きめんスーパーアリーナ
『きめんスーパーアリーナ』は、全天候型屋内競技場及びイベントホールです。20110701よりココログに再移行。http://kmnparty.way-nifty.com/manga/
2009/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2009/07


2009/06/30(火) 22:31 未分類
雑談/たんとかうんたんとか言ってんじゃねーぞ
今日のお仕事は雨天中止。
6月のお仕事は4日も雨天中止で、時給の僕は来月干からびるの確定。

とりあえず朝食でも食べようと「半田屋」で遅い朝食。
メニューは、天そばと白身魚フライとナポリタン。ダイエット中にしてはちと食いすぎた。

で。

ナポリタン食べててふと思い出したけど、昔「びんちょうタン」って萌えキャラがはやったなぁ。
語尾に「たん」が付いてるだけなのに、それを擬人化して売り出す辺り、日本の文化は凄いね! 世界200ヶ国の追随を許さないよ!
なので、「ナポリたん」とかってやっぱりあるのかなと思ってググって見た。

キーワード「ナポリたん」で画像検索。
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&lr=&rlz=1T4GGLG_jaJP311JP311&um=1&sa=1&q=%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%81%9F%E3%82%93&aq=f&oq=

あー、結構あるなぁ。
普通の食い物から、いかにもな画像まで。

ついでに、食い物関連でいろいろ「たん」で検索してみた。

牛タン
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&lr=&rlz=1T4GGLG_jaJP311JP311&um=1&sa=1&q=%E7%89%9B%E3%82%BF%E3%83%B3&aq=f&oq=
牛タンタンの歌が有名だね。「牛たん」だと食い物ばかり。

グラたん
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&lr=&rlz=1T4GGLG_jaJP311JP311&um=1&sa=1&q=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%81%9F%E3%82%93&aq=f&oq=
グラビモスとかグランパをグラたんって言うなぁ!

ワンたん
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%81%9F%E3%82%93&hl=ja&lr=&rlz=1T4GGLG_jaJP311JP311&um=1&sa=2
ちょいと考えれば分かるが犬ばかり。その中にチャイナワンたん娘発見。

つか、基本発想は「ドラゴンボール」の命名と大差無いことに気づいた。
萌えるか、格闘するかの違いだけだな。

そうか?
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/29(月) 22:50 日常
日常/昨日見た夢の話
普段夢を見ない上に、見てもさっぱり覚えていない僕が、珍しく覚えていた夕べ見た夢のお話。

僕はトラックに乗って現場に向かっている。緊急の仕事のようだ。
現場近くに到着すると、今の職場の上司から、
 「きめんくん、もうちょっと先で待機していて」
と言われる。
言われる通り先に行くと、そこは横浜ベイブリッジか瀬戸大橋か分からないが、とんでもなく橋桁の高い橋の上。停車位置の真下は海。周囲に陸地は見えない、とんでもなく海の真上。

高所恐怖症の僕が
 「なんでこんなところで待機しなければならないんだ?」
と思っていると、上空から聞こえる爆音。
見上げると、数台の飛行機がなにか巨大な物体をぶら下げて飛んできている。
近づいてきて分かったが、飛行機は「ビートル」だ。科学特捜隊(SSSP)の誇る最新鋭戦闘機だ。
 「なんでビートルがこんなところに?」
と思ったが、その疑問はすぐにかき消された。
数台のビートルがワイヤーで釣って運んでいるのは、巨大怪獣の「ゴモラ」だった。

古代怪獣ゴモラはウルトラマンに登場し、大阪のシンボル大阪城をバッキバキに破壊した怪獣。確か原作では、万博か何かに生きたまま出展するため、麻酔を打ち込み輸送していたところ、麻酔が切れて暴れだしたと記憶している。
そして、夢の中でも原作通りに麻酔が切れて、ゴモラが暴れだす。ゴモラのパワーにワイヤーが耐え切れず切断、ゴモラが僕のすぐそばに落下してきた。

なぜか都合よく、橋の真ん中が四角く穴が空いていて、ゴモラはそこに落ちてきてすっぽりとはまる。暴れ始め、もがくゴモラ。
つか、何のためにゴモラを輸送していたのか? そして一体うちの上司は、僕を派遣して何の仕事をさせようとしていたのか?

そんなことを考えていると、ゴモラの視線が僕を捕らえる。僕に襲い掛かろうとするゴモラ。しかし穴にはまって身動きが取れない。ゴモラに飛び道具はないから、今の状況を利用して脱出しよう。
そう思っていると、ゴモラが火を吐いた!
ちょっ、ゴモラは火を吐かないだろよ! 考えるよりも先に、横っ飛びで火の玉を避けるきめん。大炎上する橋の上。

とりあえず火を避けて橋の下に階段で降りると、ありがちな行き止まり。下は数十メートルの高さの海。うわぁ、逃げ場ねーよ。どうすっかなぁ。
と考えていたら、再びゴモラと目が合った。
ありゃー、どうしましょ。

と言うところで目が覚めた。
時刻は夜中の3時。
寝汗がとにかく酷かった。

誰か夢占い出来る人、占ってください。
最近ウルトラマンもゴモラもみてないっつーの。

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/28(日) 23:18 アニメ
テレビ/メモ:宮城の7月からのアニメ(暫定版)
「戦国BASARA」が終わり、「けいおん!」は来週最終回。「ハルヒ」は続くけれども、個人的な「スーパーアニメタイム」が終わって寂しい。
と思ったので、7月からの宮城で見られる新作アニメをまとめてみた。

参照サイト:GIGAZIN「2009年夏期放送開始の新作アニメ一覧」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090605_anime_2009summer/

~宮城でやらない~

・ヴァイス・サヴァイヴ(TBS)
・うみねこのく頃に(チバテレビ系)
・青い花(フジテレビ)
・NEEDLESS(TOKYO MX系)
・大正野球娘(TBS系)
・化物語(TOKYO MX系)
・CANAAN(カナン)(TOKYO MX系)
・【懺・】さよなら絶望先生(TOKYO MX系)
・くるねこ(関西テレビ)
・プリンセスラバー!(チバテレビ系)
・かなめも(テレビ東京系)
・GA 芸術科アートデザインクラス(tvk系)
・宙のまにまに(TOKYO MX系)
・狼と香辛料II(TOKYO MX系)
・東京マグニチュード8.0(フジテレビ系)

