に練習終了。長くとも、1日2時間が限度だ。
しかし、SSSはオート連射。加えて手元でリセット可能なため、特に動く必要もなく、ひたすら「地蔵」のように遊んでしまう。

なんて、危険な!

ぶっちゃけ、PCE時代のキャラバンソフトは、PCE購入が遅かったこともあり、ほとんど遊んでいない。しかし、「シリーズ最高傑作」と名高いSSSが、これほど麻薬的な要素を持っているとは、露知らず。惜しいことをした。

とりあえず、手探りから始まり、予備知識も「真夜中」のプレイを見たくらいしかないのだが、なんとか



51万点越え。
ただ、全く安定しないので、51万はこれ1度しか出ていない。
やればやるほど、キャラバン戦士達の実力がどれほど凄いものか分かってしまい、どんどん集中も切れてくる。
凄いね、全国レベルって。

でまあ、仙台も夏日なわけですが、真夏にキャラバンシューティングを遊んでいると、
 「夏だなぁ」
と改めて感じられる次第。

夏休みに親戚のうちで、コロコロコミックを読み漁っていた当時を、思い出しましたよ。
スターフォースの地上絵が袋とじで興奮したり、名人のスタソル攻略を読んで興奮したり。

まさに、
 「ぼくの夏休み」
って感じ。

まあ、今の僕は「ずっと休み」ですが。

お知らせ:
ハドソンキャラバン07 7/28~29は仙台大会
http://www.hudson.co.jp/caravan07/caravan/index.html

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/25(水) 23:32 ベガルタ仙台
ベガルタ/仙台銀行
J2首位の札幌さんと対戦した、3位の仙台。
仙台のシュート22本に対し、相手のシュートは6本。それでも 0-2 で負けてしまうのが、サッカーの恐ろしいところか。
まあ、仙台のシュートは得点の香りがしないものがほとんどでしたが。

この試合前まで、札幌さんとの勝ち点差は7でしたが、これで10に広がり、また1試合札幌さんが少ないので、実質「13」の勝ち点が開いていると言えます。

勝ち点ドン。

1.札幌 58 +20
2.京都 57 +19
3.仙台 48 +12
4.東京 47 +13
5.福岡 43 +16
6.湘南 43 +12

今年の札幌さんとの対戦成績は、1分2敗。
直接対決で2回負けているので、ここをもしも勝っていれば勝ち点は、
 札幌 52
 仙台 54
となるので、仙台は2位。
直接対決で負けるというのは、こんなに大事なことなんですね。

札幌さんから見れば、まさに「仙台銀行」様々です。
今なら、J1昇格フリーローンもありますよ?

書いてて、凹んできました。

とは言っても、仙台も福岡さん相手に、今期は3戦3勝と「福岡銀行」のATM便利、便利~な状況ですから、あんまりその辺に文句言っても、しょうがないですね。

今日はとことんネガっても、明日からはポジティブに。
今日はお酒でも呑みながら、とことん凹むといいさ。

 「日本代表も負ければいいのに…」

現在後半5分:日本1-2サウジ

コメント:0 トラックバック:1

2007/07/24(火) 23:59 日常
7月も終わりですが
そういえば、ダイエット中だった。

先週「真夜中3」の大会が終わったので、気を抜いていたら1週間呑みっぱなしだった。
これは良くない。
と言うことで再開してますが、1ヶ月前から体脂肪は5%落ちているが、体重が落ちていない。1ヶ月体重が落ちないと、さすがに滅入ってきますね。

何せ時間はあるので、体育館に行ってはいろいろやって、体型が変わっているのは確認している。腹筋は割れてきたし、副直筋もだいぶ戻ってきた。
ただ、脂肪があまり減ってない所に筋肉が付いたので、お腹が出っ張ってしまった。

あぁ、まるで三沢さんのよう…。

とりあえず、今年は「浴衣」を着なければならないので、なんとか頑張って見ますが、なんかもう7月も終わるし、間に合わないかもねぇ。

でも、やるだけやってみよう。
というこの日記は、暑いのでアイスを食べながら書いています。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/23(月) 23:59 ゲーム
宣伝ぽい/ハドソンキャラバン2007in仙台開催
昨年、10年ぶりに復活した「ハドソンキャラバン06」
これは、全国各地を「キャラバンカー」といわれる車が走り回り、各地でゲーム大会を行うと言うもの。
僕が小学生だった頃の85年の「スターフォース」、86年の「スターソルジャー」が、ファミコンブームもあって、一番有名かも。

でまあ、昨年復活したキャラバンですが、宮城県は素通り。
 「なんでやねんっ!」
と、東北人にあるまじき突っ込みをしつつ、待つこと1年。
今年発表された、
 「ハドソン全国キャラバン07~全国横断ト・モ・ダ・チ検定」
では、07キャラバン初っ端の開催地が、杜の都・仙台。

今週末7/28(土)~7/29(日)に勾当台公園で行われる、
 「TBC夏祭り」
にて、このハドソンキャラバンが行われます。

これにはもちろん、我らがヒーロー・高橋名人も参戦予定。
ん~、夏祭りに来るどの芸能人よりも、名人が一番魅力的に感じられます。先週お会いしたばかりなのに。

会場では、ゲーム大会やイベントが多数行われますが、そこはほら「大人」ですから。子供を押しのけてまでは遊びませんよ。
とりあえず、当日のイベント一覧から、参加できそうなものをピックアップ。

・全国横断ト・モ・ダ・チ検定

これは、携帯サイトから登録できるイベント。大会前に事前に登録し、会場で登録画面のQRコードを見せると、景品が当たる抽選が出来ます。
これは参加。
(登録は携帯からこちらへ → http://caravan07.jp)

・シュウォッチ連射大会

連射測定マシン「シュウォッチ」を使った、連射大会。各会場1位には、記念品があるとか。昨年は「指痙攣」と「コスリ」部門に分かれていた気がしますが、今年はどうだろ?
今、僕が手持ちで測定したら、

 115発(11.5発/sec)

目も当てられない結果が出ました。
これは参加未定。

・新作DSソフト「絶対音感!オトダマスター」試遊コーナー
・最新ケータイアプリゲーム体験コーナー

これはハドソンさんの販促活動ですからね。
ジャマしちゃいけないので、遠巻きに見守ります。多分、子供たちでごった返すかと。

・キャラバンカー応援ステッカー
全国を回るキャラバンカーに、熱いメッセージをステッカーに書いて貼り付けるイベント。仙台で貼ったステッカーが全国を周るなんて素敵な話。
これは参加。

・物販コーナー
限定Tシャツのほかに、10000個限定の復活「シュウォッチ」が予約可能(発送は9月)
まあシュウォッチは持ってるんですが、会場行ったら買っちゃうかもしれませんね。僕は無収入ですが。
これは成り行き任せ。

・Wiiバーチャルコンソールゲーム大会

Wiiでダウンロードした「スターソルジャー」のゲーム大会が行われます。
おやおや。
仙台からは先週、東京の「真夜中のゲーム大会」に仲間内5名で参加。マスクマンや爆死しつつも入賞、名人とデュエットしたりゲームオーバーになっちゃったりと言う、とある
 「はじけた軍団」
がおりますが、全国の口火を切って、やっちゃっていいんですね?

と思ったけど、リンク先を追っていったら、
 「PCEのバーチャルコンソール」
画面にリンクされるんですが、まさか「スーパースターソルジャー」の大会なのでしょうか?
先日の優勝スコア「52万」に対して、僕は「38万」しか出せませんが、どうしましょう。
ファミコン版なら、喜んで出ますけど。
これは、場の雰囲気で。

・新作「スターソルジャーR」お試しプレイ

今回の本命はこちら。
名人のblogで発表されたけど、まだ雑誌にも出ておらず、画面写真も出ていない「スタソルR」が、遊べる「らしい」です。

こちらは、まだ発売も決まっておらず、開発中もいいところらしいのですが、先日の「真夜中」の大会で突然発表され、高橋名人に、
 「20日までは内緒で」
と言われて、参加者全員がその約束を守った、ハドソン期待の隠し玉。
「真夜中」で撮影してるので、写真どころか動画も手元にありますが、さすがにアップできませんのでご了承のほど。

昔ながらの、打って打って打ちまくる、バリバリの爽快感は今のゲームには無いものなので、ぜひとも発売までこぎつけて欲しいのですが、さて。
各会場の反応を、開発者の方が見てるかもしれませんので、
 「お前らサクラかよ」
というくらい、盛り上げてみたいですね。
つか、遊ばせてください。お願いします。

そんな感じで、28日~29日の11時~19時の「TBC夏祭り」で行われる、ハドソンキャラバン07。
僕は都合により、日曜しか参加できないと思いますが、会場に行かれる方、よろしくお願いします。

子供の頃にあこがれた、高橋名人に仙台で会えるチャンス!

