きめんスーパーアリーナ
『きめんスーパーアリーナ』は、全天候型屋内競技場及びイベントホールです。20110701よりココログに再移行。http://kmnparty.way-nifty.com/manga/
2008/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009/01


2008/12/31(水) 23:50 日常
今年もありがとう
中学校時代の同級生を始め、高校時代の同級生、会社で知り合った同僚、ゲームで、ベガルタ仙台で、モンハンで、ネットで、mixiで、出会えた人たちが本当にたくさんいる。
僕の周りには、こんなに友達がたくさんいるんだと改めて思った。
みんなに支えられて生きてるんだって事を実感できた年でした。

本当にありがとう。

ステキでちょっとバカな人たちに囲まれて、僕は本当に幸せです。
そんな幸せものの僕は、

 「風邪引いてるときはニーソックスとか暖かくていんじゃね?」

と思ってゴソゴソしてたら、先日フットサル用に買った長いソックスが出てきて、じゃあこれを使って
 「絶対領域~」

zetu.jpg

とかやったら面白いかも?
と思った時点ですでに画像をアップしてた。
エロゲーのヒロインの腰(-58cm)よりも太もも太いんだから、自重しろ!
お前が一番バカじゃ!

そんな小ネタで今年は終了。
2008年のノルマも全部消化!

最後の日記でノルマ消化なんてドラマティックだけど、これ読む人はドラスティック。
そんな感じで、今年も1年お疲れ様でした。
2009年に皆さん揃って元気にお会いしましょうね。
スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0

2008/12/30(火) 23:59 日常
日常/きめん2008年12大ニュース
さて、PC画面を眺めているとすぐに目が疲れて熱が上がるので、とっととやってしまいましょう。
特に重大なことはなかった、きめんの12大ニュース。
「長文」なので読む際は注意だ。

1月
・きめん、TWINZ-FINALで敗北
・きめん、エロゲ買い損ねるゆとりを見つける
・きめん、アナウンス学院に通う
・きめん、友人に子ども生まれる
・きめん、スキー初滑り

TWINZ正式に終了。もう最近は盛り上がりもなくだれてたし。ゆとりは面白かった。今年も見つけたい。あと今年一番の選択ミスは、間違いなくアナウンス学院だったと思う。今後生かす機会あるんかね?

2月
・きめん、那須に滑りに行く
・きめん、のスターソルジャー攻略法
・きめん、仙台ウォーカーその1参加
・きめん、多賀城ウォーカーに強制参加
・きめん、ダウンタウン閉店に立ち会う

なぜかスキー熱再燃と言うことで初の那須へ。コースゆるかったけど楽しかった。スタソルの話は3月分で。真冬の一番寒い時期にてくてく旅を始めると言うのもどうかと思うが、新しい発見が多くて楽しかった。

3月
・きめん、ベガルタ仙台得点予想
・きめん、真夜中のゲーム大会でパフォーマンス賞受賞
・きめん、白川郷に立つ
・きめん、ネットラジオスタート

前月のきめんのスタソル攻略法ビデオ配信に始まった企画は、高橋名人主催の真夜中のゲーム大会4で結実。見事にステージ上で攻略実況をやりきり、パフォーマンス賞を頂く。まだ動画はその辺に転がってます。岐阜遠征に合わせて、世界遺産白川郷にちょこっと立ち寄り。「ひぐらし」の元ネタということで僕だけ喜ぶ。ネットラジオは生活のリズム改善でスタートしたけど、うやむやのまま7月で終了。

4月
・きめん、モンハン2ndGとスタソルRにはまりまくる
・きめん、金ちゃん閉店に顔出し昭和ゲーセン終了
・きめん、らき☆すたの聖地に出向く
・きめん、身内おっさんゲーム大会で最下位になる
・きめん、栗駒山に春山登山と春スキー

3月にPSPで出たモンハンとWiiで配信されたスタソルRが大当たり。この熱はしばらく続くことになり現在もスタソルRの2分モードは世界30位以内をキープ。2月のDT閉店に続いて金ちゃんも閉店。あと桜前線探しに行く振りして、埼玉の鷲宮神社まで日帰り。日本酒買って帰る。ゲーム大会で最下位で罰ゲームは08年にきめんを悩ますことに。栗駒春スキーは楽しかったがあんなことがすぐに起こるとは。

5月
・きめん、仙台ウォーカー2で駄菓子食う
・きめん、退職1周年も就活進まず
・きめん、フットサルを始める
・きめん、宮内タカユキ氏の歌声に聞き惚れる

てくてく旅は太白区中心。駄菓子食いながらこいのぼり見学。退職1周年は地味に。フットサル開始で体重10kg減もその後戻る。タカユキかっこよすぎ。

6月
・きめん、ベガルタグッズモニタ会議で頑張る
・きめん、モンハン必殺技完成
・きめん、岩手宮城内陸地震で飛び起きる
・きめん、左足アキレス腱炎症の怪我

グッズモニタに当選したので真面目に賞品意見出し。パンフとかグッズを集めてくれた皆さん、あらためてありがとうございます。村クエのババコンガを一撃で倒す必殺技「緋村抜刀斎」完成。ほんの2ヶ月前にスキーで滑った栗駒から悲報。いまだに復旧は進まず。左足痛めつつもフットサル練習継続で怒られる。

7月
・きめん、岡山の床屋で運命の出会い
・きめん、キン肉マンドラフトをやってみる
・きめん、ベガサポフットサル大会で初勝利に貢献
・きめん、試合後の飲み会で始発待ちでリバース
・きめん、横浜でライブに参加

もうベガルタをクビになった岡山一成選手のことを看板に書いてた床屋に行ったら、昨年鳥栖で一緒に飲んだ方が常連だった。キン肉マンドラフトはまたやりたい。フットサル大会は炎天下で地獄の酷暑で大寝坊した人が1名。試合後の飲み会で地下鉄の終電を乗り逃し、朝までカラオケで時間つぶしたら意識朦朧で大リバース。そのまま高速バス車内でリバースしつつ横浜に移動。友人がチケット取ったアイマスライブに参加。

8月
・きめん、1日で海と山とBBQと花火を楽しんで夏のノルマ完了
・きめん、北京五輪でなでしこを応援する
・きめん、ダービーで心が折れる
・きめん、エンドーチェーン屋上開放を見に行く
・きめん、ポエム2本発表

夏らしい思い出のない月に1日で思い出消化。なでしこは今思い出しても素晴らしかった。ダービーは今思い出しても残念だった。エンドーチェーンの屋上は風景が懐かしくてよかったな。ポエムは例のあれ。なんか、妙に評判が良くて驚く。

9月
・きめん、頭の体操ゲームタイトル編
・きめん、モンハン夢のドリームタッグ完成
・きめん、アニメ検定の練習問題で躓く
・きめん、PSP-2000の液晶が破損する

ネタの無い月。「顔のない月」ってエロゲーがあったような? モンハンは2人で☆3砦蟹で10分を切る快挙。今はソロ狩りで15分。アニメ検定は最近のは分からん。PSP液晶壊れたのが一番悲しかった出来事かも。

10月
・きめん、富士山見られず
・きめん、キャロットオフ参加と終了
・きめん、なつゲーライブに感動
・きめん、エコバッグを買う
・きめん、麗しのクッションをもらう