~宮城でやる~

・川の光(NHK総合。多分やる)
・うっかりペネロペ 第2シリーズ(NHK教育。多分やる)
・エレメントハンター(NHK教育。多分やる)
・うみものがたり~あなたがいてくれたコト~(TBC:7/2(木) 25:34~(初回は26:34~))
http://www.sea-story.tv/
パチンコ「海物語」のキャラが登場するアニメ。すいません、僕はエヴァ専門なので。

宮城の新作、すくなっ!
4月の日記では、宮城も地上波で13作の新作がありましたが、今回は少ないですなぁ。
ん~、「けいおん!」の後番組に「GA」が来るかと思ったんだけど、「うみものがたり」だったと言う。じゃあなんで「戦国BASARA」の後に番宣するかね?
「うみねこ」は「ひぐらし」やってなかったしやらないと思ってたし、「絶望先生」も1期、2期ともやってないからやらないと思ってたけど、密かに本命だった「大正野球娘」も無し。

「ハルヒ」と「ハガレン」で秋までつなぎますか。
「ドラゴンボール改」は一度も見てないしな。

HDDレコの容量を気にしなくて良いのは良い。
AT-X? 何それ?

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/27(土) 23:59 ベガルタ仙台
ベガルタ/【第24節】「ベガルタ仙台大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!」は都合により延期となりました
本日で辛く険しかった利府の宮スタでの戦いを終えて、来月からは泉のユアスタに戻るので、多分札幌戦は宮スタ最後を締めくくる勝利で飾って、来週のC大阪戦に挑んでくれるでしょう。

と思って、今日の日記タイトルは「機動武闘伝Gガンダム」風なタイトルを早い段階から考えていたのですが、1-1の引き分けだったので延期となりました。
ご了承下さい。

あれだけ暑い中でハードワークは不可能なんだから、4試合連続で失点してはこの結果も致し方なし。
札幌の選手のゴールはちょうど正面から見てたけど、無回転なのか、最初向かって左に曲がって、その後右に曲がってサイドネットに突き刺さった。林が一瞬左に身体を寄せたのはそのせい。ありゃ取れんわ。
仙台の選手は、自分たちが決められないところからのシュートは比較的打たせてしまうので、早めにチェックに行かないと来週も苦しそうだねぇ。

苦しいと言えば宮スタ。
今日は31℃と言う炎天下の中、声を張り上げて応援したサポには感服の限り。僕は招待券で自由南の日陰でまったりでしたが、それでも暑いと文句を言っていたので、本当に頭が下がります。

あと、3月に開幕し、3月の平日ナイターでの雪の試合や、先週の霧雨での試合など、11回の開催全て見に行った人とか本当に凄い。僕は3回しか行ってないけど、それでも宮スタまで行くのめんどかったからね。
その苦労が来月からのユアスタ開催で、報われますように。

とりあえず、これまで過去に勝ちが無かった宮スタを、6勝3分2敗で乗り越え、今日現在暫定2位で「リアルホーム」に戻れるのは良いことかと。
あの劇場型スタジアムで、連戦連勝する姿が今から待ち遠しい。
でも意外と選手には、
 「ユアスタは屋根で音が反響して試合中に指示が聞こえない。宮スタのほうが声が聞こえてよかった」
とか言われてたりしてね。

そんなことは無いか。

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/25(木) 22:26 日常
絵/トムとジェリー
毎週木曜日好例の「うろおぼ絵」シリーズ。
今日のお題は、
 「トムとジェリー」
です。

アメリカ発のアニメでありながら、日本国民はほぼ全員が見たことがあるんではないかと言うほど有名な、仲良くケンカする猫と鼠のコメディアニメ。
基本的に三部構成で、一部と三部がトムとジェリー、二部は「どうもぅ」とかったるそうに言う犬が巨大なペンキで絵を描いて始まる番外編? よく分かりませんがそんな感じ。

ちなみに僕は
 「仲がいいならケンカするな!」
と思うタイプなので、トムとジェリーはケンカするバージョンよりも、2人(2匹)が仲の良いバージョンのほうが好きです。宮城だと月~金の帯で金曜だけ仲が良かった記憶が。

さて前置きはこれくらいにしまして、とっとと見ていただきましょう。
トムとジェリーです。

どん!

tomjely.jpg

ここ2週くらい調子良かったんだけどね。
これは…。全然違うわ。
まず、トムさんはどう見ても狼だね。青い狼。
色合いはこんな感じだったと思う。ポイントは、

・大きい耳
・基本は青でおなかが白い
・尻尾の先はギザギザで白い
・猫背。猫だけに

と、押さえているはずなんだけど、全くの別物になってしまった。ポーズも意味不明。

そしてジェリー。とすら呼べない何か。
どちらかと言うと、幕張辺りに生息していそうな顔立ちのジェリーと言う名の鼠。こちらのポイントは

・大きい耳
・基本は茶色でおなかは白い
・尻尾は丸まってる

なんだけど、黒く塗ったのが失敗だったな。全く違う何か(鼠とも呼べない)ものになってしまった。

今回はさすがに分が悪いか?
さぁ、勝負!

ザ・ライバル
テイム画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1206578743&owner_id=727383
おねいちん画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1207267540&owner_id=77958
ヲズマ画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1207249993&owner_id=86554
白玉画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1207288062&owner_id=501392
ファン画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1207164607&owner_id=2409168
アンジー画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1207156262&owner_id=5227658

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/24(水) 23:44 日常
グルメ/前方の白い悪魔
先週「白いたいやき」の話をしたのですが。
http://kmnparty.blog86.fc2.com/blog-entry-573.html
並ばずに買える様になったら買いに行こうと思って、からあげくんを食べて帰ったのは既報の通り。

今日の会社帰りに、寂れた商店街(失礼)を走りながら行列を探していたところ、店すら見付けられずに通り過ぎてしまった模様。
 「?」
と思い少し戻ると、先週はあれだけ行列が進まない状況のお店でしたが、早くも誰も並んでいませんでした。

大丈夫かよ!

まあ、人がいなくて並ばずに買えるのは、行列嫌いの僕にとってはありがたいことなので、早速店内へ。
黒あん、白あん、クリーム、チョコ、抹茶の5種類から選べるのだが、まず何がうまいのかを確認するために、試食品を頂く。

黒あん、うまい。
クリーム、うまい。
チョコ、うまい。

試食品をずっと食べていたら、お客さんが並び始めたので、黒あん、クリーム、チョコを購入して帰宅。
どんな食い物なのか分からなかったけど、白い外側の部分がもちもちしていて弾力があり、そのくせ力をいれずに噛み切れるので、食感は良い。
中身はどれも美味しかったけど、黒あんなら「たいやき」と言う感じがするけど、クリームやチョコだと新ジャンルの食べ物だね。「たいやき」と「たいやき亜種」くらい、属性が違う感じ。

店主はおじさんじゃないので、喧嘩して海に飛び込むこともないんじゃないかな。
狭い中、5人も働いてて大変そうだったけど。

業務連絡:
明日は「うろおぼ絵デー」です。
今回のお題は「トムとジェリー」です。参加希望者はふるってご参加下さい。つか、いつまで続くんだ、この共同企画?