つか、僕自身が
 「キャラバン未参加」
の汚名を外すチャンス。

追記:
アパッチさん、リンク先お借りしました。

コメント:2 トラックバック:2

2007/07/22(日) 23:59 プロレス
仙女旗揚げ1周年~戦場トーナメント~観戦記
注:
ありえないほど長いです。

7/22(日)に行われた、センダイガールズプロレスリング旗揚げ1周年記念興行~戦場WARトーナメント~を見てきました。

昨年この地で旗揚げした仙女。
何も運動が出来ない、普通の女の子4人が「プロレスラー」と呼ばれることとなった、仙女にとっては聖地。昨年同様の満員のお客さんを期待しましたが、今年は集客で大苦戦。

02.jpg

04.jpg


試合開始前で、1階は8割、2階は2割、3階で3割といったところ。
それでも、ノアさんより入ってる気がしますが。昨年と大きく違うのは、会場に学生服を着た高校生の姿を、ほとんど見かけないこと。昨年はおそらく、金成姉妹の元・学校つながりで多くの学生が詰め掛けたのだと思いますが、今年はそれがありませんでした。
招待券無しでこれくらいなら、まだマシな方か?

選手入場式と里村挨拶の後、試合開始。

05.jpg

06.jpg


第1試合
金成知佐子 vs 水村綾菜

GAEAでデビューしながら、半年で団体崩壊。引退した後、今回仙女で再デビューの水村。対するは、この1年身体を張って仙女で戦ってきた知佐子。
どうやったって相容れない2人の戦いは、団体内とは思えないほどの激しい感情のぶつかり合いに。

正直、丸め込みなどの技に関しては知佐子がうまいが、間の取り方や技のたたみ掛け、試合運びについては水村が1枚上。
知佐子がウラカンラナで勝負をかけるもクリアされ、水村が一瞬「TARUドリラー?」と思わせるようなショルダークラッシュからの、ダイビングギロチンで勝ちました。

勝った水村は、第5試合の6人タッグに参加することに。
知佐子は内容がいいのに、結果が出ないまま1年を迎えてしまった。しかも、扱い上は新人の選手にも敗北。
その心境は如何に…。

×金成知佐子 vs 水村綾菜○
(9分41秒 ダイビングギロチン→体固め)
11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg


第2試合
KAORU、植松寿絵、金子友里恵 vs 遠藤美月、倉垣翼、木村響子

仙女では珍しい6人タッグ。多分、戦場トーナメントに出た選手で、負けた人が出場しているはず。
この試合の主役は植松。普段はブーイングを受ける立場の選手だが、仙女の金子が同じチームのため、この日はノリノリで試合。KAORUも含め、金子に勝たせたいというような試合運びとなる。

対する遠藤、倉垣、木村は、何をしてもブーイングなので、試合しにくそう。途中、パワー殺法で3人同時のアルゼンチンバックブリーカーに決めたのは、この試合のハイライト。
また、植松とKAORUが顔面ウォッシュをやってるときに、リングに入らずにどうしたらよいか分からず、観客と一緒に手拍子してる金子に、
 「お前もやるんだよ!」
との、突っ込み多数。タッグマッチ経験ないもんね。
プロレスビデオを、もうちょい見たほうがいいと思った。
最後は、遠藤のスプラッシュっぽい技で金子が負け。

KAORU、植松寿絵、×金子友里恵 vs 遠藤美月○、倉垣翼、木村響子
(18分2秒 BMクラッシュ)
21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg


第3試合 トーナメント準決勝
アジャ・コング vs 浜田文子

大変読めない試合。
これで、もし昨年の旗揚げ戦で里村がアジャに負けていたなら、決勝が里村vsアジャで里村のリベンジ、と言う図式が思い浮かぶ。しかし、昨年里村が勝っているため、2年続けて同じメインとは考えにくい。
そうなると文子な訳だが、最近の文子は新人にシュートっぽいことを仕掛けたり、今ひとつ試合に乗り切れてない印象を受ける。

はたしてその試合は、アジャの奇襲で幕を開ける。
一斗缶攻撃にラリアット、裏拳。文子に反撃のヒマを与えず、ひたすらアジャのターン。文子は序盤で流血。途中反撃するも、文子の攻撃は単発に終わる。その後もアジャの猛攻は続き、アジャの勝利は揺らぎそうに無かったが、そこは文子。並みのレスラーではない。

スピンキックを連発で顔面に叩き込み、アジャの動きを止めると、アジャの巨体がスローモーションのように崩れ落ちる。正面からアジャの攻撃を受けきり、反撃した文子に凄みを感じた。
最後はAPクロスでアジャから完璧なピンフォール。決勝に進んだ。
負けたアジャは文子が去った後も、しばらくリング上で拳をマットに叩きつけ、悔しがっていた。
こんな姿は珍しい。

×アジャ・コング vs 浜田文子○
(16分5秒 APクロス→エビ固め)

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg


第4試合 トーナメント準決勝
里村明衣子 vs ダイナマイト・関西

お互いに蹴りが得意な両者。里村のそれがシャープなら、関西のそれは重爆である。
やはり試合は予想通り、序盤から激しい打撃戦となる。その合間を縫って、里村のデスバレーボムが炸裂するが、このレベルでは決め手にならない。同じく関西も元祖・スプラッシュマウンテンを放つが、これもキックアウトされる。

どうも里村の動きが重い印象。いつものような切れが感じられない。技のミスも多い。そうこうしているうちに、2発目のスプラッシュ炸裂。これはなんとかカウント2でクリア。里村の勝機はデスバレーか、スコーピオ・ライジングと思ったが、ここで意外な選択肢。
丸め込み技、関節技と翻弄しつつ、クリップラー・フェイスロックに固めた。日本的には、ナガタロックIIと言うと分かりやすいか。
これで関西タップアウト。
決勝戦は、里村明衣子vs浜田文子に決定した。

○里村明衣子 vs ダイナマイト・関西×
(9分37秒 クリップラー・フェイスロック→ギブアップ)
41.jpg

42.jpg

43.jpg

44.jpg


第4試合
奥田朱理、金成幸子、水村綾菜、金成知佐子 vs デビル雅美、尾崎魔弓、豊田真奈美

この試合は本来3対3で、朱理、幸子の他に、第1試合で勝利した水村がメンバーになる予定でしたが、ここで我らがデビル様がマイクを持った。
 「知佐子、上がれ。4対3のハンディキャップマッチでやろう」
これには場内も興奮。デビルコール。マイクアナウンサーも、
 「第5試合 デビル雅美プレゼンツ ハンディキャップマッチ」
と付け加えるサービスぶり。
空気が読めてらっしゃる。デビル様もにっこり。

ちなみにこの試合だけ「山本小鉄」氏がレフェリー。
僕とヲズマさんで「鬼軍曹~!」とコールを送る。

仙女のメンバーがこのタッグで出来ることと言えば、この1年で培ったものを全部出すとかそういうものではなく、もうなりふり構わずに向かっていくこと。
そういう点で言うと、この試合はみんな良く戦った。特にジャージのまま戦った知佐子は、最初にパワーボムの犠牲になったりしたが、最後まで4人とも動けていた。

ただ、仙女メンバーが生きが良いほど、ベテランチームも動きが良くなる。反則をしては小鉄に張り手を喰らっていた尾崎は、最後までやりづらそうだったけど、デビル様は生き生きと。豊田も良く飛んでいた。
これまでシングルの試合ばかりだったから、仙女のタッグマッチは新鮮に見えた。これも新たな発見。

奥田朱理、金成幸子、×水村綾菜、金成知佐子 vs デビル雅美○、尾崎魔弓、豊田真奈美
(13分15秒 ファイヤーバレー→体固め)

51.jpg

52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg


メインイベント トーナメント決勝戦
里村明衣子 vs 浜田文子

決勝に残ったのはこの2人。共に今の日本女子プロレス界においては、文句のつけようのない両名による試合である。
試合序盤は、じっくりとしたレスリングの攻防。毎度のことだが、仙女での里村の試合序盤は必ず「シーン現象」が起こる。場内の観客が、リング上の戦いに見入っているのだ。

試合は中盤から動く。浜田の攻撃で場外に落ちた里村に、文子はトップロープからのラ・ケブラーダ。その後も、ムーンサルトプレスなどで文子が攻勢。しかし里村も負けずに、デスバレー、バック宙キックなどで反撃していく。
そして試合終盤、文子が先にピラミッドドライバーから、切り札のAPクロスを出す。これはギリギリカウント2。里村は関西を破ったフェイスロックで反撃するも、これはロープに逃れられる。そしてスコーピオ・ライジング。これもカウント2。

両者共に死力を尽くした戦いは、文子のデスバレーから2発目のAPクロスがこれ以上無い角度で決まり、カウント3。
仙女初のトーナメントは、エースの里村が破れ、現在・伊藤薫道場所属の浜田文子が優勝しました。

×里村明衣子 vs 浜田文子○
(18分57秒 APクロス→エビ固め)
61.jpg

62.jpg

63.jpg

64.jpg

65.jpg

66.jpg

67.jpg

68.jpg


試合後、文子がマイクアピール。要約すると、
 「仙台の人はマイクが好きですね。今は伊藤薫道場所属なので、次回は対抗戦をやりましょう」
と言うことだった。
最近、気合入ってるように見えなかった文子に、ちょっとはやる気が出たのだろうか?