甲府遠征できめんは富士山をまともに見ることが出来ず悔いが残る。キャロット仙台店閉店3周年オフは昨年よりもこじんまりとした開催になったが、烏賊腑炒めが大ヒット。こっそり東京のなつゲーライブEXERAに参戦。懐かしさにどっぷりと浸る。エコバッグとかクッションとかはまあ別に。

11月
・きめん、ヘディングの練習でおでこ痛める
・きめん、風邪をひいて寝込む
・きめん、モンハン村クエモンハンを双剣でクリア
・きめん、また負ける

あれ以来ヘディングの練習はしていない。風邪は11月に引いてから今日まで5~6回ひいてしまい、ここ数年で最悪の体調のまま年末まで過ごす。村クエモンハンは意地の双剣クリア。これは今年の僕の中でかなり大きな出来事。負けたのはおっさん大会のあれ。そういやあれもまだノルマこなしてない。

12月
・きめん、ベガルタ最終戦で涙ぐむ
・きめん、入替第1戦に興奮する
・きめん、入替第2戦で泣けず
・きめん、生まれて初めてマイミクを1人切る
・きめん、中旬から風邪引きっぱなしで大晦日を迎える

13日まではまさにベガルタ一色。3位になるってこんなに嬉しいことなんだと思う。岡山とシュナのコールは涙こらえて必死に声を出す。入替初戦の気持ち良さと注目度と僕の露出の多さは異常。入替2戦で負けた直後に泣けなかったのは、今にして思えば勝つイメージしかなかったので、目の前の光景が受け入れられず、そのギャップが自分の中で消化できなかったからかな。生まれて初めて今月にマイミクさんを1人切ったけど、日記にコメント残して切ったから激怒された模様。丁寧な口調だったのに。

そして風邪をひいて、治らないまま本日に至る。
今年もいろいろありましたが、やっぱり昨年のはっちゃけ度合いにはかなわないかな。周りは家買ったり結婚したり子ども生まれたりしてるのに、僕は貯金切り崩して生きてもう貯金も尽きたからね。

来年はまずは仕事。話は全てそこからだ。
あと来月末にすぐに1歳年をを重ねるけれども、精神的にはいつまでもはっちゃけていたい。札幌で「はっちゃき体操」踊った身としては。
そんな感じの1年でした。

こんな騒がしいトラブルメーカーなヤツに今年もお付き合いいただきまして、皆さん本当にありがとうございました。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/29(月) 23:59 プロレス
プロレス/年末年始のかってな勝敗予想
明日はうちの近所は最後のゴミの日ですが、みなさんちの近所はいかがでしょうか?
僕は昨年、缶、ビン、ペットボトル、プラを捨て忘れて、凄い年越しになりました。
さて、体調不良は相変わらずですが、適当にカードを見繕って勝敗予想してみましょう。

12/30 ハッスル・マニア
“モンスターK”川田利明、川田父(73歳)組 vs グレート・ムタ、ボノちゃん組
予想:○川田父-ボノちゃん×

この年末年始で、もっとも予想の難しい試合。
ムタの魔界を川田父(73歳)がどう攻略するのかって、おっさんだしなぁ。つか、栃木大会のGP決勝で興奮して救急車で運ばれたおっさんが、普通に試合してムタの世界凌駕しちゃったら、過去の対戦相手も困るだろ。
ただこの試合はメインなので、ハッスルならではの仕掛けに超期待。

12/31 Dynamite!
田村潔司 vs 桜庭和志
予想:○田村-桜庭×

かつてPRIDEのリングで師匠・高田の引退試合の相手を務め、見事な介錯をした田村。
しかし、21世紀初頭の総合格闘技界を牽引し、世間的評価を上げたのは、Uの遺伝子を継ぐ者ではなく、Uインター出身なのにプロレス大好きなIQレスラー桜庭。
Uインター末期に対戦していた頃には差があったと思うが、今の実力ははっきり言ってどうなんだろう? 正直、強さの峠は越えてると思われる両者なので、勝敗自体にあまり興味はないんですが、いくら雑誌のインタビューを読んでも分からない2人の深すぎる因縁が、この試合でスッキリ晴れるようにキッチリ白黒つけていただきたい。判定とかやめてね。

あとは、
○ミルコ-チェホンマン×、○桜井“マッハ”速人-柴田勝頼×、○キン肉万太郎-ボブ・サップ×
でしょうか。
つか、キン肉マンはハッスルに出るものだと今日まで勘違いしてました。

1/4 新日本プロレス レッスルキングダムII
武藤敬司 vs 棚橋弘至
予想:×武藤-棚橋○

中邑真輔、後藤洋央紀組 vs 三沢光晴、杉浦貴組
予想:○中邑-杉浦×

中西学 vs 秋山準
予想:×中西-秋山○

永田裕志 vs 田中将斗
予想:×永田-田中○

とりあえず上のカード4つ。3WAYのIWGPタッグ戦? 天コジじゃないチームが取れば満足。
メインは棚橋の勝ち。さすがに武藤をこれ以上独走させられないでしょう。棚橋は永田、中邑と身内には負けてるけど、他団体相手だと意外と負けてない。いや、チャンカンで諏訪魔に負けてるか。まあいい。武藤と対戦する場合、熱血タイプだと武藤に声援が集まりやすい。そこで、自称・闘魂の真裏にいる棚橋ですよ。武藤の閃きにも棚橋なら対応できそうな気がする。いや、なんとなくだけれど。

中邑が杉浦から取るとしたのは、中邑が棚橋につなげる流れを作るかなと思ったので。杉浦のやる気次第かな。
毎年秋山には爆発して欲しいと思ってるんだけど、ここで中西に負けたら3月のノア武道館のメインは健介vs中西になって、新日の3大メジャービッグマッチメイン制覇になってしまうので、そこは阻止。
田中が永田に負けたら、改名間もないZERO1は潰れるんじゃないか? と思うので田中の勝ちで。数年前なら考えられなかったけど、今の田中は本当に強い。

そんな感じで。
目がチッカチッカして、涙目になって、鼻も出てきて、熱も37.0℃まで上がったので寝る。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/27(土) 22:47 日常
日常/今年を振り返ろうと思ったが
ond.jpg

2008年は全般的にあんまりいい年では無かったよ。
振り返ろうと思ったけど、2008年最後に高熱出して振り返る気力もなし。
忘年会もキャンセル。うむぅ~。
インフルエンザで陰性だったのが救いだけど、逆にウィルスの方が薬が確実に効いていいんじゃないかと思ったり。

せめてもの救いは「すべらない話ゴールデン」を放送することに気づいたこと。
昨日のドリフといい、年末はやはりお笑いですな。
大晦日も、桜庭vs田村に目も向けずに「笑ってはいけないシリーズ」を堪能しますよ。

2008年最後の日記がこんなので終わらないように、とっとと体調戻らないかなぁ。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/24(水) 23:59 日常
日常/いつも通り&つよさメーカー
クリスマス・イブでもハローワークには凄い量の人たちがいたよ。
でも、誰もサンタ帽とか被ったりしてなかったよ。
今のご時世じゃ、とても浮かれ気分なんかじゃいられないよね。
サンタさん、明日の朝には僕の枕もとの靴下に「採用通知」を入れておいてください。
酔っ払って脱ぎ散らかした靴下だけれども。

自動車工場が宮城に出来るからって、浜松や愛知の工場に2~3年修行に行って数年後戻ってくるパターンの人たちは、戻ってこれないかもしれないんだなぁ。
高卒直前にバブルがはじけて、戻って来れなくなった同級生とかいたことを思い出したよ。
「経費節減」とか言って、コピー用紙やボールペンを社内で散々使用削減して、下請け会社や関連企業に無茶な要求で値引きさせて、結局赤字受注とかして耐えて営業しても、結局自分らの努力とは全く関係ない一部の利権者の欲が弾けた「円高」とか言うので、知らないところで赤字になってクビ切られるとかたまらないよね。

ところで、おねいちんのところから「つよさメーカー」を借りてきた。

tuyosa.jpg
きめんのつよさ

きめん、つよっ!
きめん、あたまわるっ!
きめん、びゅーてぃふるっ!