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/22(月) 23:10 プロレス
プロレス/ノア6.22後楽園プロレスは生きている
つい先日まで、頻繁に思っていたことなのだが。

もしもジャンボ鶴田さんがまだ生きておられたならば。
ジョーさんに代わって、新・GHC管理委員長をご紹介しますってアナウンスが流れて、満員の武道館の会場に「Jのテーマ」が流れて鶴田さんが入場してきたら、ものすごく嬉しくて盛り上がったと思うんだよなぁ。

だから、三沢さんにはそうなって欲しかった。
つまるところ、長生きしてノアと言う団体をずっと見守っていてほしかった。

もうそれは叶わなくなっちゃったんだよね。
未だに実感がないけど。

今日はノアの最終戦、6.22後楽園ホール大会をG+で生中継で見ていました。
友人が会場で生観戦と言うこともあって、メールやり取りしながら見てたけど、しっかりとした
 「プロレス」
がそこにはあった。
パートナーの裏切り、若手の奮闘、ベテランの味のある動き、メインの迫力ある戦い。試合を見ていて、グイグイと引き込まれた。

プロレスは死んでない。
プロレスはしっかりと生きている。

そのことが実感できて、ものすごく嬉しかった。
そしてメインイベント終了後、リングに緑のライトが照らされ、「スパルタンX2009」が流れて、大「三沢」コールと、たくさんの紙テープが投げ込まれても、誰も入ってこない、誰も立っていないリング上を見て、本当に三沢さんがいなくなったのだと実感した。

先週の今頃はプロレス見るのやめようかと思ったけど、ノアは全日本から分かれた2000年当時に僕が、
 「ノアが潰れたり分裂したらプロレス見るのやめる」
と心に誓った団体。

ノアが年内生きられるか、来年どうなるのかは過去のプロレス団体の末路を見てると分からないけど、少なくとも2009.6.22と言う今日は、プロレスはしっかりと生きていて、僕に元気を与えてくれた。

それは確かな事実だった。

追記:
7.4の三沢さんのお別れの会に参加するか検討中。
7.5のみちプロ仙台大会を観戦するかも検討中。

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/21(日) 22:44 日常
日常/HDDレコの容量が危ない
みんなに聞いてみたいんだ!

ビデオからHDDレコーダーに移行して、早5年くらい?
当時としては結構新めの、容量も140GBくらいあるのを買ったのですが、もうね、容量が危ない。

今朝の段階で、LP画質での残りの容量が9時間。
たった9時間しか取れない。そりゃあ、いかんでしょう。

週にベガルタが1試合で2時間半、2試合なら5時間。
プロレス中継は1興行で2時間~3時間。
バラエティは、リンカーン、シルシルミシル、アメトーーク、タモリ倶楽部、ケータイ大喜利、松本の○○な話は欠かせない。
アニメは地上波で戦国BASARA、ハルヒ、けいおん!、特撮でディケイド。AT-Xで咲-saki-、ひぐらし。

これら以外に突発の特番とかも録画しますからね。そりゃあ、容量も足りなくなりますわ。
一応、見ないであろう番組は消していくんだけど、貧乏性と「いつか見るかも」と言う思いと「何かに使えるかも」と言う謎の思いがあって、居座り続けてる番組も多数。

あと、自分で撮影した動画もまとめて入っていたり、そういうのも見ないし邪魔だけど残っていたりする。
キャロットオフの動画とか、「真夜中のゲーム大会」の動画とか、スキーの動画とか、登山の動画とか。

DVDに焼いても見ないような気もするんだけど、消すと見たくなる気もするし、なんとも微妙。
DVDに焼きたくても、約4時間と言う容量がネックで焼けない映像もあるんだよね。
昨年の磐田との入れ替え戦のスカパーなんて、5時間中継だったから焼きたくても焼けないし、新日ドーム大会も4時間興行なんてザラだから焼けない。今年1月のドーム大会も焼けないから消しちゃったよ。三沢さんの新日との最後の対抗戦になるなんて、思ってないもの!

で、1行目の話に戻るんだけど。
HDDレコーダー使ってる人たちは、どうしてます?
消してますか? それとも残しますか? 焼きますか?
パソコンと違って容量増やせないからね。
かと言って、ブルーレイにする予算はないしさ。

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/20(土) 09:51 日常
グルメ/白い悪魔と赤い彗星
金曜日の仕事を終え、颯爽と原チャリを飛ばしていると、なんだか寂れた商店街(失礼)には似つかわしくない行列を発見。
 「なんだろう?」
と思いながら通り過ぎようとしたところ、開店記念の花束の中に、大変興味深い名前を発見したので急遽立ち寄ることにした。

 「白いたいやき 尾長屋」

と書かれたそこは、最近何かしらで見かけたことのある、白いタイヤキのお店。
どうもこの日が開店日だったらしく、とんでもない行列になっていた。

tai1.jpg

普段ならこういう行列には並ばないのだが、花束の中に

tai2.jpg

佐々木健介選手の名前を見かけたからには、並ぶでしょうそりゃ。
現在もノアのツアー中の佐々木選手ですが、週プロ情報で「尾長屋 健介越谷店」と言うのをオープンしたのは知っていた。
多分系列店舗にお花を送っているのでしょう。あんなことがあって失意の中とは思いますが、ありがたいことです。

さて、行列に並ぶこと15分。
注文を取りに来る店員さんも、5人単位くらいで戻ってしまうのか、なかなか僕のところまではたどり着かない。
何より、15分経っても1歩も進まない、大混雑だ。
そうこうしているうちに、僕の後ろの行列も延びてきた。

現在の生活は、朝はりんご、昼はカロリーメイトという食生活で小腹の空いていた僕は、行列を抜けて近所のローソンに移動。
からあげくんレッドを食って帰ったよ。
からあげくん、うめぇ!