しかし、仙女は文子に、1回戦で金子が、2回戦で朱理が、そして決勝で里村と、1人で全部持っていかれてしまった。このままでは終われないでしょう。
試合後、全選手で撮影のときも、里村には元気が無かった。負けたので当然だが、また今日はいつもと違う気がした。

70.jpg

71.jpg

73.jpg

72.jpg


試合後の里村のマイクも、覇気が無かった。
 「仙女が仙台のプロスポーツとして認められてもらえるように。仙女が全国の人に、認められてもらえるように頑張ります」
のくだりは良かったんだけど。最後も、
 「締めは元気な若手にお願いします」
って譲っちゃうし。

この若手のマイクの中で、思いっきり泣きじゃくった幸子。期待してるぞ。
で、アジャのベルトへの挑戦が決まってる朱理。頑張れ。

旗揚げ1周年と言うことで、やっぱり昨年よりも認知度が上がって、観客もプロレスの楽しみ方が分かってる気がした。
だからこそ、満員にならなかった今日の興行が残念でならない。

また明日からは2年目が始まる。
日本中を探しても、これだけ大きな会場で年に2回興行をうった団体はないのだから、これからも頑張って欲しい。

ぶっちゃけ、前の観戦から間が空いたので、僕の中でもずいぶんと熱が冷めてましたが、今回のでまだ熱が戻ってきました。
また行こう。

コメント:0 トラックバック:1

2007/07/22(日) 02:14 スポーツ
フルスタ→NDスタのダブルヘッダー
フルスタでの、プロ野球オールスター戦。
NDスタジアムでの、J2みちのくダービー。

これが違う日だとばかり思っていたのが、運の付き。

地方ではあまり見られない、県をまたいでのプロ野球→Jリーグのハシゴ、ダブルヘッダーと相成りました。

その日の仙台は、あいにくのお天気。
それでももつかと思いましたが、試合開始にあわせるように、空からはパラパラと雨が。せっかくの15年ぶりのオールスターなのに。
15年前は高卒で1人上京し、川崎市の寮で先輩のテレビを借りて、地元・仙台でのオールスターを見ましたよ。行きたかったけど、新人だったし、休みなどおいそれと取れるものではなかった。

あれから15年かぁ。

と感慨深く思いつつも、雨の中、見るものは見る。
人気低迷と言われても、12球団のスター選手が並ぶ様は圧巻。考えてみれば、オールスター生で見るのも初めてだし。
加えて、各球団のマスコットが12人勢ぞろいするのも楽しい。
個人的には、ドアラの所業から目が離せませんでしたが、この日は「群を抜いた」行動は無く、控えめ。
それでも目立ってましたが。

1.jpg

2.jpg


試合は大変盛り上がりました。
雨の影響で集中し切れなかったのは残念ですが、ホームランが大量に出たのもオールスターならでは。
普段よりも高額なチケットですが、大変楽しませていただき、満足しました。
普段、殺気だった試合ばかり見てるので、こういうお祭り的な試合もいいものだと実感。

試合が8回降雨コールドとなったところで、僕とマイミクの虎さんは、表彰式を見ずに一足先に外へ。
今度は、山形県天童市のサッカーJ2山形vs仙台を見るために、速攻で移動です。

でも、元々かなりシビアなタイミングになると思っていたのに、コールドのため早くフルスタを後に出来たものだから、2人とも拍子抜け。
 「もうちょっとこう…ギリギリのね」
 「間に合うか否か、と言うシビアなスケジュールが良かったですね」
贅沢な悩みの、男2人旅。
つか、2人ともそんなに刺激の無い毎日ですか?
1人は箱根で、1人は博多で、先週かなり「刺激的な週末」を送ったような気がしますが。

3.jpg

4.jpg


さて、サッカーは不快指数プンプンで、湿気ムンムンの中、1-1で引き分け。悪いときの仙台でした。残念。

考えてみれば、パが負けて、仙台が引き分けで、1日2戦未勝利でしたが、これはこれで満足。
久しぶりに「やり遂げた」感がありました。

仙女、札幌戦、ハドソンキャラバンと、7月はネタ豊富。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/20(金) 23:59 スポーツ
週末の予定(激しくスポーツ三昧)
もう箱根へ台風の中移動してから、1週間経つのか。
刻の涙を見つつ、週末の予定。

7/21(土) 14:00~
プロ野球「ガリバー・オールスターゲーム」
仙台市宮城野区:フルキャストスタジアム宮城

明日は、まーくん先発らしいんだけど、東北高校出身と言うことで、ダルビーも見たかったな。今日投げたから、明日はファンサービスのみかな。
つか、仙台地方は大雨の予報。箱根に泊まったときよか降ってないから、頑張って試合なさい。

7/21(土) 19:00~
Jリーグ ディビジョン2「モンテディオ山形 vs ベガルタ仙台」
山形県天童市:NDソフトスタジアム山形

久しぶりに、ビリビリするほどのシビアな時間設定。
でも、普段サッカーの試合ハシゴとかしてる人って、みんなこんな感じなんでしょ?
オールスターが4時間以内に終われば。

7/22(日) 17:00~
センダイガールズプロレスリング「戦場トーナメント」
仙台市宮城野区:仙台サンプラザ

旗揚げから1周年を迎える「仙女」の記念興行。
準決勝の「里村明衣子vsD・関西」「アジャコングvs浜田文子」は、両試合とも激闘必死。
決勝戦が「関西vs文子」になったら、どうするんだろ? 盛り上がるのかなぁ。

ちなみに、明日のオールスターが雨で中止になると、日曜に順延です。
その場合も14時開始なので、やはり厳しい時間設定が待っています。

明日のフルスタの天気
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/baseball/4/31015.html
明日のNDスタの天気
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/soccer/6/33018.html

さてさて、どうなることやら。
先週スタソル三昧で、今週スポーツ三昧で、まあふり幅が激しい、激しい。

コメント:0 トラックバック:1

2007/07/19(木) 23:59 ゲーム
mixi動画集のお話
考えてみれば、箱根でひどい目に合った話をさっぱり書いてない気がしましたが、「真夜中」の話は今日の
 「テイム名人のお子様が生まれた話」
で、綺麗にオチが付いているので、もういいかな。
(コメント欄参照)
あとは、Gatch名人の「チラシの裏」にお願いしておこう。

ところで、今回初めて「mixi動画機能」を使いましたが、これって日記とかに貼った分も、再生回数に含まれるのかな?

今回、ダントツで再生数が多いのが、SSS優勝のおにぺこさんと、GCSS2位のアパッチさんの動画で、共に50再生を超えてます。
ご自身の日記に貼られてるなかじ師匠のは、僕のとこと含めて80再生超え。

で、吟遊詩人のfoxyunさんも日記に貼られてて、こちらも合わせて80再生超え。
加えて、当時のスタソル開発のキノコさん(FC版スタソルの全作曲者)のコメントが付いており、こちらも大変興味深い。↓
http://video.mixi.jp/view_video.pl?video_id=544848&owner_id=128331

桜田名人も来られてたし、こういうイベントを通じて、僕らだけではなく、当時のメーカー側の方も、懐かしく思ってもらえるのはいいですね。

と言うことで、結局真夜中の話になっていたのでした。

週末は、オールスター戦、みちのくダービー、センダイガールズ1周年興行と、スポーツイベント目白押し。
そろそろスイッチ切り替えないと。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/18(水) 23:59 ゲーム
動画/きめん名人vsGatch名人in秋葉原
「真夜中のゲーム大会」に向かう途中に、秋葉原の某メイド喫茶で、僕とGatch名人がスタソル対決をしたのは既報の通り。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=497246145&owner_id=132013

一応、大会に向けた特訓、合宿と言う意味合いだったんですが、なかなか貴重な体験をさせてもらいました。何せ、初めて行きましたので。
仙台にもあるらしいんですけどね、メイド喫茶。
ただ、秋葉と違ってメイドさんが街頭で、ビラやティッシュ配りとかしてませんし、駅前でメイドさんがお店の宣伝とかしてませんしね。

でまあ、大会も終わったので今更上げる必要も無いんですが、せっかく枠も撮ったので、久しぶりとなる外でのスタソル対決と、動画編集をして見ました。

僕らの行ったメイド喫茶は、料理やゲーム画面の撮影は可能なんですが、メイドさんの撮影はNG。加えて動画撮影禁止なので、出来上がったものは、かなり微妙な映像になってしまってます。

時間は6分と短いですが、カップラーメンなら2個作れちゃいます。
貴重な時間を浪費してもよい、という方はご覧下さいませ。

きめん名人vsGatch名人in秋葉原(約5.7MB/wmv)

mixi動画は最大時間5分まで、なんですね。
気づかず編集を終えてしまったので、外部リンクのWMPで見る形式になっちゃいましたよ。

他に関しては、今回の評判次第で。
そしてこの裏で、テイム名人が犯行予告の準備を進めているとは、この段階では露ほども思わず…。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/17(火) 23:59 ゲーム
「真夜中の大会」雑感、裏切り、動画etc…
注:
今日の日記は、mixiで見られることがメインになってます。
ご了承下さい。

さて、真夜中のゲーム大会の報告は終わりましたが、雑感などなど。
このネタだけで1週間は軽く引っ張れそうな気もしますが、まあ書いてみてから決めます。

・今回の賞品とか頂き物とか

今回も入賞させていただいたので、いろいろと頂いて帰ってきました。
考えてみれば、第1回大会から何らかの賞品を頂いて帰っているので、嬉しい限りです。
今回はこんな感じ。

shohin.jpg


一番背景は、コラボTシャツです。これは購入したものですが、高橋名人のサイン入りな一品。サインが薄れないように、大事に着ます。
また、Tシャツ購入時についてきた、名人のシールとハドソンボールペンストラップ。これも嬉しい一品。