さすが女将に「美肌」と呼ばれるだけの事はある。
すばやいバカっていやだなぁ。
つよさメーカー
http://usokomaker.com/tsuyosa/

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/22(月) 23:59 日常
日常/フットサル僕の怪我はマシなほう(グロ画像あり注意)
注:
グロ画像1枚貼ってあります。
だったら貼らなきゃ良いんですが、見たからといって批判は受け付けないのでご注意を。

11月から先週まで3回風邪を引いてしまい、すっかり体調不良&体力低下。
加えて、夜のジョギングとか筋トレとかウォーキングもしていなかったのに加えて、夏場に10kgやせたのに先週からのヤケ食いでまた3kg太ってしまい、通勤体力すら持ちえない僕の身体はすっかり赤ゲージな体力になってしまいました。

そんな中迎えたフットサルの大会。
そりゃまあ走れませんが、せっかくパスの練習とかシュートの練習とかしたんだし、1度くらいは前目でプレイしたいわぁ。
と言うことで、第2試合はALA(orFIXO)で中盤を、それ以外の第1試合と第3~第4試合はゴレイロ(GK)をやらせてもらいました。

しかし当然走れない。体力の低下に加えて無駄な脂肪が付いてドクトル・ワグナーJrよりも重くなってしまっては、フットサル向きの身体とはいえない。小吉江豊だ。
ノーマークのシュートチャンスも華麗に空振りしてお役ゴメン。
ゴレイロもSGGKっぽい見せ場がないまま終了。ヒザ痛めてから右下は反応できなくなった上、股抜きシュートも散々されて悲しい限り。

ところで、夏のベガルタ主催のフレンドリーな大会と違い、結構皆さんガツガツとぶつかってこられる。僕のイメージでは接触プレー禁止の、ちょいと激しいバスケくらいのイメージでしたが、とんでもない。結構な勢いで走って、結構な勢いでぶつかっておられる。
うちは女性混成のチームでしたが、他はほとんどフレッシュな男性チームなので、勢いとテクニックが違いますな。

よく大会前に「怪我のないように」なんていいますけど、今回の僕は

hiza.jpg

まあこんな感じで。
両膝の擦り傷、相手選手との激突によるヒザの打撲、当日から太ももの激しい筋肉痛で、階段の昇り降りにも「うぉあ」とか唸り声を上げて、女子高生に遠巻きに変な目で見られる始末。動きもギクシャクとぎこちなくて、「ロボット彼氏のあいつ」みたいな感じ。
それでも中には骨折メンバーも出たので、ツバつけて治る僕はまだ怪我はマシなほう。

年内はおとなしくしてます。
明日の忘年会連続3日目を終えたらね。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/20(土) 23:06 ゲーム
ゲーム/宮城ゲーセンマップ改訂版(PC推奨)
注:
Googleマップ等あるので携帯だと読みづらいです。長文です。PC推奨です。

すっかり過去の出来事になっていますが、10月に行った「PCキャロット仙台店閉店3周年オフ」の際に、参加者の皆さんに作成を手伝っていただいた
 「宮城ゲーセンマップ」
ですが、マップを回収したfoxyunさんの手でGoogleマップ上にピンを打ち込んだところ、大変な量になったようです。

宮城ゲームセンターマップ(閉店含む)
http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&msa=0&msid=112559142512925488994.00045943a41ea80d31b62&ll=38.247618,140.902405&spn=0.207612,0.30899&z=12
gamemap.jpg
 マップの一部

当日参加して情報を頂いた皆さんには、改めて御礼申し上げます。
しかしまあ、昔の仙台はゲーセン多いなと思ってましたが、今見ても異常な量ですね。屋上のゲームコーナーとかも含まれてるんですが、これだけあると淘汰されてしかるべきですが、今は淘汰されすぎてゲーセン文化が衰退しかけてますね。残念ながら。
Googleのアカウントをもっている方でしたら、ピンを動かして説明文書入れてもらえるので、今後ともご協力よろしくお願いします。

~以下foxyunさんよりコピペ~

店名や詳細位置など不明な部分の情報をお待ちしています。
そのうちゲームセンターDBにも反映させます。 http://cannojp.com/gwiki/

以下情報募集中です。

New 駅前 エスパル1F
店名不明

New 駅前 日の出ベガス?
詳細募集

New 駅前 西武地下
店名不明 詳細募集

New 駅前 アミューズパーク
詳細募集

New 米ヶ袋 ロム?(県工付近 )
詳細募集 要場所補正

New 八木山 ビッグエッグ
要場所補正

New (八木山)店名不明
詳細募集 要場所補正

New 八木山 ニコマート
詳細募集 要場所補正

New 西多賀 セガ
詳細募集 要場所補正
今シダックス?の所かな

New 鈎取 ビートグルーバーズ
詳細募集 要場所補正

New 折立 ポテト
詳細募集 要場所補正

New 八幡 アップル
詳細不明 要場所補正

New 子平町 大学ゲーム
詳細不明 要場所補正

New 原町 銭小屋 ニューウェーブ9298
詳細不明 要場所補正

New 市名坂 カレッジ
詳細不明 要場所補正

New (土樋)店名不明
詳細募集 要場所補正

New 愛宕橋 面白い家 ゴリラ?
詳細募集 要場所補正

New (鍛冶町・石垣町)店名不明
詳細募集 要場所補正

New 長町 夢屋
詳細募集 要場所補正

New (長町)店名不明
詳細募集 要場所補正

New 長町 オーケースーパー2F
詳細募集

New (長町)店名不明
詳細募集 要場所補正

New (南小泉)店名不明
詳細募集 要場所補正 4台くらい

New 南小泉 スーパーポテト
詳細募集 要場所補正

New (蒲町)店名不明(駄菓子屋)
詳細募集 要場所補正

New (中田)店名不明
詳細募集 要場所補正

~以上~

僕がGoogleアカウントをとっていないので、ちゃんととって編集しないとダメですね。
個人的に上記不明店舗で僕が把握出来ているのをいくつか。

New 駅前 日の出ベガス?
・交差点の向かい側から見ると、3Fのガラス窓にパワードリフトがいつも目立っていた。

New 駅前 西武地下
・パンチングマシン(ノックダウン)の難易度がハードだったぽい(キャロットと比べて数値が上がらない)
・僕が生涯で最初で最後の「宇宙刑事ギャリバン」を遊んだことがあるお店