僕は白いたいやきは食べられなかったので、興味のある方はどうぞ。
なんか、免許センター前以外に、国分町と黒松にも出来るらしいよ。


大きな地図で見る


コメント:0 トラックバック:0

2009/06/18(木) 21:36 マンガ
絵/エドモンド本田(ストリートファイターIIシリーズ)
本日6.18は三沢さんの誕生日なので、僕の中の三沢さんの思い出について語ろうと思ったけど、とても語りつくせるものではないし、今度の追悼番組や、6.22後楽園、来月のお別れの会でまた辛くて悲しくて号泣すると思うからね。
でも、泣きながら映像見て酒呑んでも、前には進めないから。

今日を精一杯生きるため、今を思いっきり笑うために、あえて僕は絵を描くのさ。
僕の絵がそんなに笑えるというのかぁーっ!!

本日のお題は「エドモンド本田」さんです。
ストリートファイターシリーズで有名ですね。こんなやつが路上で襲撃してきたら、怖くてたまらないと思いますけど。
お相撲さんをベースにしたキャラなのに、プロレスラーのザンギエフさんを圧倒する戦闘能力は、当時プロレスファンだった僕は、
 「プロレスラーがお相撲さんより弱いというのかぁ!」
と思ったものでした。

僕のその不満は、「グラップラー刃牙」地下トーナメント編の「猪狩vs金竜山」の戦いにて、溜飲を下げるのですが。
いや、それはウソだ。

さて、前置きが長くなりましたが、エドモンド本田さんです。
どうぞ。



これはいい線いってるでしょ?
誰が見ても「エドモンド本田」って答えるよ。100人に1人くらいは「本田多聞」って答えるかもしれないけど。
顔と口がちょっとばかり「植田まさし先生」が入ってるような気がするのは気のせいだ。

今回のポイント
・大銀杏
・顔の赤い隈取
・青のストライプの腰巻

使ったことほとんど無いキャラだけど、散々見てるからポイントは覚えてるよね。この顔が春麗に「フンフンッ!」ってしてたのをよく覚えてるよ。

ちなみにこのポーズは、↓ため↑Pの名前なんだっけ? スーパー体当たり? なんかそんな技のポーズ。
みんな描きそうも無い構図にして見ました。
かぶったら最悪。

さぁ、勝負!

ザ・ライバル
テイム画伯: http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1200265990&owner_id=727383
おねいちん画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1200553091&owner_id=77958
ヲズマ画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1200552914&owner_id=86554
ファン画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1200470559&owner_id=2409168
アンジー画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1200644174&owner_id=5227658

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/17(水) 23:45 プロレス
プロレス/今週の週プロにバックドロップの画像
三沢さんが亡くなった際に最後に喰らった技、バックドロップの連続画像が週プロに上がっていました。
僕は上げるつもり無かったのですが、カクトウログさんで独自の検証をされていたのにあわせて、週プロの画像も上がっていたので、リンク貼っておきます。

カクトウログさん
バックドロップ連続写真を週プロが掲載~三沢光晴さん「頸髄離断」の決定的瞬間を検証する
http://kakutolog.cocolog-nifty.com/kakuto/2009/06/post-7141.html

三沢さんの死因は「頚髄離断」と言うもので、頚椎の中を通っている中枢神経の延髄につながる箇所が切れたことによるもの。
新聞各紙を読むと共通して、
「切れると運動中枢が働かなくなるため、呼吸はすぐに停止する」「心臓も停止する」「交通事故に多く見られる症状で多くの場合「即死」「即死に近い状態」になる」
と記載してありました。

肝心の画像を見た限りでは、そんなに急角度で危険なバックドロップとは思えないんですけどね。

鶴田さんのバックドロップを体がグンニャリするほど受けて、
スタン・ハンセンのラリアートで宙を舞って、
テリー・ゴディのパワーボムで叩きつけられて、
スティーブ・ウィリアムスの殺人バックドロップで脳天から突き刺さって、
ベイダーのビッグクランチでバウンドして、
川田の垂直落下式パワーボムをまともに喰らって、
小橋のバーニングハンマーで2mの高さから落とされて、
田上のダイビングネックブリーカー返しのど輪落とし(リバーサルマーク)で迎撃され、
秋山のリストクラッチエクスプロイダーで受け身も取れず投げられ、
高山のエベレストジャーマンをもろに受けて、

それでも戦ってた三沢さんですからね。
本当に「まさか」と言う感じがします。でも、このバックドロップを見ても「危険と思わない」プロレスファンの感性の方が、よほど危険かもしれません。
やっぱりプロレスって危ないんです。ガチンコなんです。やるほうもやられるほうも。

やはりそれまでのダメージの蓄積と、スポンサー回りなどの疲労と、練習できなかったことによるクビの筋力低下とか、想像ですがいろいろな要因が重なったことなのかも知れません。
スタッフから3回ほど休むように言われても休まず(休めず)試合に出ていた三沢さんなので、もしかしたら広島で事故が起きなくても、他の日の試合で起こっていたかもしれないと考えると、なんとも複雑な気持ちです。

ブラックアイ2さんで三沢さん関連の記事、コメントをまとめているので、興味のある方はどうぞ。
ブラックアイ2さん
日テレで三沢光晴さん追悼番組放送~関連ニュース・コラムまとめ
http://beye2.com/item_21498.html
7.4(土)に日テレで追悼番組の予定アリ(地上波)

あと、数日前の日記で「AEDが遅かったのでは?」と書きましたが、AEDを当てた際にその時点では脈があると診断され、AEDは作動しなかったと週プロの記事にありました。
あわせて追記します。

また、15日に亡くなられたテッド・タナベさんの死因は「心筋梗塞」と言うことで、日刊スポーツに記載が有りました。
http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20090617-507541.html

テッドさんは週プロの記事には、月曜のお昼に亡くなられた為紙面には間に合わず、一部文章追記で訃報を伝えるだけですが、週プロモバイルには鈴木健氏のコラムがすでに上がっていました。
TAKAvsサスケの試合レポートとあわせ、情感に溢れた内容に切なくなりました。

マグナムが若手の頃にパンツに挟まれたおひねりをこっそり1枚取ったり、「TAKE A DREAM」で入場してきた藤沢一生に大げさに驚いたり、つぼと市川のかんちょうで悶絶したり、デルフィンたちが離脱の際にはサスケと号泣しながら抱き合ったり。
一番身近なプロレス団体だったので、やはりいろいろと思い出してしまいます。

コメント:0 トラックバック:1

2009/06/17(水) 23:01 ゲーム
mixinews/育休の後に降格 コナミを提訴
なんとなく気になったので、メモ代わりに。
ほぼ全文を引用。名前の部分は記事に出てるけど書き換えてます。