それと、入場者に配られた桃太郎電鉄のDSカードホルダーと、コロリンパのピンズ。名人関係ないけど、マイミクのなまちゃんに頂いた、ゼルダの伝説消しゴム。

加えて、いつもの点数認定書と、3位入賞で頂いたラザロのドッツ。
3位という結果は出したものの、爆死したので内容に不満が残るのですが、点数的にも賞品的にも、これで満足しないと罰が当たりますね。

ただ、ラザロのドッツは入場時に買ったので、2個になったんですよね。
足跡20000番の人に差し上げてもいいかな? マイミクさん限定で。
今見たら、延べ19519人の方に来ていただいているので、今週末には結果が出るかと。
まあ、決定してから考えます。

・歌う吟遊詩人

「ゲーム大会」ではあるものの、毎回面白い方はいらっしゃるものです。
0点プレイとか、名人と2分間フリートークとか、寝っ転がりながらプレイとか。

で、今回会場中の視線を釘付けにしたのが、マイミクfoxyunさんの、BGM口ずさみプレイ。
普段、音楽家としてレイブイベントなどで活躍し、同人CDも出しているので、その音楽センスは抜群。今回も見事なスタソルBGMの「口コピー」で、会場を沸かせることに成功しました。

まさか、名人まで一緒に口ずさむとは思わないでしょ。
なんか、楽しかったけど、悔しかったな。見てて。名人、ノリノリだったし、爆笑してたし。

本人の許可が出たので、改めて奇跡のレイブをどうぞ。
つか、ロフトプラスワンでレイブって、すごい名誉じゃん?
2007/07/17(火) 00:48 ゲーム
動画有/「真夜中のゲーム大会3」お疲れ様でした
僕らのスーパーヒーロー、高橋名人が個人で主催する
 「高橋名人の真夜中のゲーム大会3」
に参加してきました。

tkhs1.jpg


昨年4月から始まったこのイベントも、今回で3回目。このイベント開催とあわせるように、昨年はキャラバンが復活したり、ハドソンが元気になってきたように見えます。
今回で僕は3回連続の出場。

第1回は皆さんの練習不足の合間を縫って3位、第2回はHDDレコーダーのディレイ(処理遅れ)による、操作しづらい状況の中、運良く優勝と、妙に結果のいい僕。
今大会前の日、箱根で「合宿」しましたが、何回やってもあの緊張感は慣れないですねぇ。
なにより、台風で足止め喰らったので、合宿する前にすることあるだろ、と言う状況でしたが。

やはり回を追うごとに上がるレベル。
ただ、FC版の今日のラザロは「VERY HARD」設定なのか、連射力のある戦士達がいく人も、その儚い命を巨大な顔面に押し潰され、散らしていった。

そんな状況の中、僕の出番が回ってきた。
FC版でノーミス者がいない状況でプレイするのは、第1回目の時と一緒。特に問題は無いはずでしたが…。

やっちゃいました。

カルゴの流れ弾に当たり、序盤で爆死。
04年のヤールに続いて、伝説を作ってしまいました。
普段も死なないようなところでミスるのが、「きめんクォリティ」とでも言いましょうか。

本当に弾が見えてなかったんですよね。
シーザーが爆発した瞬間は、刻が止まりました。
しかしまあ、ミスした場所が良かったので、この後ボーナスノーミスでリカバリー。

この大会には、お忍びで「桜田名人」も来ていたので、当時の必殺技
 「ラザロ脳天打ち」
を成功できたので、まあ良し。

kmn1.jpg


爆死が無くても、さらに先でやられてた可能性もあるし、その場合はもっと点数が低かったですから、今回はこれが最善の結果でしょう。

そんな僕のプレイ動画は、こちらからどうぞ。
きめんアタック(5.3MB/wmv)

で、入賞は諦めてましたが、なんかもう深夜の酒入ったイベントだといろいろありまして。
伝説のキャラバン戦士の団長さんと、全く同じ340500点
 「3位入賞」
することが出来ました。
これはこれで嬉しい勲章。同スコアと言うのもおいしい。

次回以降の開催もすでに予定されてるみたいですが、都合が合えばもちろん、参加したいと思います。

高橋名人、今回も運営お疲れ様でした。
そして、こんな素敵なイベントを、ありがとうございます。

ところで、
爆死する僕をはじめ、ゲームオーバーになる人、BGMを歌う人、謎のマスクマン

msk.jpg


と、仙台のスタソル戦士は
 「色物ばかりか?」
と思われそうな昨今。

そんなことは無いので、誤解のなきように。

~オマケ~
ご本人の希望により、今回のスコアアタック動画を掲載しておきます。

団長さんアタック(4.7MB/wmv)
なかじ師匠アタック(4.7MB/wmv)

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/13(金) 23:59 日常
3連休は遠征で留守にします
なので、誰か僕の代わりに悪しき魔の手から、仙台を守ってください。お願いします。

ベガルタの応援で福岡へ行く皆さんの、いろいろな意味での「無事」を祈りつつ、僕の向かう先は東京です。
「高橋名人の真夜中のゲーム大会」に参加してきます。
現状の予定ですと、

14日(土)
秋葉原キャラバン(多分、台風で中止)
ロープウェイキャラバン(多分、台風で中止)
箱根キャラバン(多分、酒呑んでグダグダ)

15日(日)
芦ノ湖キャラバン(多分、台風で中止)
箱根関所キャラバン(多分、台風で中止)
深夜から高橋名人の大会(多分、風雨でびしょびしょ)

16日(月)
朝5時イベント終了(多分、朦朧)
帰仙(多分、昼頃)
イベントのゲームプレイ動画アップ(多分、夜)

こんな感じ。
綺麗な富士山を拝みたかったのですが、それは叶わなくなりそう。

台風め。ベジータさんがいれば、日本の上空で「気」を溜めて、
 「はっ!」
ってやってもらえれば、雲が全部吹っ飛ぶのですが。
地球が割れる危険性もありますが。

ちなみに、

14日(土) 18:50~
アビスパ福岡 vs ベガルタ仙台予約録画
16日(月) 24:30~
プロレスリング・ノア 日本武道館大会予約録画

これを忘れてはいけない。

友人から「多趣味」とよく言われますが、ベクトル違う趣味が、よくぞこれだけ被ったものだと、自分で感心。

大会は、今回は期待しないで下さい。
朝方に、速報だけは上げるつもりです。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/13(金) 02:15 ゲーム
今日のスタソル2分10本勝負と5分モード
と言うか、日をまたいだので昨日のですね。
正直、減量が思いのほか進まなかったのです。

体脂肪は5%減も、体重はほとんど変動無し。
体型はだいぶ変わってきましたが、落ちてほしいところが落ちなかったので、連射力向上には繋がりませんでした。

と言うわけで、今日のスターソルジャー2分10本勝負

341,600
342,100
341,800
342,800
1,000

341,900
340,700
344,600
343,200
338,900

届きそうで届かない、345000点の壁。
やはり12連射(現在)では、この辺が限界なのか?

真夜中のFC版参加者の皆さん。
345000点以上取れば、確実に僕よりも上に行きますので、当日は気楽にプレイしてください。

と、今から変なプレッシャーを発散しておくことにします。
あぁ、なんて嫌なプレイヤーだろう、この子は!

それ以前に、1000点と言う「ビッグショー」が、本番で来ないことを願います。

ちなみに、連射力向上を図るため、5分10本勝負もやってみた。1機死んだら終了。

773,800
14,900
393,500
778,500
899,600

23,500
701,500
867,200
609,800
854,900

僕ねぇ、2面が苦手なんですよ。
なので、まともに3面デライラまで行けたのが、3回だけ。
そんな中で1回だけ、

D1020301.jpg


「5分2度目のラザロ」にたどり着きました。

実は、昨年4月の真夜中の大会から、じみ~に練習しておきながら、ジョイカードmk-IIで数回出来たのみで、指痙攣では一度も成功したことが無かったんですね。
それがここに来て、初成功とは。

自分でびっくりして、デライラ逃してます。
あと、破壊したらタイミング的には、5分2秒くらいかも。
とは言え、本番前に自信が付きました。

なので、最後に2分モードを行ったところ、
345,100点
が出ました。

頑張った。
あとは、台風が「それる」ことを願うのみ。
スタソルだけに…。

sorel.jpg

ソレル 200点

コメント:4 トラックバック:0

2007/07/12(木) 00:08 ベガルタ仙台
ベガルタ/第3クール開始と大敗とちょっと良かったこと
東京ヴェルディ1969さんは、昨年のPKやり直し以来、最も嫌いなクラブチームなのですが、周りが殺気立っていると、案外冷静になれるものですね。
僕も昔は刺々しかったのですが、今では体型同様に丸くなったもので。

僕の好きなまんが「大甲子園」の中で、こんなシーンがあります。

舞台は決勝戦。山田太郎率いる明訓高校は、紫義塾に1点リードを許したまま、終盤戦を迎えます。しかしチームは、里中の好投や、守備の盛りたてなどで、3年間の高校生活最後の試合にふさわしい戦いを、繰り広げます。

それを見ていた、球道くんと東京メッツのおっさんは言います。
 「今の明訓は、とてつもなく強い」
 「あぁ。だが明訓は、1点負けている」

さて、今日のベガルタは強かった。
前半のパスの連動性、運動量、積極性など、ここ数試合で見る限り、間違いなく一番の出来だった。
だが、先制したのはヴェルディだった。前半は1点リードされて折り返し。僕は思った。

 「今のベガルタは、とてつもなく強い」
 「あぁ。だがベガルタは、1点負けている」

あ、↑は1人で脳内会話してました。
いや、今日のベガルタは本当良かったんですよ。
それで負けるんだから、相手のほうが強かったと言うことでしょう。
屈辱の1-4負け。

これで、昇格争いの札幌、京都、今日のヴェルディと、今期7試合戦って、奪った勝ち点がたったの「2」ですから。
J1上がるためにはどうすればいいのか、はっきりと見えてきましたね。

ちなみに、ちょっとだけ良かったことは、帰ってきてから映像見ないで今日の試合の録画を、HDDから抹殺しようと思ったのですが、肝心の映像が、

tv.jpg


大雨の影響で、ほとんど撮れてませんでした。
良かった良かった。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/10(火) 23:59 ゲーム
最近のゲーム事情7/10ver.
「ゲームはスタソルやってるんじゃないの?」

と言うところでしょうが、なにぶん指痙攣での特訓は、1時間を過ぎると次の日動かなくなりますので。
案外いろいろやってます。さて。

・モンスターハンターポータブル2nd

職が無いからとこればかりやっていると、本当に社会復帰出来なくなるので、怖くて最近はやってません。
 「お昼に電源を入れて、気づくと夜」
と言うのがざら。モンハン、恐ろしい子!