New 西多賀 セガ
・286タイヤハウスベストの隣。デイトナUSAのDXが置いてあった
・ちなみにその後、○○ュー○○○の新規オープン(古川以前)にリストアップされた場所でもある
・それを聞いた○め○が「すぐ閉店するからダメ」と止めた過去あり

New (土樋)店名不明
・タイトー系列。「ニンジャウォリアーズ」と「麻雀殺人事件」がおいてあった
・きめんは「麻雀殺人事件」内のコスプレマニア「葉子」とばかり対戦し捜査が進まなかった

New 愛宕橋 面白い家 ゴリラ?
・現在の地下鉄愛宕橋駅のタバコ屋と隣接していた縦長の店
・いわゆる「ストII」全盛時のゲーセンなのでそれ以外は適当なラインナップ
・きめんは店奥の「スクランブル」でばかり遊んでいた。90年代なのに。

New (鍛冶町・石垣町)店名不明
・ゲーセン→ローソン→99ショップに変化した店
・きめんは「スーパーリアル麻雀P-III」ばかり遊んでいた。あとキャメルトライがあった

New 長町 夢屋
・地下は屋台村。未青年時代はよくお世話になった
・「ぷよぷよ」の2P側ジョイスティックが壊れていてきめん名人は負けた
・運営がどこかは知らないけど、ここにあったDDRはロスカの設置した機械

New (長町)店名不明
・元・宮交自動車学校の向かい。ローソンの隣
・きめんは高校3年冬休み、郵便局バイト→自動車学校→このゲーセン→自動車学校な生活だった

New 長町 オーケースーパー2F
・きめんは幼少時、向かいの松本小児科に通っていた
・小学校前なので当然記憶は薄く、2Fに上がったのも一度しかない
・なぜなら病院帰りにオーケーによるので遊べるわけが無いから
・今でもフロア内から2Fは見えるんだけど、今はただの倉庫っぽい

あと、熊ヶ根のラドン温泉にゲームコーナーがあったな。
見知らぬ同じくらいの子どもらと遊ぶんだけど、たまに悪い子が5円玉に糸をつけてタダでインベーダーやってた。あと初代のピカデリーサーカスがあったな。

コメント:3 トラックバック:0

2008/12/19(金) 23:15 日常
日常/相変わらずどうでもいい記憶力
相変わらず
 「どうでもいいことだけ記憶する能力に長けている」
僕の脳。
人の顔と名前を全く覚えないのも相変わらずだ。

ただ、断片的な部分部分を覚えていても役に立たないことが多いし、逆にその元ネタがなんだったか思い出せず、モヤモヤすることも少なくない。

その日もそんな感じだった。

先週の磐田からの帰り道の車内。
J1昇格を逃して重苦しい空気の車内で、11月の広島戦で予約した「ボージョレ・ヌーボー」の話になった。
予約した日こそ
 「昇格するまで飲まない。そして、それから30年の月日が過ぎた」
なんて冗談を言っていたが、いざ本当に昇格を逃すと、そのボージョレの扱いも真剣に考えなくてはいけない。
もちろん風味が大事なのでとっとと飲んでしまえばいいのだが、買うときの会話が会話だけに、扱いも慎重にならざるを得ない。

そして出た言葉。

 「シャンパンシャワーのようにワインかけるか?」
 「ビールかけのように?」
 「そう、白いドレスを着て全身に赤いワインを真っ赤になるようにこうドボドボと」
 「なんですか、それ?」
 「いや、よく分かんない」

実際には分かってた。
確か、醜い女同士の激突で、法廷で無罪になったあとに、クラブで桃井かおりが弁護士に、赤いワインをドボドボとかけていた気がする。
ただ、その元ネタが分からない。

と言うことで検索。
どうも松本清張の「疑惑」と言う映画の、ラストに近いシーンだった模様。

http://jp.youtube.com/watch?v=HNHSXE4GWXA 疑惑:予告編

↑の動画にはそのシーン出てこないですけど。
「空き缶」「裁判」「ワイン」で検索かかる辺り、流石はgoogle先生。

先生は流石で僕の記憶力も流石かもしれないが、こういう余計な知識がポッと出たところで僕が困るだけなので、何とかならないものか。
と言うか、場面だけ覚えてる映画はこの「疑惑」と「震える舌」くらいなのだが、「紫の鏡」と同じくらい忘れたころに思い出すのは、もう忘れられないほど記憶の奥底に刻まれてしまっているのだろう。

こんなこと覚えてるくらいなら「WELCOME」とかとっさに言わない脳が欲しいのに!

コメント:0 トラックバック:1

2008/12/18(木) 23:57 日常
ネット/かなりいまさらな話題ネット流行語2008
今年の流行語大賞がなんだったかも思い出せないくらい時間が経ったわけですが。いや、あっちは元々興味ないのでニュースを見てないや。
でまあ、いまさら12/1頃の風化した話題を引っ張り出します。

ネット流行語大賞、金賞は福田元首相の「あなたとは違うんです」
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/12/01/21711.html金賞「あなたとは違うんです」
銀賞「~ですね、わかります」
銅賞「ゆっくりしていってね!!!」
4位「毎日変態新聞」
5位「わしが育てた」
6位「いいえ、ケフィアです。」

これを見て「福田辞めたの今年か」と思いました。ただ僕は、金賞は使ったこと無いですね。
反対に、銀と銅はやたらと使いました。銅賞はAA(アスキーアート)込みが基本でしょうか。でっかい顔のあれ。最初に考えた人は天才ですね。
5位は北京五輪の際に、FAX投稿でNHKにイラストが送られてましたね。ああいうのが「リアルな愉快犯」だと思います。

個人的に今年使用頻度が高かったのは「けさい」でしょうか。
ベガルタ仙台が昇格できそうで出来ない順位「4位=けさ位」と言うことで、2chでずいぶんと流行りました。僕もずいぶん使いました。
今年は3位になって入れ替え戦進出で「けさい脱出」と一時期話題になりましたが、結局入れ替え戦で負けたので「上がれそうで上がれないこと」の総称として、今後も使われそうです。

まあこの手のは時期を逃すと寒い書き込みになるんですがね。
その辺の空気を読めるか読めないかは、ネットもリアルもいっしょ。
逆に出所がコア(銀賞の元ネタはアイマスらしい?)でも、一般用語として定着することもあるかもですが、金賞が定着することだけは無いでしょうね。

昨年のネット流行語大賞「アサヒる」ですから。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/17(水) 22:47 プロレス
プロレス/プロレス大賞とノア地上波打ち切りと今週の週プロ
・MVP・武藤が日本最古のベルト獲り宣言=プロレス大賞授賞式
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20081217-00000011-spnavi-fight.html

これとエロイ記事以外、普段何の仕事をしているのか分からない東スポのプロレス大賞が、今年もこんな感じで受賞された。

<2008年度プロレス大賞>
MVP:武藤敬司
ベストバウト:全日本11.3両国 丸藤正道VS近藤修司
最優秀タッグ賞:太陽ケア&鈴木みのる
殊勲賞:佐々木健介
敢闘賞:田中将斗
技能賞:鷹木信悟
新人賞:澤田敦士
功労賞:グレート草津(故人)