「ゲームソフト制作会社「コナミデジタルエンタテインメント」(東京)の社員(36)が、「育児休業から復帰したら、不当に降格・減給された」として、同社を相手取り、育休前の処遇が受けられる地位にあることの確認などを求める訴訟を16日、東京地裁に起こした。

 訴状によると、育休取得直前の2007年~08年、海外企業を相手に、ゲームソフトの制作に必要なライセンスを取得する業務に携わり、海外出張なども数多くこなした。しかし、復帰後は、国内での事務を命じられ、月収は約20万円減ったという。

 女性側によると、同社側は提訴前の交渉で、「降格ではなく、役割の変更。本人の健康や育児環境に配慮した」と説明したという。女性は「育児のためにキャリアを削らなければならないのは女性差別だ」と訴えている。

 コナミデジタルエンタテインメント広報室の話「訴状を受け取っていないのでコメントは控えたい」」

ゲーム会社っぽくないコナミさんのトップページ見ると、企業理念のところに堂々と、
 「コンプライアンス 法と倫理を遵守することは信頼を獲得する第一歩です。小さな誤りでも、会社全体に影響を及ぼすことを認識し、誠実に業務に邁進します。」
と書いてあるけどね。

まあこういうことをデカデカと書く会社ほど、怪しいことを隠すためにつじつま合わせたりして、法のギリギリ、グレーライン上を渡ってたりするんだけどね。

確かコナミには、社長に直接通じる社内専用メールアドレスがあったはずだが、この女性社員さんは使わなかったのかな?
まあ、会社勤めしてたら、普通怖くてそんなの使えないよね。
 「こんなことがありました」
ってメールしたら最後、巧妙な手口で退職に追い込まれそうな気がするし。
 「そういう危険なことを言うヤツは消せ」
ってな感じで。

これをきっかけに、「労働基準法に全く即してない」とか、法律に遵守してないようなことが芋づる式に出てこなければいいんですがね。
あ、不当な降格が「法律に反していない」なら、コンプライアンス違反ではないか。
コナミさんはN.Y.に上場してる会社なのに組合もないし、労働環境は大変でしょうなぁ。

と言う、想像上の長い独り言。

■育児休業から復帰したら降格・減給、女性社員が提訴
(読売新聞 - 06月16日 20:52)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=869700&media_id=20

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/16(火) 22:31 プロレス
プロレス/三沢さんのお別れ会7.4予定
スポーツ報知。
7・4 三沢さんお別れ会…ノア旗揚げ聖地・ディファ有明で
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090616-OHT1T00011.htm

「13日夜に広島市内での試合中の事故で急逝したプロレスラーの三沢光晴さん(享年46歳)の「お別れ会」が、7月4日に東京・江東区のディファ有明で行われることが15日、分かった。三沢さんが社長を務めるプロレス団体「ノア」の百田光雄副社長(60)はこの日、追悼イベントについて新日本プロレス、全日本プロレスと合同で行う可能性を示唆。実現すれば、メジャー団体のトップ選手が垣根を越えて集結し、三沢さんを送り出すことになる。」

気になることは、報知以外には日程決定の知らせが無いこと。
このタイミングで飛ばしは無いと思うのだが。
馬場さんのときも鶴田さんのときも橋本さんのときも行けなかったので、今回のお別れの会はプロレスファンとして是非行きたいが、先立つものが無い。6.22後楽園同様に、友人に魂を預けるべきか?
どういう形式かもさっぱり分からないので、とりあえず続報を待ちます。

三沢さんの死因などが徐々に明らかになってきていますが、自分でまとめる気力がさっぱり沸かないので、有名blogさん貼っておくので、詳細が知りたい方はそちらでご確認を。

明日には週プロも出ますね。あまり見たくは無いですが。
週プロモバイルを見る限り、スーパージュニアの優勝決定戦や、サスケvsTAKA、ドラゲー後楽園など、興味深い試合が盛りだくさんの週だったんですが、試合ではなくこういうことでしか一般の話題に上がらない、プロレス界の現状が悲しい。

カクトウログさん
三沢光晴さんお別れ会、23日以降に都内で。広島中央署によれば死因は「頸髄(けいずい)離断」
http://kakutolog.cocolog-nifty.com/kakuto/2009/06/23-6bee.html
三沢光晴さん「お別れ会」は7月4日、ディファ有明/年内引退を決意、起業家になる予定だった
http://kakutolog.cocolog-nifty.com/kakuto/2009/06/post-44ee.html
モバイル版
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/51970/50765

ブラックアイ2さん
三沢光晴さんへのレスラー&関係者追悼メッセージ集
http://beye2.com/item_21481.html
モバイル版
http://beye2.com/i/

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/15(月) 20:54 プロレス
プロレス/プロレスファン人生最悪の3日間
倒れた情報は日曜日のうちに知っていたが、なにせ三沢さんのことで頭がいっぱいだったことと、一時持ち直し、予断を許さない状況ながらも病院で治療中と知って、ホッとしていた。今朝には血圧も回復し、これから回復してくれるだろうと信じていた。

いや、今にして思えばそれは、
 「そんな不幸なことが続くわけが無い」
と言う僕の希望、願望だったのかも。
自分の見通しの軽さに、とことん腹が立った。

大阪プロレスのレフェリー、テッド・タナベさんが死去
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=868256&media_id=54
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20090615-00000020-spnavi-fight.html

テッド・タナベさんは、みちのくプロレス創成期からリングを側面から支えた名レフェリー。営業や広報も担当していた。
メインイベントとなれば的確なジャッジで試合を裁き、ヨネ原人やツボ原人とのコミカルなやり取りも魅力だった。
何より、まだ若手だったCIMA(シーマ・ノブナガ)選手に、
 「反則を見逃させたら日本一、いや世界一のレフェリーだ!」
とまで断言させた、タッグマッチでのカットプレーを許さない(例えその背後で数多の反則がルード軍によって行われていようとも)厳格なレフェリングが魅力的だった。
あの捌きによって観客が激しくヒートし、その後のリンピオ軍の反撃が何倍にも輝いて見えたものだ。

みちプロがサスケ体制から新崎体制に代わり、一時みちのくと疎遠になり、ガチなのかなんなのかよく分からない「レスラーvsレフェリー」の抗争を経て、またみちのくのリングでも試合を裁いてくれるようになったのに。
みちプロにも、みちプロから別れた大阪プロレスにも、まだまだ必要な「重要登場人物」でした。