ソロ狩りは村クエで「全clear」も、条件満たしてないのでラストミッションがこない。めんどくさいので止まってます。

・スターフォース

連射のリハビリに最適なこのゲーム。
ここ1週間ほど遊んでましたが、ようやく1周できました。
で、考えてみると、パーサーを取ると連射は彼任せになるので、あまり連射の特訓には、なっていないのでした。
本気で頑張れば、1000万点狙えるのかどうか。
sf.jpg


・ひぐらしのく頃に

プレイ時間やっと3時間。
いまだに主人公はギャルに囲まれ、鬼ごっこをしたりしています。一体いつ惨劇が起こるのか、さっぱりわかりません。
仕方が無いので、スタソルアタック中にオートリードで勝手に進んでてもらう。
なので、内容は良く分かっていない。

・かまいたちの夜×3(トリプル)

ニコニコ動画の影響で、なんとなく買ってきましたが、内容はうーん。
一応クリアはしましたが、謎解きと言って良いのかどうか。不自然な点が多くありすぎて、イマイチはまれませんでした。

・どきどき魔女神判

つられてAmazonで買っちゃいましたが、「ゆるめいつ(1)」がAmazonで品切れの影響で、ようやく今日届いたので、開けてもいません。
さて、どうしよう。
doki.jpg


・涼宮ハルヒの憂鬱

なんか、ゲームになるらしいです
僕としては、
 「うる星やつら ラムのウェディングベル」
みたいな、アクションゲームになってくれたら面白いと思ってます。

あと「第二期シリーズ」決定だそうで。
先週7/7(土)に、朝日新聞に一面広告が載ったとかで、大騒ぎだったのを今日知りました。
七夕の日に載せるのが複線ですね。お金あると、ここまで出来るのか。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/09(月) 23:59 日常
絶望先生を見てスタソル
ずっとネタだとばかり思っていた、週刊少年マガジン掲載の
 「さよなら絶望先生」のアニメ化
が本当のことだったと知り、絶望した!

そして(ニコニコに上がってるのを)見たけど、意外と作画も声も出来が良くて、EDは特に良くて、
 「なんだ、ひどいことになってると思ったのに」
と思ってみていたので、やはり絶望した!

まあ、それはそれとして。

FC版スタソルをしていて、
 「あー、こうすればいいんだ!」
と言うことに、いまさら気づいたきめん。そしたら、スコアがちょこっと伸びて、若干安定。

ただ、自分の理想とする動きが、頭の中で完璧に出来上がっているにも関わらず、指痙攣での連射力が足りないがために、そのイメージ通りプレイできない。

絶望した!
自分の腕前に絶望した!

日本が韓国みたいに、
 「プロゲーマー」
みたいな資格がなくてよかった。

もし僕がその道を志していたら、絶対に絶望してやめてるもんなぁ。
ちなみに「ファミコンロッキー」に出てきた、プロゲーマーの人の年収は5000万円でした。

すごいね、プロゲーマー。
ゾルダ並だよ。

短期集中連載
「今日のスタソル 2分10本勝負」
341,700
340,500
3,600
260,500
343,000

343,400
343,800
168,900
341,400
8,600

ノーミスは全部34万オーバー。
相変わらずの凡ミス発揮振りですが、あと5日で修正できればいいなぁ。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/08(日) 23:59 東北楽天ゴールデンイーグルス
楽天/3本の矢
今週末は、ベガルタの試合が無いので、両親と姉を連れて楽天観戦。
今年で親連れて行くのも、楽天3年目で3回目だけど、まともな試合になったことが一度も無いので、いい試合が見られればいいなぁ、と思いながら5月以来のフルスタへ。

フルスタに着くと、クラッチさんとシージェッター海斗さんが、なにやら悪党を退治中。

rk1.jpg


必殺の「海斗ボンバー」(想像)と「クラッチダイナミック」(妄想)が炸裂し、勝利していました。

試合開始前のフルスタで行われる、親子でキャッチボール。
ここに僕の姉方の姪っ子が参戦。頑張ってキャッチボールをしていました。こういう子供向けイベントはいいですね。

そういえばベガルタは、スタジアムチアリーダーが7名しかおらず、シーズン途中に補充をかけると言ううれき目にあっていましたが、その事態について、
 「楽天のほうが注目度が高く、応募者が流れているのではないか?」
と言う関係者の邪推が、河北新報に載っていましたが、この日の楽天チア、ゴールデンエンジェルスさんは、
 「8名」
でした。
1人しか変わらんやん。
被害者妄想か?

試合前の国歌斉唱は、センダイガールズプロレスリングの応援ソングを歌っていることでおなじみの、ハイチグルーブの何とかさん。

rk3.jpg


普段は四角いジャングルで歌っている彼女ですが、この日はフルスタで美声を響かせていました。
7/22の仙台サンプラザ1周年大会、行くよ。

この日の試合は、7回裏に1点差から同点に追いつく好ゲーム。
のように見えたのですが、8回にあっさり3点を取られて2-5に。9回にはさらに取られて、2-9で敗れました。

眼下の敵、最下位のオリックスに、地元仙台での直接対決で3連敗ではね。ブーイングも起きますわ。
しかし、野村監督も、結果の出ない投手交代をずっと続けてますね。
1/3とか2/3とか0/3とか、ちょこちょこピッチャー代えすぎ。

昔、阪神時代に松井を終盤で迎えたときは、必ずワンポイントで遠山をぶつけて、松井を封じ込めると言う采配をしていた野村監督ですが、ここ最近の投手交代は、そういう緊張感がない。
とりあえず投手出して、ランナー貯めちゃったから交代して、打たれたから交代して、さらに打たれたからもうどうでもいいや、見たいな采配が目立ちます。

緊張感ある終盤にこういうことされると、見てるほうも緊張感途切れちゃいます。ま、選手の育成とかいろいろあるのかもしれませんが、まだまだ野村監督も、野球が分かってないな。

あと、その投手起用に、2年近く応えられない投手陣。
6回にノーアウト1,2塁で、0点に終わった打者陣。

このダメな「3本の矢」が揃ってるうちは、最下位も目前なんじゃないすかね。
とりあえずオールスターは見に行きますので(その後山形ダービーハシゴですが)、頑張ってね。

うちの親は、暑さと試合のダブルパンチで、だいぶお疲れの様子。
涼しくなったら、殺気に満ち満ちた、ユアスタに連れて行ってみようと思う。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/07(土) 23:59 日常
「極上の梅酒」を呑んでみた
先日、梅酒本の宣伝を勝手にしていましたが、この本で特集されている、福島県二本松市で醸造されている梅酒の
 「大七酒造 生酛(きもと)梅酒」
を、とある筋から頂いたので、試してみた。

テイスティングを行うのは、私きめん。ついでに暁さん。
モノはこんな感じ。

ume2.jpg

ume3.jpg


透き通るような透明度に満ちた梅酒だ。
原材料は、清酒をベースに梅と糖類のみ。着色料も香料も一切使われていない、まさに極上と呼ぶにふさわしい梅酒。

まずは香りを味わう。
不純物の混じりけ無い梅酒と言うのは、ここまで気品ある香りを育むのか。軽い驚きを感じる。

しかし、ここで焦らすのが、きめん的プレイ。
今回は比較用に、もう1本買っておいた。

 「果実の楽園 うめ酒」

500ml1本398円と言う、消費者に優しい庶民派の梅酒。

ume4.jpg

ume5.jpg


携帯で適当に取ったのに分かる、色の違い。こちらは明らかに色が濃い。
 「ちょっと着色してみました」
と言う雰囲気が漂う。香りも少々キツイ。
香料を使っている分、それらしい香りはするものの、先ほどの香りと比べれば、差は明らかだ。

さて、ここでようやく試飲。
まずは「生酛梅酒」から。

うん、美味しい。
安い梅酒を飲むと、口の中に甘味が残り、それが後味を悪くするが、この「生酛梅酒」にはそれが無い。
味わいは芳醇。それでいて一切のしつこさが無く、喉を潤す梅酒が自然な梅の香りとなって、鼻腔を刺激する。
文句の付けようのない味だ。