昨年の三沢さんのときも思ったけど、今の時代に武藤が受賞するのが果たして良いのかどうか? 確かに武藤としてIWGPを防衛し続けた以外に、ムタとしても三冠を奪取。文句の付けようの無い活躍ぶりで受賞も納得なのだが、この辺りにプロレスの今抱える課題と言うものがあるような気がする。
反面、ベストバウトは納得のメンツとカード。問題なのは、この試合を僕が見てないので語れないことだが。それと鷹木信悟が技能賞に選ばれたのは、ドラゲーがプロレスとして正当評価され始めた傾向なのかなと。
新人賞だけは納得いきませんけども。

・日テレ、09年3月でノア中継打ち切りへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081217-00000011-dal-fight

Yahoo!でも取り扱われてますけど、ノアの地上波が来年3月で打ち切りの方向で検討中。すでに9月末で関西圏の読売テレビでは中継が打ち切られています。
ノア中継打ち切りに関しては、金融不況に伴う日テレ赤字決算のしわ寄せとも言われてますけど、その前段階で読売テレビに中継切られてるので、以前からそういう話があったのかもと邪推。
と言うのも、プロ野球の中継ですらアナウンサー1人に解説2人が基本なのに、ノア(プロレス)中継は前座からメインまでアナウンサーが4人体制。少ないときでも3人。手間かかる割には低視聴率と言うことを言われても仕方が無い状況にある。

現在集客減少に歯止めがかからず、地上波打ち切りで放映権料が入らなくなったら、最悪ノアと言う団体そのものが崩壊するかもしれない非常事態。下手をすると、プロレスと言う40年以上続いた文化そのものが消えるかもしれない。何とかならないものか。

・今週の週プロは選手名鑑

試合の記事はほとんど無く、選手名鑑と今年の出来事中心の構成になっている。
風邪気味なのでパラっとしか見ていないが、DDTがユニット、フリーも含めて見開き2ページ以上の選手層となっており、最多数。ギャラの支払いが大変だろうなと思う。

ところで、メジャーかインディーかの区分で、団体の歴史以外に地上波のあるなしが語られたりするが、大日本は埼玉で放映中。DDTも昨年ユニットだが「マッスル牧場クラシック」を放映していたので、もはやメジャー扱いでもいいんじゃなかろうか。と思っていたところに、DDTのポイズン澤田ジュリー選手のプロフが目に付いた。

「現在活躍するPSJは00年からタイムマシーンで呼び戻されたPSJ」

知らなかった…。
この設定を地上波で扱うには、人類はまだ若すぎると思った。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/15(月) 23:59 ベガルタ仙台
ベガルタ/勝手に罰ゲーム~2008シーズン得点予想~
ベガルタ日記はもう年内書かないつもりだったが、シーズン前の予想も期待も超えた恥をさらしてないのでさらしてみる。
基本フォームはカナクラさんのをコピペ。

ベガルタ仙台2008年総得点予想
選手名:妄想 → 現実
○は当たり。

FW
9 中原 貴之:14点 → 6点
13 中島 裕希:20点 → 6点
14 平瀬 智行:3点 → 11点
15 田中 康平:1点 → 1点 ○
19 鈴木 弾:-

MF
6 宮沢 正史:6点 (直接FKが2本) → 0点
7 千葉 直樹:3点 (内1点は絶対ヘディング) → 1点
8 永井 篤志:2点 → 0点
10 梁 勇基:8点 (直接FKが1本) → 13点
11 関口 訓充:5点 → 6点
20 西山 貴永:4点 → 0点
23 田村 直也:2点 → 2点 ○
24 佐藤 由紀彦:3点 (直接FKが1本) → 2点
25 菅井 直樹:6点 → 4点
26 田ノ上 信也:1点 → 0点
27 富田 晋伍:- ○
28 三澤 純一:- ○
29 金子 慎二:- ○
30 飛弾 暁:- ○

DF
2 木谷 公亮:- → 1点
3 渡辺 広大:3点 → 0点
4 細川 淳矢:- ○
5 一柳 夢吾:- ○
17 磯崎 敬太:1点 (決まるなら顔面ヘディング) → 0点
32 岡山 一成:6点 → 4点

GK
1 萩原 達郎:- ○
16 林 卓人:- ○
21 関 憲太郎:- ○
22 シュナイダー 潤之介:- ○

途中加入
31 斉藤大介 → 1点
33 ナジソン → 3点

総得点:総得点:88点 → 61点

入替戦(カウントせず)
梁:1得点
ナジソン:1得点

・平瀬には正直すまんかった
・梁も二桁は行くと思ってなかった
・と言うか最多得点者がMFってどうなん?
・裕希は動きが良いだけにフィニッシュ精度を猛省すべし
・中原は劇的ゴール多いけど普段の動きを猛省すべし
・広大はシーズン通して使われないと思わなかった
・宮沢、西山がここまで出番ないとも思わなかった
・関口は大体予想通りだけど過去にシャドーの大柴が10点だから物足りない
・直樹ヘッド不発

やはり上位5チームでもっとも得点が低いのが響いた結果に。
多分チャンスメイクだけなら、広島についで多いと思うんだよなぁ。
練習場で見てても、カカシ相手のDF無しでのフリーシュートがガンガン枠から外れるの見ると、もっともっとゴール前の意識を高めて欲しいと思う。

入れ替え第2戦前半での、ナジソンがフリーのシュート宇宙が取りざたされてるけど、練習場を一度でも見に行ったら疑問に思わないよ。あの高さ10mはあろうかというネットを、うちのFW陣は軽々越えて道路にまで蹴りだすんだから。

まあ終わったことだしどうでも良いや。
ベガルタはゴール前での「うまさ」はあるけど「怖さ」はない。他チームから「あいつはフリーにするな」と怖がられるような選手が出てくることを願ってやまない。特に生え抜きにね。
19歳の小僧っ子にチンチンにされたから、年齢は関係ない。もうちょい我の強さを出して強引でもきめる力強さが欲しいな。

とりあえず平瀬さんごめんなさい。
あと、残り全員平瀬に負けるな!

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/13(土) 22:37 ベガルタ仙台
ベガルタ/【入替第2戦】夢ノ終ワリ
入れ替え戦第2戦、特に後半のベガルタの選手の動きは悪かった。
相手にあわせてしまう悪い戦い方で、途中までシュートもほとんどなし。同じようなパスミスを何回も繰り返し、自分たちで状況を悪化させる。

そんな試合を見ながらイライラすると同時に、声を出しながら僕は自分自身にイライラしていた。
思うように声が出ない。コールの声が出せない。
選手には悔いが残らないように全力で戦ってほしい、などと言いながら、自分が声が出てないもどかしさ。
こんなコールでは選手を後押しも出来ないし、魂を預けてくれた人にも申し訳ないし、諸事情から僕らに任せて現場を緊急離脱した人達に顔向けが出来ない。

試合終了直後、ベガルタコールも出来ないままへたり込み、涙も無く遠い目をしていたのは、悔いなくやりきった完全燃焼感、が僕の中で無かったから。
もっと出来たんじゃないかと、腹から声出せたんじゃないかと自問自答していた。
絆のボードを掲げていても、本当に絆はあっただろうか。