みちのく好きなので、テッドさんを生観戦した回数は三沢さんよりも多いかも。
個人的に一番印象深い試合は、2001.1.14に中山のニューワールドで行われた、「つぼ原人vsストーカー市川」の試合。
「もちデスマッチ」と名づけられたその試合は、紅白のおもちを先に完食したほうが勝ちとなる謎の形式で。必死に相手の邪魔をしながらもちを食べる2人の選手が共にもちを喉に詰まらせ、テッドレフェリーが
 「このままじゃ2人とも死んじゃう!」
と本部席にアピール。

立会人の新崎人生が両手で「×マーク」を作り、「ドラゴンストップ」ならぬ「人生ストップ」で試合を止め、篠塚リングアナが
 「我々は殺し合いをしてるんじゃない。分かってください!」
と場内に説明したあの試合。
(新日1.4 長州vs橋本のオマージュ)
エンターテイメントの試合として、あれほど完成度の高い試合を生観戦出来たことは、プロレスファンとして幸せだ。

しかし、もうその名レフェリーっぷりを見ることは出来ず、上記のようなみちのくスタッフとの息のあったやり取りも見ることは出来ない。

奇しくも、先日亡くなったばかりの三沢さんと同い年。
三沢さんが亡くなったのが13日、テッドさんは14日に倒れ、本日15日に亡くなられた。
僕はプロレスを28年くらい見ているが、まさに最悪の3日間となってしまった。

テッドさんが倒れられる前日、6.13まで普通に更新されていたblogが、あまりに唐突に亡くなったのを無慈悲に伝えてくれます。
http://blog.livedoor.jp/tedkun/

三沢さんの死をようやく受け止められるようになってきたのに、今度はテッドさん。
2日前にも同じことを書いたが、やっぱり…辛い…。

人って、死んじゃうんだね。
それも場合によっては、こちらに覚悟を決める時間も与えず唐突に。
blogのテッドさんの笑顔を見ていると、こんな笑顔が自然に出るくらい僕は一生懸命生きているかと、自問自答してしまう。

時間は有限だから、どんなに頑張っても悔いが残ることはあるだろうけど、自分が満足できるか、その瞬間に自分の全力を出せたか、後悔だけはしないようにしたい。
そう思った。

テッド・タナベさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/15(月) 00:53 プロレス
プロレス/うるぐすの特集で涙
昨日のニュースを見ても実感が無かった。
今朝スポーツ新聞を買ってきても信じられなかった。
今日の博多大会の速報を2chで追っていても夢じゃないかと思っていた。

だけれども、先ほど日本テレビ系「うるぐす」で三沢さんの追悼特集を行っていたのを見て、やはりこれは現実なんだと思い、昨日からこらえていた涙が溢れ出した。
もう三沢さんはこの世にはいない。
それを受け止めた瞬間、もうだめだった。今もキー入力しながら泣いている。

普段神など信じていないが、もしもプロレスの神がいるならば。
神よ、あんまりあの世のプロレス界を充実させないでくれ。
現世に生きる人々に、もう少し夢と妄想を抱かせてくれ。

三沢と武藤のシングル見てないんだ。
三沢と川田のタッグもう1度見たいんだ。
離脱した大森さんを許してノアに上げて欲しいんだ。
ノアの若手は森嶋しかピンを取ってないんだ。
新日本との対抗戦で相手にエルボーを叩き込んで欲しいんだ。
プロレスのライセンス制度もまだ実現してないんだ。

馬場さんも鶴田さんも「こっちに来るの早すぎる」って言ってるはずだよ。
そんなにあの世プロレスのマッチメークに困ってないはずだろ、神よ?
何もかも早すぎるんだよ。

昨日からやっぱり気持ちの整理は付いてないけど、自分自身で現実を受け止めたので、最後に一言だけ。

三沢光晴さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

僕もいつかはあの世に行くだろうから。
そのときはチケット握り締めて、あの世のどこかにある会場に行って、力の限り、喉が潰れるまで「三沢」コールを叫ぶよ。
それまで、大好きなお酒呑みながら、得意のウルトラマンレオの歌をカラオケで歌って、得意の下ネタトークで盛り上がっていてください。

追記:
コメント返しなどは、心が落ち着いてからします。今は無理。
ご了承下さい。

追記2:
せめて声に出せない分、万感の三沢コールを!

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/14(日) 11:41 プロレス
プロレス/カクログさん経由youtubeノア広島大会当日の映像
まだ落ち着いておらず気持ちの整理もできていませんが。

プロレス格闘技の人気blog「カクトウログ」さん
http://kakutolog.cocolog-nifty.com/kakuto/
に、ノア広島大会で三沢さんが心配停止後亡くなった試合について、今朝の日本テレビ系「ザ・サンデーNEXT」のニュース映像が、この大会の中継担当だったスカパー!の映像込みでこの件を番組冒頭から伝え、さらにそのニュース映像が試合終了直後からの出来事がyoutubeに貼られていたということで、日記に埋め込んでおきます。

誰が上げたのか知りませんが、当然違法アップなので削除される可能性は高いと思いますが、当日の状況を確認したい方にはぜひ見ていただきたい。
あまりにも生々しすぎて、かなりショッキングな映像ですが。





試合直後から浅子トレーナーが心臓マッサージをしているし、処置に問題があったとは思わない。
ただ1つだけ「たられば」を言っていいのなら、東京マラソンで心肺停止状態になった松村邦洋さんが約1分後にAEDで緊急治療を受けて助かったときと比べ、心臓マッサージは行っているものの、動画の時間経過を見る限り、AEDの投入が遅かったように見える。

松村さんのときの報道を見た限りでは、心肺停止状態から1分経過するごとに蘇生率は1割下がると聞いた。もしもAEDがあと1分でも2分でも早ければ…。
いや、そういう結果論を言うのは、賢明な処置をしてくれたノアのスタッフに失礼ですね。

本日のノア博多大会は、予定通り行われるそうです。
「何もこんなときに」
と言う意見があるかもしれませんが、これがプロレスの厳しさ。選手もスタッフも見に来るファンも気持ちが切り替わらないと思いますが、まずは大会が無事に終わることを祈っています。

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/14(日) 01:42 プロレス
プロレス/信じられないし信じたくもないが
ジャイアント馬場さんが亡くなったときも、ジャンボ鶴田さんが亡くなったときも、橋本真也さんが亡くなったときも思ったが、あまりにも唐突な訃報は受け入れ難いものだ。