次に「果実の楽園 うめ酒」を呑んでみる。

匂いは比べるときつかったが、飲んでみるとそれほどではなかった。
やはり甘味がきつく、口内が刺激されるが、普段安酒を気にせず呑んでいるので、特に問題ではない。
結果、

 「どっちもうまいよ」
 「おいっ!」

怒られた。

「生酛梅酒」は、編集長言うところの「日本一美味しい梅酒」であるそうだが、これが梅酒の世界の頂点であるならば、少々拍子抜けである。
うまいけど。

こちらはてっきり、脳髄を刺激され、五体を縛られ、無理やり口に梅酒を流し込まれる、「ミスター味っ子」的なビジュアルを想像していたが、残念ながらその域には到達しなかった。
うまいけど。

720mlで2480円と言うのも、コストパフォーマンス的にはキツイ。今の僕の、3日分の生活費である。普段どんな酒でも、そんな高いの呑まないし。

 「値段的に見れば、『チョーヤ梅酒』が一番うまいんじゃない?」
 「編集長泣くぞ」

かくして梅酒の話は、
 「またきめんが女を泣かせた」
と言うことで帰結する。

いや同級生は、
 「敏腕女編集長」
なので。

結論
「飲兵衛には安い酒で良い。ただし味にはうるさい」

三栄書房「極上の梅酒」
大七酒造

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/05(木) 23:59 ゲーム
毎度恒例のスタソル2分10本勝負
さて、高橋名人の真夜中のゲーム大会が来週に迫ってきたわけですが、この大会を迎えるに当たりまして、きめんにはすこし考えがあった。

それは、連射力を上げること

前回の大会時には130(13.0回/sec)だった指痙攣での連射を、140まで引き上げたいと言う考えがあった。

回が進むごとにレベルアップする大会。
86年当時の「レジェンドヒーロー」が多数参加する今大会では、おそらくFC版スターソルジャーでは、34万点前半では入賞も難しいだろう。

と言うことで、会社も辞めて自由になった身なので、いざ肉体改造。
昨年よりも10kg重くなった体重を落とし、かつ、連射が早くなるように筋力をアップするのだ。

そして、肉体改造に失敗。

4kgしか落ちなかった。
連射力は、125(12.5回/sec)って、落ちてるやん!
だめだ。もうだめだ。

と言うことで、毎回恒例のスタソル2分を10回連続でプレイし、その点数を記録するこの企画。
死んだらそこでスコアストップと言う、ローカルルール認定の元、スタート。

342,500
121,500
 6,800
 6,700
342,200
343,200
257,200
340,900
 2,800
342,600

ふつう。
すごいふつう。

ちなみに第1回のスコア。
1位 なかじさん     345200点
2位 清水隆弘さん    341900点
3位 きめんさん     340200点
4位 テイムさん     339600点

第2回のスコア。
1位 きめんさん  343300点
2位 テイムさん  342700点
3位 阿部団長さん 339800点

(コピペ元は、高橋名人の16shot blogさんです。)

2大会連続入賞中のテイム名人が、諸事情により不参加なので、唯一3大会連続を狙う僕ではありますが、きびしっすねぇ。

まずは来週までに、自分のスコア抜くところから始めないとな。

…って、間に合うのか?

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/04(水) 23:59 ベガルタ仙台
ベガルタ/15勝1分8敗で
さすがにプロレス五十音で3日引っ張るつもりはないので、ベガルタのお話。

ベガルタは一足早く第2クールを終え、1年の日程の半分を終了。24試合で勝ち点44は、昨年を1上回るペースなのだそうで。

首位の札幌との勝ち点差は6。向こうは1試合少ないので、実質勝ち点9差と考えた場合、ベガルタの自力優勝はすでにありません。
さて、そう考えると、今年の優勝ラインの線引きはどのへんになるのか? 酔っ払った頭で考えて見ます。

まずは過去のデータから、自力昇格の2位までのデータをポン。

06年 横浜FC :93 柏レイソル:88
05年 京都サンガ:97 アビスパ福岡:78
04年 川崎フロン:105 大宮アルディ:87
03年 アルビ新潟:88 サンチェ広島:86
02年 大分トリニ:94 C大阪:87

平均だと、90.3の勝ち点が必要になります。03年の川崎は85で3位でした。いまは2チーム増え、3位でも入れ替え戦がありますが、勝ち点90以上あれば昇格はほぼ確実、と見られます。

勝ち点90と設定した場合の、任意チームの成績を単純計算。

札幌 残り25試合で勝ち点40 13勝1分11敗
仙台 残り24試合で勝ち点46 15勝1分 8敗
京都 残り25試合で勝ち点46 15勝1分 9敗
福岡 残り25試合で勝ち点53 17勝2分 6敗
山形 残り25試合で勝ち点57 19勝0分 6敗
水戸 残り25試合で勝ち点77 25勝2分 0敗

ん~、これが厳しいのかどうなのか。
現時点では判断できませんね。
札幌さんがだいぶ有利なのは、よく分かりましたが。

とりあえず、
 「全部勝てば大丈夫」
と言うことが分かりましたので、ゆっくり眠りたいと思います。

おまけ
ベガルタ仙台の五十音シリーズ

「あ」=阿部良則
 ブランメル仙台とベガルタ仙台の両時期に在籍した、FWの選手。僕は多分、見たことがない。

コメント:0 トラックバック:0

2007/07/03(火) 23:59 プロレス
頭の体操/プロレス技五十音 「は」~「ん」
意外な人気ぶり。
昨日の続きのプロレス五十音です。
さあ、キミの好きな技は出てくるのかな? と言うか、微妙に偏ってる気がするぞ。普段チェックしてる団体が、バレバレだぞ。

ここまで濁音抜きにこだわりましたが、はたしてそこまで行けるのか? そして「を」や「ん」はどう、ごまかすつもりなのか?
とりあえず続きの「は」からどうぞ。

 「きめん的プロレス技五十音」

・「は」=ハイパーニー空牙
 元・リングスで現・無我の長井満也が、全日本参戦時に開発した技。
スワンダイブ式のジャンピングー。最近見てないのは、長井の試合を見てないからだろう。あ、無我中継あるな、今度。

・「ひ」=ヒップアタック
 プロレス技名だぁ? そんなのどうでもいいって! 平成維震軍が、越中詩郎が、やってやるって!
越中の本「やってやるって!」が販売中。ケンコバとの対談もアリ。ブームじゃなきゃ、みのるが武藤を捕まえた、ヒールホールドにしたかったなぁ。

・「ふ」=フィッシャーマンズスープレックス
 虎ハンター:小林邦明のオリジナル。
初代タイガーマスクとのテレビマッチ初戦で公開するも、いきなりおなかを叩かれて破られると言う、悲しい運命の技。日本名「網打ち式原爆固め」と言う名称は、僕の心を捉えて離さない。なぜ漁師?

・「へ」=ヘビーキラー1号
 TAKAみちのくが対ヘビー級用に編み出した、オリジナルの丸め込み技。
「ヘビー級殺し」で記憶してたけど、TAKAでwikiかけたら、この技名だった。
両腕を交差しての回転エビ固め。これで田中将人の火祭り決勝進出をはばんだこともある。

・「ほ」=北斗ボム
 「北斗原爆固め」にしようと思ったら、間違って「の」でノーザンを使っていたので、こちらで。
いまや天下の鬼嫁・北斗昌が、現役時代に編み出したオリジナル技。正式にはノーザンライトボム。ボディスラムのように抱えあげ、自分の脇に脳天を突き刺す危険技。
夫の佐々木健介は、ブレーンバスターの要領で使う。初期の頃は、パワースラム風に使って、北斗を感激させた。

・「ま」=卍固め
 燃える闘魂:アントニオ猪木の代名詞。
延髄切りの後にこれが出れば、金曜8時のプロレス中継も間もなく終了の合図。子供の頃は、バキさんのように関節が柔らかかったので効かなかったが、この歳でこの体型だとカッチリはまり、呼吸が出来なくなり、窒息寸前に追い込まれたことがある。

・「み」=右脚
 DDTからアパッチプロレス軍に移籍し、一気に業界内ポジションを奪った、佐々木貴の必殺技。
分かりやすく言うと、バズソーキック風な技。座ってる相手の即頭部に、渾身の右脚の蹴りを叩き込む。最近では、右脚with有刺鉄線バット、同with蛍光灯があり大変(←リンク先グロ注意)。

・「む」=ムーンサルトプレス
 昔からその美しさ、威力とも変わらない、プロレス技の芸術品の一つ。
ヘビー級では武藤、小橋、ベイダーが有名。ジュニアは金本、金丸など多数。DDTの飯伏は、ムーンサルトをかわされた後に着地し、さらにムーンサルトで追い討ちをかける「ムーンサルトムーンサルト」の使い手。

・「め」=メッセンジャー
 ドラゴンゲート:斉藤了の使う、丸め込み技。
山形県山形市出身なので、山形で大会があるときには、山形市内のトレーニング場に出没することがある。

・「も」=猛牛裸締め
 新日本:天山広吉の使う独特の裸締め。バッファロースリーパーと英名では呼ぶ。
片腕が極まった状態でのスリーパーで、痛苦しい。奥さんが考案したらしい。アナコンダバイス同様、フィニッシュとして使っていたのに、最近は痛め技に。GI以外でも頑張って!