ロスタイムの4分だけで昇格出来るほど、J1は甘くはない。
選手は今日の内容で、完全燃焼出来ただろうか…。

草津との最終節から今日まで続いた日々は、かつてのJ1時代を思い起こさせる注目度の高さ、話題性、興奮の日々だった。全国ニュースでベガルタが取り上げられる、サッカー興味ない人との話題に出る。それが気持ちよかった。
長年応援してきた想いが報われるかもしれない。そう思った。

しかし夢の続きを紡ぐことなく、夢は終わった。

自分の中で決めていた通り、来年は年チケ更新もFC更新も無し。
職が決まるまでスタジアムには行きません。

宣言が1年遅い!と友人初志には突っ込まれそうですが、昨年に京都で目の前で昇格がなくなって以来、目の前で昇格を見届けたいと思ってましたが、勝ち点1どころか得点1の差で今年も叶わず。
決めていたことですので。

そんな感じで、今は横浜。
安全運転で帰ります。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/11(木) 23:59 日常
日常/とある単語の脳内記憶(ブックマーク)
きめんは過去に通っていた英語学校(倒産)と実体験から、「10万3000個」の英単語を記憶する持ち主。
しかしそのあまりの記憶力ゆえに、それを狙う輩に襲われることもあったり、もし悪用されれば世界を滅ぼすことになったりするらしい。なのでその英単語の記憶は、謎の機関によって封印されている。

そんなきめんが、仙台駅前で外人さんに声をかけられた。

 「TAXI?」

どうも観光で仙台を訪れた外国人のようで、仙台駅2Fのペデストリアンデッキでタクシー乗り場を探していた様子。
きめんは1Fに乗り場があることを伝えようと、周囲をキョロキョロ。
近い階段を発見して、こう自信満々に発言した。

 「TAXI? DOWN!」

どうも「階段を下に降りろ」と言おうとしたところ、「階段」の英単語が浮かばず、「1階」と言う単語も浮かばず、こう答えてしまった。

?マークを頭に浮かべる外人さん。
僕は続けざまこう言い放った。

 「TAXI? WELCOME!」

英単語が思い浮かばないので、タクシー乗り場まで連れて行こうと思ったきめんだが、「いっしょに行きましょう」or「案内しましょう」と言う単語が思い浮かばなかった様子。
仮に「来い」と伝える場合であっても「WEL」はいらない。

外人さんは僕には付いてこなかった。
タクシー乗り場を聞いていたはずなのに、目の前の日本人に「ようこそ」と突然言われたのだから、困惑してその場から動かないのは当然だ。僕でもそうする。

結果、外人さんには階段を指差して

 「TAXI、DOWN、DOWN」

と伝えたところ、何とか伝わった様子。
横にいた友人には、
 「他に伝える単語はあるだろう」
とあきれられる始末。

いや、この場合重要なのは
 「突然外国の方に話しかけられてもどうどうと会話すること」
が重要であり、例え拙くても相手に伝われば問題なしだ。

と言うことで、今日もきめんの10万3000個の記憶の封印は守られた。
世界は今日も平和。
空はどこまでも青かった。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/10(水) 23:59 ベガルタ仙台
ベガルタ/【入替第1戦】更なる気持ちよさを求めて
スカパー中継、TBC、ベガルタのOHP、2chのベガスレ、NHKと露出してきた中で、唯一残っていたJ'sゴールへの露出に成功。
と言うわけで、真夜中クイズ!
 「きめんを探せ!」
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00075106.html
上記J'sゴールの動画内のどこかに、きめんが出演しています。
制限時間内に探し出した方には、土曜日白星をプレゼント。
では、スタート!

試合始まって5分ほどか。思わず叫んだ。
 「うわぁ!気持ちいいっ!!」
スタジアムがうねるほどのコールの只中にいる喜び。もはや緊張感をとっくに通り過ぎて、J1チームと入れ替えをかけてガチンコ勝負と言うのは、これほど気持ちいいものか。

6年前、地方都市のおのぼりさんなクラブチームがJ1に昇格した直後は、毎回こんな感じだったよなぁ。
初戦でこれだけ気持ちいいのだから、第2戦で昇格を決めたときの気持ちよさは、きっと比較にならないだろう。
セーラー服着た美少女が機関銃をぶっ放して
 「カ・イ・カ・ン」
と呟くよりも、多分気持ちいいだろう。

勝ちきれなかった?
AWAYゴールを許した?
報道が磐田寄り?
パスミス多い?
トラップ下手?
シュートが枠に飛ばない?

いやいや。
いつものことですから。
慣れっこですから。

次回、0-0の引き分けならば負け。
こういう状況も当然慣れっこ。想定内。
今年上がらずしていつ上がる?
行こうぜ、J1。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/09(火) 23:59 ベガルタ仙台
主にベガルタと支援動画/町内一の店と世界一の店
中学生の頃だったか、確か国語の授業でこんな授業を受けた。

町内に2件並んだ八百屋があった。
最初の看板の売り文句は町内一安い店だった。すると隣の店は市内で一番安い店に看板を変えた。今度は元の店は県内で一番安い店に看板を変えた。延々続き、全国で一番安い店、世界で一番安い店にまで発展した。
 「次は宇宙一か?」
と思ったら
 「町内で一番安い店」
の売り文句になった。
町内で一番安いんならとそのお店は繁盛し、隣の店は潰れたとか。

うちの新聞が読売なものだから、もう東京Vさんの監督解任かトヨタカップの記事ばかりなのですよ。
トヨタカップは広告も大きくて、日テレでもバンバン特集やってて凄いわけです。まあ世界一のサッカークラブを決めるし、人気選手も出るしでそりゃ注目度は高いでしょうや。

ただねぇ。今は世界一なんか興味ないんだわ。
確かにすごく有名な選手もいないし、地方都市のいちサッカークラブに過ぎませんよ。
でも、すっごく愛されてるチームなんですよ。
他サポも愛称で読んでくれるくらい、気にかけてくれてますよ。

明日はベガルタ仙台のJ1J2入れ替え戦。
対戦相手はジュビロ磐田。日本代表を有し、過去に優勝もしている名門クラブですよ。
そんなチームとの入れ替え戦が地元で行われる。
最高じゃないですか。
世界一なんて知りませんよ。僕らにとっては地元のこの試合のほうが大事なんです。

今は雨が降っていますが、明日の試合頃には止むのだとか。
願わくば、最高のコンディションで、最高のスタジアムで、最高のプレーを、最高の仲間たちと、最高に喜び合いたい。


と言うわけで、ちょこっとベガルタ仙台支援動画をニコニコから引っ張ってきた。

明日に向けてテンションあげたい人向けに貼ってみました。

今シーズンを彩った数々のドラマがあったように、明日もステキな試合が見られますように。
勝ちます。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/07(日) 23:59 ベガルタ仙台
ベガルタ/【第45節】未知と既知
くしくも、数日前に書いた日記の過去日記からの引用。

> 引き分けじゃダメなんだ。勝たないとダメなんだ。

03年は負けなかったが降格し、05年も負けなかったが入れ替え戦を逃した。
 「絶対に負けられない戦い」
ではなく
 「絶対に勝つ戦い」
これが必要だった。

選手の勝ちたい気持ちはイヤと言うほど伝わってきた。
僕もよそは関係ないと、一切携帯もいじらず目の前の試合に集中した。
敬太のシュートはクロスバーに2度嫌われ、斉藤さんのドリブルシュートは左に外れ、裕希はあと半歩クロスに届かず、関口はヘッドと切り込んでのシュートで2度決定機を外した。