実際に自分の目で見るまでは、信じられないし信じたくも無かったが、これだけソースがはっきりしてて、いろんな方が日記に書いてるということは事実なんでしょうね。

三沢光晴さん 試合中倒れ死亡
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=867107&media_id=2
三沢光晴が死亡、試合中に倒れる=ノア
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20090613-00000019-spnavi-fight.html

三沢さん…。
ウソだと言ってよ、三沢さん。
世界中が僕1人をだますために壮大なドッキリをやってました、って言っても怒らないからさ。

なんかもう、気持ちの整理がつかなくて、何にも書けないな。
書きたいことは山ほどあるんだけど、筆(入力)がさっぱり進まない。あまりにも残酷な現実を、自分の中で受け入れがたいんだろうな。

プロレス界はここ10年、こんなことばかり続いて本当に辛い。
プロレスファンって、こんな辛い思いをしながらもプロレス見なきゃダメですか?
プロレス見続けたら、この先もこんな辛いことが待っていますか?
八百長だなんだとバカにされ、それでもプロレスが好きで好きで、何を言われようが応援を続けて、なのにこの先もプロレスファンを待っているのは、辛い未来だけですか?

なんか、悲しいとか、悔しいとか、いろんな感情が自分の中で渦巻いて。
今はただ、辛い。

日記作業BGM:スパルタンX
僕の一番最近の生三沢さん画像:
msw.jpg
2008.3.2 日本武道館大会
GHCヘビー級選手権 王者:三沢光晴 vs 森嶋猛

非常識を承知で、さようならの言葉もお悔やみの言葉も、明日以降自分が落ち着くまで言わないでおきます。

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/13(土) 02:59 マンガ
4コマ/しゅうりやミーナちゃん
僕の友人でいわゆる「ゆるい」マンガが大嫌いな人がおりまして。
特に4コマへの風当たりが強く、「らき☆すた」や「けいおん!」のような、ストーリーなど有って無きが如しのような、ゆるいまま盛り上がりも無く終わるマンガがお嫌いな様子なのです。

じゃあ「ゆるくない4コマ」ってどんなんだろう?
と、ふと思ったので前職の経験を生かして、亡き父の意思を継ぎ、機械の修理をしながら挫折と失敗を経験しつつ、過酷な現代社会を生き延びる少女の戦いを4コママンガで表してみました。

これならゆるいマンガがキライなあなたもオッケー。
なはず。
もちろん画力は「きめんクォリティ」ですので、安心してごらんいただけます。

どうぞ。

mn1.jpg
mn2.jpg
mn3.jpg
mn4.jpg
mn5.jpg

どんなお仕事も大変だよね。
と言う過酷な4コママンガ。
完。

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/11(木) 22:22 日常
絵/コロ助(キテレツ大百科)
こんばんは。

ごく一部の人たちを中心に、勝手に盛り上がってるイラスト企画。名づけて
 「うろおぼ絵」(テイム画伯命名)
のお時間が今夜もやってまいりました。
関係ないけど「うろおぼ絵」と「ウロボロス」って似てるよね。

さて今回は「キテレツ大百科」の「コロ助」さんです。
なんとなく丸いイメージはあるんですけどね。
ついにきめんスーパーアリーナにも導入された「ホワイトボード」を使って、今宵も描いてみましょう。

はい、コロ助!

D1000438.jpg

これは似てるよね?
何かが根本的におかしい感じはするんだけど、80%はコロ助でしょう。
ぼくはキテレツはほとんど見ていなかったので、どこかのお笑い芸人の
 「♪ 丸を描いちまった~中略~ドラえもんじゃねぇ!」
ってネタを思い出しながら描きました。

ただ、胸元が思い出せないので、とりあえずコロ助の「K」を入れてみました。
さぁ、どうだ?

ザ・ライバル
テイム画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1193626832&owner_id=727383
おねいちん画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1193910160&owner_id=77958
ヲズマ画伯:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1193935318&owner_id=86554

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/09(火) 21:02 日常
日常/ボートイベント発生
そういえば、
 「ここ数年、広瀬川でボートを見ていないなぁ」
と思っていたのですが、1990年には店じまいしていたのですね。
10年一昔といいますが、僕の「ここ数年」は「過去20年」くらいの出来事のようです。

本日の河北新報。
「貸しボート」広瀬川に復活 20年ぶり来月開業へ
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/06/20090609t15028.htm
「仙台市を流れる広瀬川に、貸しボートが復活する。若林区の宮沢橋下の河川敷にあった貸しボート屋が1990年に店じまいして以来、川にボートが浮かぶことはほとんどなくなっていた。にぎわいを知る地元の企業や商店が運営主体のNPO法人を設立し、7月19日の開業を目指している。河川敷の使用許可が得られれば、夏休みには川面に子どもたちの歓声が響きそうだ。」

細かく読んでいくと
 「河川法などで「営利目的の河川敷使用は一代限り」とされていたため、廃業を強いられた。」
と言った話も出てくるので面白い記事です。

ところで記事中に、
 「宮沢橋付近は上流からの土石が堆積(たいせき)して水深が浅くなっていた。市内の建設会社が燃料代だけでしゅんせつの協力を申し出て、開業のめどが付いた。」
とあるのですが、毎日通勤で宮沢橋を通るのもとしては、この付近は雨がしばらく降らないと、河川の中央付近まで歩いて行けるほど、川底が上がっているのです。

7月に無事開業できるように、頑張っていただきたい。
つか、そういうときに限って、連日雨だったり長雨だったりで、川が溢れてボートどころじゃなくなったりするんだけどね。

ボートで宮沢橋の先のちょいと小さめな滝みたいな場所に、どれだけ近づけるかというチキンレースを、誰かやってください。

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/08(月) 21:44 ゲーム
マンガ/いい電子でベニーランドが話題に
先週金曜日に発売されたゲーム誌「ファミ通」6/19号にて、先日連載500回を迎えたみずしな孝之先生のマンガ「いい電子」の作中において、楽天のチャンステーマの話題から、
 「この曲、八木山ベニーランドでしょ!」
と、地元のローカル遊園地の話題が突然振られて吹き出した。

確かに楽天の試合終盤でのチャンステーマは「八木山ベニーランドのテーマ」をモチーフにしてるんですがね。
まさかこんなところでそんな話が描かれるとは。
たいそう笑いました。