・「や」=椰子の実割り
 和名ココナッツクラッシュ。故・ジャイアント馬場さんの得意技。
この技が決まり、相手が豪快に1回転するのが大好きだった。と言うか、何で椰子の実なんだろう。馬場さんがハワイ好きだったからか?

・「ゆ」=弓矢固め
 英名ボーアンドアロー。僕の大好きな技の一つ。
アントニオ猪木をはじめ、新日本系の選手が使う。藤波が使うと形がよく崩れてイヤだった。今にして思うと、猪木との体格差が影響していたのだろうか。

・「よ」=ヨーロピアンクラッチ
 日本、アメリカ、メキシコが「プロレス三大大国」と定義するとして、なぜか欧州を感じさせるネーミング。
相手の頭側から両腕を持ち、両足で相手の両肩を押さえる。ここでフォールを返すと、今度はエビ固めに捕らえられる。その技の繋がりが高貴な印象を受ける。
日本では、大日本:メンズ・テイオーが一番の使い手。と言うか、他に使い手がいない。

・「ら」=ラ・ケブラーダ
 別名「アサイムーンサルト」と呼ばれる、場外への飛び技。2m以上も落差のあるところに、とんぼ返りしながら飛んでいくのは、卓越した運動神経と、相当な覚悟が必要。
マグナムTOKYOは後頭部を強打し、試合中に失神。丸藤は鉄柵にノドを打ちつけ、血を吐いたことがある。

・「り」=リバースタイガードライバー
 大日本時代に山川竜司がフィニッシュにしていた技。
タイガードライバーの状態から相手を高く持ち上げ、顔面から叩きつける。高角度ペティグリー、と言うと分かりやすい。
僕がインディーを追うきっかけになった山川選手は、現在札幌でバーをやっています。復帰は難しいかなぁ。

・「る」=ルーテーズプレス
 と言うとなんじゃらほいだが、ボディシザースドロップのこと。和名は空中胴締め落とし。故・ジャンボ鶴田さんが得意にしていた。
札幌でこの技で決まった試合を見てました。懐かしい。

・「れ」=レッグ&ネックロック
 新日本→全日本に移籍した小島聡が、ヤングライオン時代に使っていた技。
相手の片足を取りながら、ネックロックを極める。この技で、ヤングライオン杯決勝で中西学を破り、優勝したことがあるが、最近は使わない。地味だから?

・「ろ」=ロメロスペシャル
 僕の大好きな技パートいくつか。
和名の「つり天井」ってすごい。ロメロもスペシャルも関係ないじゃん。初代タイガーマスクと対戦した、スティーブ・ライトのロメロが芸術品で、タイガーにギブアップを迫ったシーンは必見。ミル・マスカラスが「リバースロメロ」を開発したけど、相手が重いと自爆します。

・「わ」=脇固め
 オールドファンにはたまらない切り返しの関節技。海外では「フジワラアームバー」と呼ばれる。
藤原組長と木戸修の脇固めは芸術品。国宝に認定して欲しい。藤原がニューリーダー・ナウリーダー抗争の5vs5イリミネーションで、ストロングマシンのラリアットを脇固めで切り替えしたシーン、木戸がWARとの5vs5イリミネーションでタップを奪ったシーンが印象深い。

・「を」=ウォールオブジェリコ
 発音的に「ウォ」って言うのが、「ヲ」に聞こえるよなーとか。
あと「Wall of Jericho」を短縮すると、「Wo」って入って、ローマ字入力のときの「を」だよなぁ、とか。
つか、ねーよ! 「を」なんて!!

・「ん」=ンッ!

外国人がリフトアップとか、投げ技するときに「ンンッ!」とか言うよね。
多分そういう内緒の技名をつけて、自分達で呼んでるんだと思うよ。
 「お前らはこの技を『○○』って呼ぶけど、俺は『ンッ』て名づけてるんだぜ」
とかね。
つか、ねーよ! 「ん」なんて!!

以上、「は」~「ん」でした。
「は~ん」て書くと、ちょっといやらしい。

濁音と半濁音が残ってるけど、この企画で3日引っ張っていいのだろうか。
世代的に、三銃士と四天王は全員出そうと思ったけど、なんかあまり出てない。まあいっか。

つか、元々暇つぶしの頭の体操だったのに、何でこんな細かく説明まで加えて、今日はご丁寧にリンクまで入れちゃってるんだかな。

コメント:0 トラックバック:1

2007/07/02(月) 23:59 プロレス
頭の体操/プロレス技五十音
なんかバトンで、ダラダラ長いだけでつまらないのがあるよね。
昔に五十音のやつもあったけど、実りがなかったなぁ。

なので、今日のトレーニング中、自転車漕いでる時ヒマだったので、プロレス技を「あ」からスタートして、五十音数えてみたよ。
別にバトンじゃなくて、自分が仕事辞めてから最近、頭使ってないから頭の体操代わりにやってみただけだよ。
自分ルールとしては、同じ技は出さない、同じ選手の「得意技」は出さない、でも使い手が多々いるなら可。

プロレスに興味ない人は飛ばしてね。
興味ある人は、するどい突っ込み希望。

ではスタート。長いぞ。

注:
と思ったけど、書いてたら本当に長くなったので、途中までで終了。

 「きめん的プロレス技五十音」

・「あ」=アイアンクロー
 テキサスの帝王:フリッツ・フォン・エリックの得意技。代名詞。リングを潰す握力で、相手の顔面をギュッ! 血がプシュー。

・「い」=一本足頭突き
 古くは韓国の猛虎:大木金太郎の得意技。ちょっと前なら藤原喜明、最近だと…本田多門? 勢いをつけて、自分の頭を相手の頭にガンッ! 血がプシュー。

・「う」=ウェスタンラリアート
 ブレーキの壊れたダンプカー、不沈艦:スタン・ハンセンの得意技。プロレス見ない人でも、この技は知ってるほど有名。ファンクス家の庭で古タイヤに腕を打ちつけた逸話は、伝説だけどフェイク。

・「え」=エメラルドフロウジョン
 エルボーの貴公子:三沢光晴の必殺技。ダメージ値は100を超える。最近は垂直落下式、雪崩式、スイング式など、バリエーションも増えてきた。

・「お」=俺が田上
 「ちぇっ」が口癖のダイナミックT:田上明の超必殺技。バックドロップの体勢で抱えあげて、ノド輪で叩きつける。小橋からフォール取ったりしたすごい技。最近は、滅多に見れない。

・「か」=カッキーカッター
 引退した垣原賢人の得意技。ぶっちゃけると派手な大外刈り。本人はクワガタ育成してるはずですが、軌道に乗ってることを祈ります。

・「き」=キーロック
 個人的に好きな技だけど、盛り上がらない上に地味で、選手も休んでるように見えるため、あまり流行らない。昔、藤波辰巳がボブ・バックランドに延々これを仕掛けて「長すぎたショートアームシザース」と週プロに見出しを付けられたのは、有名な話。

・「く」=クビ固め
 相手の首を抱えて、両足を固めて丸め込む技。「スモールパッケージホールド」は厳密には違う技だけど、最近では一緒くたにされてる。最近だと、棚橋や沼澤が形を変えて使用中。

・「け」=ケンカキック
 極悪バタフライ:蝶野正洋の得意技。雑誌では「ヤクザキック」と表記されてたけど、テレビ的に名称変更。海外だと「マフィアキック」と言うらしい。

・「こ」=コブラクラッチスープレックス
 金髪狼:ジョニー・エースの得意技。コブラクラッチで相手の首を締めた後、後方に投げ飛ばす。受身も取れず、首ダメージ増大必至。たまに大谷も使う。「コブラ」まで言ったら「ツイスト」と行けばいいのに、わざと避けてみた。

・「さ」=三四郎スタナー
 DDTの社長:高木三四郎選手の得意技。尊敬する”ストーンコールド”「スティーブ・オースチン」のスタナーをインスパイアした技。ここで突然DDTに飛んだのは、個人的趣味。

・「し」=シューティングスタープレス
 ジュニアの重鎮:獣神サンダーライガーの、奥の手中の奥の手。奥の手過ぎて、もう飛べなくなってしまった様子。南斗水鳥拳にヒントを得て、この技を開発したのは、有名な話。

・「す」=スコーピオンデスロック
 革命戦士:長州力のラリアットと並ぶ、2大代名詞。普通は「サソリ固め」と呼びます。両足は痛いわ、背中は痛いわ、拷問技です。小学校時代、クラスメイトに散々掛けられてイヤになりました。

・「せ」=セントーン
 ダウンした相手に、ジャンプして背中から落ちる技。全体重が相手にかかるので、相手は呼吸が困難になる。ヒロ斉藤が名手中の名手。たまに三沢さんも使う。コーナーからのダイビングセントーンは、フリーのディック東郷が現在一番の使い手。

・「そ」=ソル・ナシエンテ
 ドラゴンゲートの吉野がイタリアキャラ時代に使ってたけど、最近封印されてる技。よく分からない動きから、両腕を完全に固められ、脱出不可能になる。数年前、必死で入り方を覚えたけど、もう忘れた。

・「た」=タイガースープレックスホールド
 初代タイガーマスクから継承される必殺技。相手の背後から両腕を固めて、ジャーマンに決める。2代目タイガーの頃には、タイガースープレックス’84、同’85が使用されるが、素人目にはどこが違うのか識別が困難。

・「ち」=チキンウイングフェイスロック
 スリーパー、アキレス腱固めに並ぶ、UWFの代名詞。片腕を固められて顔面を締められるのだから、その痛さは尋常ではない。全日本のジョニー・スミスもよく使っていた。

・「つ」=ツイスター
 ドラゴンゲート:望月成晃の得意技。回転しながら垂直に落とすブレーンバスター。落とし方にもよるが、危険極まりない。大一番での決め技。これで決まらないと、「ツイスターII」もあるらしいけど、僕は見たことが無い。

・「て」=テキサスクローバーホールド
 日本式に書くと「テキサス式四つ葉固め」となり、ちょっとかわいらしい。その名の通り、テキサス出身:ザ・ファンクスのテリー・ファンクの得意技だが、テリーが使うと「荒馬固め」と呼ばれるので、じゃあこの名で呼んだのは誰やねん。
小学校時代、サソリ固めを仕掛けたクラスメイトに、この技で仕返しをした。

・「と」=トライアングルスコーピオン
 天下の稲妻:木村健吾が使う、隠れた必殺技。サソリ固めと似てるけど、足のロックが逆で両手が自由になるのも異なる。この技で馳浩からギブアップを奪ったこともある。ちなみに、この「五十音」をやってみようと思ったのは、僕が運転中にこの技名をふと思い出したから。
何でだろう?