 「あーっ! ぶ厚いこの壁っ!」

思わず試合中に叫んだ。
どれだけベガルタをJ1に行かせたくないのか。目に見えない魔物にゴールを守られてる気分。
ただ仙台も、草津の決定的な場面を必死のセーブや、相手のシュートミスに助けられる。目に見えない魔物は仙台のゴールも守っている。

引き分けでもダメなこの試合を、ついに関口がこじ開ける。
今までの過去の大事な試合で、03年も05年も昨年の京都で昇格が無くなった試合でも、どうしても取れなかった先制点がついに手に入る。

結果としてこれが決勝点となり、仙台は入れ替え戦への切符を手に入れた。
過去の試合同様にもしこの試合が引き分けだったら、4位のC大阪に勝ち点1差で逆転され、またしても4位に終わるところだった。
今年の仙台は、自力で勝って3位を決めた。その意味はとてつもなく大きい。

J2の4位も5位も知ってる。それは既知の経験だ。だが、J1との入れ替え戦は全く未知の経験。過去に味わったことのない楽しみと喜びと恐怖が待っている。

試合後のピッチの選手の顔が、笑顔ではなく引き締まっていたところに、「まだ何も決まっていない」と言う緊張感を感じた。
入れ替え戦は他サポも注目する、いわば「お祭り」的な試合だ。
だがピッチにいた選手同様、サポも「何も決まっていない」と思っている。

残り2戦、全ての力を結集して勝つ。

ところで。
いっしょに並んでいた人たちとNHKデビューを果たしたわけですが。

ire11.jpg
ire21.jpg
ire3.jpg

それを見ていた友人のお父さんが
 「きめんくんはベガルタに入れ込みすぎて大丈夫なのか?」
と心配していたとメールが入った。
ごめんなさい、ごめんなさい。
定職にも付かずこんな大人でごめんなさい。
あと2試合だけ見逃してください。

明日のてれまさむねは危険だな。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/05(金) 20:09 ベガルタ仙台
ベガルタ/きめん日記で過去の最終節を振り返る(長文)
2003/11/30 Sun  リベンジ
~一部抜粋~

西公園には雨にもかかわらず大勢のサポーターがいた。雨も気にせず、大声を張り上げて応援している。試合は前半に1点をリードされる苦しい展開。しかし後半1点をあげて同点に追いつくベガルタ。しかし、そのままタイムアップ。
ベガルタは今年、大分に1勝1分けと負けのないまま、J2に降格することとなった。

受け入れなければならない現実。目の前にはベガルタのJ2降格を伝えるテレビ映像と、崩れ落ちるサポーター。テレビカメラや記者達は、そんな光景を残酷にも捉えつづけた。僕も思いのたけを共同通信者の記者の方にぶつけた。

「悔しい! でも絶対にJ1に戻ってくる!」

いろいろな人々の思いが入り組んだ、03年のJリーグも全ての公式戦を終えた。一夜明けて入ってくるのは辛い情報ばかり。エース岩本の移籍発言、主力メンバーの解雇。
そして、友人からの「DVD買いに行くよ」のメール。
後悔はしていない。が、しかし・・・。

2004年11月28日 (日) ベガルタ仙台の名前が戻ることの無いまま
~一部抜粋~

「あ、昇格も降格も無いんだ、この試合」

僕がスタジアムに足を運ぶようになった1999年以降、仙台は強くなり、J1に昇格することも出来た。考えてみれば、2001年最終戦は昇格のかかった大事な試合で、2002~2003年は、J1残留をかけた悲鳴の出るような状況での観戦だった。だから、この11月と言う時期にサッカーを見ていて、とりわけ興奮することも無くシーズン終了を迎えるのは、実に2000年以来4年ぶりなのだ。

そう考えると、その違和感も納得がいく。

結局その日の試合は、1-1の引き分けで終了。
今シーズンの仙台は、15勝14引分15敗の6位で終了した。得失点差は-4のまま。結局、白星こそ五分に戻したものの、初戦で0-4で負けた分を取り返すことは出来なかった。

旧日記で3月から続いた長期連載、
『ベガルタ仙台、ベガルタ仙台への道』
は、「得失点差の分だけベガルタの名前を削る!」と言って始まった、画期的な(パクリ)企画だったが、結局名前はもとに戻らぬまま。本当の名前に4画足りない『ペガノフ仙台』でシーズン終了しました。初戦って、大事なのね。

2005年12月 3日 (土) J2/ベガルタ魂の戦い
~一部抜粋~

いい試合だった。
とてもいい試合だった。
気迫、闘志、そして魂のこもった、素晴らしい戦いだった。

だが、試合後の光景は2年前。
大分ビッグアイでの降格劇のリフレインだった。

あの日も今日も、スコアは1-1。
ベガルタ仙台イレブンは、今年も負けなかった。
だが、勝つことも出来なかった。

引き分けじゃダメなんだ。勝たないとダメなんだ。

甲府さんとは、43、44節と同じ対戦相手。共にJ1昇格を決めた、京都さんと福岡さん。
カード編成上の、有利不利は全くない。

そんな状況の中。
前節、甲府さんを破った相手にベガルタは引き分け、
前節、ベガルタを破った相手に甲府さんは勝った。

~2005年外伝~
2005年12月11日 (日) 聖闘士仙台~J2ハーデス編~
~一部抜粋~

J2を統括する王、ハーデスを倒しJ1復帰を狙う、ヴィッセル座の神戸、ヴェルディ座の東京、レイソル座の柏の3人の聖闘士たち。

しかし、彼らの行き先に、大いなる強敵が立ちふさがった。それは、
「J2三巨頭(注1)」
と呼ばれる者の1人、「ベガルタ星の仙台」だった。
「ば、バカな。やつがJ2三巨頭の一人と言われる仙台か。
 だが、アイツがいかにJ2最強(注2)とは言え、J1降格組の俺たちが束になってかかっても歯がたたんとは…。
 信じられん!」

なおも強烈なシュートをはなっていく、東京。しかし、仙台の前ではそんなシュート効きはしない。
楽々と受け止め、東京に言い聞かせる。

「何度やれば分かる。そんなシュート、蚊が刺したほどにも感じぬわ。
 教えておいてやる。ここにはJ2の聖なる結界がひかれている。
 ゆえにJ2に降格したチームはその結界に触れ、チームの力を大量に失ってしまうのだ」
「いわば貴様らは、J1時代の十分の一の実力も出せなくなっているのだ!!」
「がはあっ!!」

大きき弾かれ、壁に叩きつけられる東京。その実力差は歴然だ。
東京を見下し、仙台は言う。

「だが勘違いするなよ。貴様らが実力を100%発揮できても、この仙台様には叶わないのだからな」

そして仙台は、ヨレヨレになった東京をJ2の底へと投げ捨てた。

「と、東京!!」

神戸と柏の叫び声が空しく響く中、東京は底の見えないJ2の穴へと無残に投げ捨てられた。
仙台の猛攻は止まらない。

「生き残りのJ1降格組もこれで全滅だ! はなっから入替戦など任せておけば良かったものを!
 ハーッハッハッハ!!」

注1:J2三巨頭 ベガルタ星の仙台、コンサドーレ星の札幌、ベルマーレ星の湘南の3人
注2:J2最強 1位と2位が自動で、3位が入替戦を制してJ1に上がったので、4位の仙台がJ2最強

2006年12月 3日 (日) 12時10分 ベガルタ/今年もたくさんありがとう
~一部抜粋~

高桑選手、ベガルタ史上最高のキーパーでした。
20年後くらいに 「歴代ベガルタベストイレブン」 とかやったら、多分エントリーは高桑選手だろう、と言うくらい。
ありがとう。

同い年でありながら、気迫溢れるプレーと叱咤でチームを引っ張ってくれました、大柴選手。
この人がいなければ、ベガルタは戦う集団ではありえなかったかも。
ありがとう。

村上キャプテン。シーズン中は、サポ席からザワザワ感を出してしまい、すいませんでした。
この日のFK時の村上コールで、涙を堪えるのが必死でした。
昨年、横浜FC戦での地を這う無回転ゴール、最終戦福岡での同点FKは忘れません。
ありがとう。

写真撮ってないけど、こんなゴタゴタの多いチームに在籍してくれた、村松選手もありがとう。

こんな日本の地方都市で手腕を振るってくれて、チームとサポーターと仙台と泉を愛してくれたサンタナ監督。
手のひらをすぐ返すフロントで申し訳ない。僕個人は、来年もサンタナサッカーを見たかった。
あなたの涙は、絶対に忘れません。
ありがとう。

2007/11/26(月) 05:01 ベガルタ/吐露 ← 最終節の日記はなかった
~一部抜粋~

あの西京極で、
ロスタイムに、
元・ベガルタ仙台の選手に、
決められて負けた。

この時点で、今年のベガルタ仙台のJ1昇格は無くなった。

でもコールした。
 「ベガルタ仙台!」
と。
素晴らしい昇格争いを見せてくれたと。
楽しませてくれたと。
感謝の気持ちを込めて。

その気持ちにウソは無い。

でもさ、やっぱり悔しいんだ。
どんなに頑張っても、
どれだけ努力しても、
届かないことが、世の中にはあるから。
それを、これ以上無いくらいに、実感させられたから。

京都から10時間かけて仙台に戻り、
同情したお友達を送り届け、
車に1人になったときに、
京都の会場からずっと言えなかったことを、車内で大声で叫んだ。

 「ちっっくしょおおぉぉぉーーーーーーーーーーーっっ!!!!」

喉は痛くなったけど、
心は痛くなくなった。

2008年12月5日(金)

んで今年に戻るわけですが。
本当に毎年この時期にいろいろあるね。よくもまあこれほどと言うくらい。さすがは日本一のネタクラブ。

毎年、気持ち的に落ち込んで落ち込んで。それでも最終節に勝てば入れ替え戦自力進出までは来た。今年は来た。
勝てるかどうかは明日やってみないとわからない。
わからないけれども。
僕みたいな小さな一個人にだって、これだけの想いの積み重ねがあるんだから、チームに関わった全体で見れば相当な量になるだろう。

明日、勝ちたいねぇ。
勝ちたい。
勝つよ。

明日へのテンションアゲ動画
2008 J2第31節 仙台vs山形 カントリーロード みちのくダービー


組曲『ベガベガ動画』

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/04(木) 23:59 日常
日常/あるいはだらっとした日々(ときメモ風)
いまさらですが12月ですね。師走ですね。
4日になってから書く話ではないですし、なによりこの日記書いてる間に5日になるでしょうし、どうせ日記書くんだったら、もう誰も話題にすることもなくなった
 「1、2、3でプレイステーション発売日」
の12月3日にでも日記を書くべきでしたか。

今年を振り返ると言うテーマで日記を書くには、まだ時期が早いですし、何より職も決まってませんし、週末にはベガルタの大一番が迫ってますし、まだ早いですね。
ただまあ、現時点で言えることを
 「ときめきメモリアル」
風に言うとこんな感じでしょうか。

tma.jpg

思えば、
寝てばかりいたような
気がするなぁ。

もしくは

tmb.jpg

思えば、
モンハンばかり遊んでいた
気がするなぁ。

そんな感じ。
きめんの内部にあるアイコンのね「寝る」か「遊び」のコマンドしか押してない、みたいなね。
朝日奈さんにぶつかられてばかりかよ!
みたいな感じ。2008年にときメモネタって。

ちなみに朝比奈さんだと、未来から来た美少女の「みくる」さんか、「今日カレー食ったヤツ」って怪獣退治に行かせる隊長になるので気をつけて。

素材。ご自由にお使い下さい。
tm.jpg

あ、この日記の1枚の画像のために、3年生1月のデータをわざわざ読み込んで、メグでクリアしました。
無駄ばかり。

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/01(月) 14:16 ベガルタ仙台
ベガルタ/【第44節】バカになれ
NG騎士ラムネ&40後期OP「めざせ!一番!」

♪ 見たこともない神様(魔物)なんて 当てにしてたらおしまいさ
  絶対絶対信じろ自分を 真っ赤に真っ赤に燃えるんだ
  ガッチリガッチリ賢くなるより 熱い熱い大きなバカになれ
  どんなにどんなに(他サポにけさいと)笑われたって ガッツでガッツで負けないぜ
  頑張れ頑張れ追い越せ飛び出せ 絶対絶対(J)1番なってやる

あと1勝で3位確定の状況下で、鳥栖さんに 4-1 でこれ以上ないほどの超完敗を喫して、項垂れつつ酒を飲みながらの雑談中。
もうあとは開き直るしかない。バカになればいい、と言う話が出てきた。
なので、今年の流行語を引用して、背番号に3の付く選手と3の倍数の選手に最終戦は昇格とか考えずバカになって活躍してもらい、目の前の勝利を目指していただきたい。

3:広大、6:宮沢、9:中原、13:裕希、15:康平、21:関くん、23:田村、24:由紀彦、27富田、30:飛弾、31:斉藤さん、32:岡山、33ナジソン。

なんか、どう考えても出番のない選手もいるが、鳥栖戦に出場していないがキーマンとなりそうな選手も多い。
先のことは考えず、草津戦に全力を注ぐバカになっていただきたい。

そして背番号12番のサポーター。
もうこんな状況はほぼ毎年だし、最後の最後で失速なんて予測済み、折込済みのはず。これまで何度直前で、心を折られてきたか。
声出す人も、見守る人も、テレビ観戦の人も、情報遮断の人も、みんなみんなバカになれ。

過去の最終戦、または最終直前の試合は、2001年の昇格決定も、03年の降格も、05年の算数出来なかったのも、07年の入れ替え戦が消滅したのも、全部AWAYだった。
HOMEの最終戦で何かが決まるのは初めて。
入れ替え戦の事なんか知らない。決まってから考えればいい。
最終戦をバカになって、バカみたいに声出して、バカみたいに酒のんで、バカみたいに楽しめればいい。

お通夜みたいなセレモニーはもう見たくない。
バカになって最終戦勝つ。

コメント:0 トラックバック:0