・「な」=雪崩式リングイン
 藤波辰爾がタッグマッチの際、コーナーでタッチを受けた後、トップロープに上がり、何もしないでリングインする仕草。正確には技じゃない。ちなみに、リングイン直後に相手にラリアットを喰らってダウン、までが1セットになっているので、見逃さないように。

・「に」=29歳
 アパッチプロレス軍のマンモス佐々木が使う、ブレーンバスター系の技。天龍の53歳でシングルの対戦時に沈んだマンモスが、その経験から自分もマスターした。その覚えた歳が29歳だったので、技名も53歳じゃなくて29歳になった。

・「ぬ」=沼クラッチ
 みちのくプロレス:気仙沼二郎の使う、固め技。
沼二郎選手が優勝した、04年の若草杯でこの技を使ったのは知ってますが、どんな技か覚えてません。

・「ね」=念仏パワーボム
 みちのくプロレス&仙女社長の、新崎人生の必殺技。
パワーボムの前に、拝む体勢に入るのがオリジナル。全日本参戦時にはなかなか決められず、結果モーションが短くなったりと、バリエーションが増えた。叩きつけた後、キュッと手前に引いてエビ固めをキツクするのがポイント。

・「の」=ノーザンライトスープレックスホールド
 北斗の流星で、いまや衆議院議員の自民党森派:馳浩の現役時代の得意技。
長州に命名されたとか、カナダで修行時代にオーロラを見たからとか、名前の出所が謎。馳以外の選手がやると、片腕のロックが決まってないので、大体おなかを叩かれて返される。本家はそんなことは無い。

以上、「あ」~「な」行まででした。

この段階で、読むのもいやでしょうし、書き手もいやですから、止めておきます。
説明文が無ければ、もうちょい短くなったんでしょうがね。考えてみれば、五十音の時点で50行以上確定なので、最初からやめておけばよかったですね。

そんな感じで。

あ。
8/15(水)に、今年も皆瀬でノアがあるそうですが、どうでしょうね。難しそうだな、今年は。

コメント:0 トラックバック:1

2007/07/02(月) 04:14 ベガルタ仙台
ベガルタ/シュナ激励&第2クール終了
シュナダー選手にメッセージを渡すまでの、一連の流れまとめ。
長いので注意。

6/6(水)
練習中に、開幕からベガルタ仙台のゴールマウスを守ってきたシュナイダー潤之助選手が、右手指の骨折で3ヶ月の重症をおってしまった。

6/8(金)
これを受けて、ベガルタ仙台コミュニティ管理人であるしゅういちさんが、4m×1mの巨大な布を購入。みんなにメッセージを書いてもらい、シュナイダー選手を激励しよう、と言うイベントが発生。

ore.jpg


6/9(土)
味の素スタジアムで行われた、vs東京ヴェルディ1969さんとの試合の際に、上記巨大な布(以下弾幕)にメッセージを募って記入してもらう。
しかし、この日は試合に敗れたこともあり、弾幕を埋めるには至らず。
僕はこの日、秋田でブートキャンプ中。

6/12(火)
水曜の試合に間に合わせるため、しゅういちさんに弾幕の発送を依頼。この日、発送の連絡を頂く。
加えて、東北ハンドレッド様にユアスタコンコース内での、メッセージ記入活動に許可を頂くため、電話連絡。
快諾を頂く。

6/13(水)
自由人なので、お昼頃にヤマト運輸に営業所止めで送ってもらった弾幕を受け取りに行く。
この日は、アビスパ福岡さんとの試合。
水曜なのでお客さんの集まりが遅い中、早めにスタジアム入りした虎次郎さん、暁さんと一緒にユアスタコンコースにて、シュナイダー選手宛のメッセージを記入してもらえるよう、サポーターの皆様にお声がけをする。

順調にメッセージが増える中、ふんぞり返ってコンコースを歩く、ベガッ太さんを発見。これを捕獲。
ベガッ太さんにもシュナイダー選手宛に、メッセージを記入して頂く。

ta1.jpg

ta4.jpg


6/16(土)
福井にて、京都サンガFCさんと対戦。
仙台から弾幕を持ち込むも、5-1で虐殺され、何もする気が起こらず。
特にメッセージの記入が増えないまま、再びしゅういちさんから弾幕をお預かりし、仙台へ持ち帰る。

あと、ベガモの「AWAYのうまいもん」コーナーに「三國バーガー」を投稿し、採用される。
虐殺への、せめてもの抵抗。

6/20(水)
再び、東北ハンドレッド様に電話にて許可申請。
前回のこともあり、あっさり許可を頂く。ついでに、ユアスタでシュナイダー選手に弾幕を渡せないか聞いてみるも、ちょっと難しいとのこと。

さすがに、見ず知らずのサポーターにシュナイダー選手のスケジュールを明かしてしまうほど、迂闊ではないらしい。この段階で、クラブハウス前で弾幕を渡す方向で、ほぼ確定。

6/23(土)
vs愛媛FCさん。さすがに水曜の前回と違い、土曜は客足が早い。
ユアスタコンコース内でみぃさん、たいえーさん、エン。さんを中心に呼びかけを行っていただくと、弾幕いっぱいにメッセージを埋めることに成功。
記入は今回で終了とし、次回は本人に渡すと言うことにする。

oretachino.jpg


6/24(日)
太白山登山。
お弁当を忘れる。

6/30(土) 10:40
泉サッカー場にて、仙台の練習。
いないのかなと奥のほうを見ていると、シュナイダー選手を発見。今日はチャンス。

11:30
主力組の練習終了。サテライトメンバーはミニゲーム。
シュナイダー選手は手を使わない練習。復帰後は、ボールフィードコントロール値が上昇していると予想。

13:00
シュナイダー選手の個人練習終了。クラブハウス前で待つことにする。

14:00
主力選手続々帰宅。
今日はサインをもらうユニを持ってきてるわけでもなく、ヒマ。こういうときに限って、サインをもらってない広大、萬代が目の前にいたりする。惜しい。でも我慢。

15:00
やはりヒマ。すでに帰ったのではないかと、クラブハウスから出てきたマスコミさんに聞くと、まだ中にはいるらしい。それだけ分かれば安心なので、サナギマンのようにひたすら待つ。

15:30
コーチの手倉森ツインズ帰宅。
話を聞いたら、指のリハビリで時間がかかってるとのこと。
このころには、同じく出待ちのおばちゃんと仲良く談笑して、ヒマを潰す。
僕が弾幕を渡すために待ってる旨を伝えると、
 「あらぁ、私記入してないわ。おほほ」
と言われる。
まあ、mixiして無さそうだしなぁ。

16:00
シュナイダー選手姿を現す。
この時間まで待っていたのは、僕を含めて4人だけ。全員に安堵感が訪れる。

とりあえず、目的である弾幕をお渡しする。

 「これはすごいですね。ありがとうございます」

喜んでもらえたようだ。
 「ベガッ太さんも書いてるんですよ」
と言うと、その部分を見つめ、

 「あ、これですね。へへっ」

うけた。

つか、照れ笑いのシュナ萌えー!!
男性だけど、萌えー!!

その後、他のファンの皆さんも交えて、しばし談笑。
現在の手の具合とか、回復具合とかも聞きましたが、ネット上なので詳細は割愛。グー、パーできるくらいに回復は順調、とだけ言っておきましょう。

せっかくなので、手渡しした証拠として、写真を取っていただく。

dnmk.jpg

注:写真はハメコミ合成です。

さすがに、怪我でリハビリ中の選手に対して、
 「マスクで撮影していいですか?」
とは聞けないしね。
いくら、シュナイダー劇場でしもべがいた、と言ってもね。

何はともあれ、ミッションコンプリート。
粘ったかいがありました。

翌、7/1の試合は、3連戦の最後でしたが、フィニッシュ前の呼吸が合わずにグダグダ。
引き分け濃厚でしたが、終了間際のPKで1-0辛勝。

第2クール当初、4試合で1勝3敗と目も当てられなかったですが、なんとか7勝5敗まで星を戻し、通算でも13勝5分6敗の2位で折り返し。

内容はアレですが、1位との差もアレで、京都さんがアレですが、まあよろしいかと。

コメント:2 トラックバック:0