まあマンガの詳しい内容はファミ通を読んでもらうとしてだね。
個人的にものすごく気になったことが2つ。

「じゃあインターネットで調べてみよう」
となったときのパソコンの画面が

ii1.jpg

ニコニコ動画の画面に似てる気がする。
あと、みずしな先生のアシスタントさんが八木山ベニーランドのテーマに合わせて踊るコマがあるんだけど、

ii2.jpg

ニコニコにアップされてる
 「アイドルマスター 八木山ベニーランドの歌」
に似ている気がする。

気のせいかなぁ。
考えすぎかなぁ。

もし動画をネタにしてくれていたのだったら、「混セでSHOW TIME」以来のみずしな先生のファンで、10年位前の仙台のサイン会で単行本に「高津投手」を描いてもらった、動画アップ者の
 「kmnプロデューサー」
は、大喜びだろうね。

実際どうなのかは分からないけれども。
ただの偶然かもしれないし。

きめんは、みずしな先生を応援しています。


コメント:0 トラックバック:0

2009/06/07(日) 23:03 日常
絵/イャンクック先生(モンハンシリーズ)
日記連投スマン。
なんか連続でお題が来たので再度お絵かきアップ。
この日記タイトルのときに、プロの漫画家・みずしな孝之先生の足跡がついているのが凄く気になる。
見に来てもらって、こんな絵ばっかりですいません。

今回のお題はアニメではなくゲームから。
モンスターハンターシリーズを代表する、ハンターが最初に出会う飛龍・イャンクックさんです。
なぜか「先生」呼ばわりされることが多いですが、クック先生との戦いには、対飛龍戦の基本が詰まっているからです。
だから先生。

さぁ、先生。出番です!

cooc.jpg

これはなんだーっ!
見たことないよ、こんな生物。
あまりにも見たことないので、後ろに大剣持ったハンターを描いてみたけど、比率がすでにおかしい。
つか、先生こんなにでかくないし、そもそも足の間に入って乱舞とか、この足の短さじゃ無理だよ。
今回のポイントは、

・当然耳
・もちろんクチバシ
・足は鳥の関節仕様

かな。
部位破壊出来る部分を押さえてみました。
なので、尻尾がかなりうろ覚え。翼も多分絶対違う。

ライバル
テイムさん:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1190258003&owner_id=727383
おねいちんさん:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1190260697&owner_id=77958

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/07(日) 23:02 未分類
絵/ラムだっちゃさん(うる星やつら)
今日はベガルタの試合もありましたが、試合会場で顔を軽く日焼けしたっぽいので割愛。

いつまで続くのか? お絵かきシリーズ。
今回は、キュートな仙台弁が魅力のラムだっちゃさんです。
 「うち、ラムだっちゃ」
 「ラムだっちゃさん? あぁ、ラムさんね」
のやり取りで有名な、ラムだっちゃさんです。

うる星やつら連載開始からもうすぐ30年とか考えたくないよね。
今回は自他共に認める「るーみっく」人として、ライバルには負けられないのだよ。

はい、こちら!

lum.jpg

…可愛くない…。
こんな娘に言い寄られたら、諸星あたるさんじゃなくても逃げ出すかもしれないね。
なんだろ、間違ってはいないはずなんだけど、要所がおかしい気がする。

・髪のハイライト
・つり目とアイシャドー
・虎縞ビキニ
・角
・八重歯

これだけ押さえてるのに。
おかしい…。

今回もライバルはこちら!
テイムさん:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1190034144&owner_id=727383
おねいちんさん:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1190132433&owner_id=77958

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/04(木) 23:59 日常
絵/こち亀
まさかの第2回。
つーか、何で毎日イラストを晒さなければならないのか?
分が悪いどころか、ただひたすら殴られ続けるサンドバッグだよな。
酒も呑まずに、素面でそんなにイラストなんか描けないよ。

つーことで、今回はこち亀の両さん。
こんな感じ。

D1000435.jpg

なんかちげぇ。

昨日のマチコ先生よりはマシな気がする。
例えば初見で「これは何のマンガのキャラ?」と聞かれて、昨日は誰も答えられない可能性が高いが、今日は正解率5割くらい行くのでは?

でも、やっぱりちげぇ。

ザ・ライバル
テイムさん:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1187318100&owner_id=727383
おねいちんさん:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1187261001&owner_id=77958

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/03(水) 23:01 まんが
絵/まいっちんぐマチコ先生
酒飲みながらベガルタの試合実況してたので、文章からイライラが伝わっていたらしいよ。
ごめんね!(謝る意思皆無)

さて、久々のコラボ企画。

熟練の絵師である「テイム」名人と「おねいちん」さんがDr.スランプのセンベイ博士とミドリ先生を想像と妄想だけで書いてくれたよ!

テイムセンベイ:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1183642955&owner_id=727383
おねいちんミドリ:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1185463564&owner_id=77958

それに対してコメントをつけた僕に対して、
 「きめん画伯もぜひマチコ先生を」
との返答。

まいっちんぐマチコ先生ですか。
かなり記憶が微妙な上、「○年の科学」を取っていた僕は「まいっちんぐマイコ先生」と記憶が混在していますがぁ。
つか、僕の画力を知っていて、ムチャ振りするんですね。ヒドイ人ですね。さすがSですね。

まあ、僕はMだから、アップするがな!
はい、まいっちんぐマチコ先生。

D1000433.jpg

ぜってぇちげぇーっ!!
「ボブカットでパンチラ」と言う情報を元に記憶に頼って描いたら、こんな感じだったよ。
満足か? これで満足か?

しかし、これは第2稿なのだ。
1発目はとんでもないのが出来上がったのだ。
ついでに上げてしまおう。
えいっ!

D1000432.jpg

ありえなーい!
仙びゅうさん、見てるぅ?
あなたがサジを投げた画力は、今でも健在ですよ!

ちなみに、僕は自分で書いた絵で、2回とも吹き出して爆笑しました。
頭の中のイメージを絵にするって、何でこんなに難しいんだろうね。

他の2人は、コメントに日記のurlを貼るように。

コメント:1 トラックバック:0

2009/06/02(火) 22:59 テレビ
テレビ/ディケイドの響鬼の世界の話とか
なんかもう暑いですね。仙台市民的には。
毎年のようにこの時期になると、身体を鍛えに鍛えて
 「鬼面・紅(くれない)」
にパワーアップしないといけないなと思うのですが、だいたい失敗しますね。
早く大太鼓を連打できるような体力を、身につけたいものです。

kure.jpg
鬼面・紅イメージ

9つの世界を巡る「仮面ライダーディケイド」がいよいよ最後の世界「響鬼」の世界(リンク)を終えましたが、響鬼の回だけは客演が豪華で嬉しかった。
威吹鬼さん、斬鬼さん、轟鬼さん、天鬼さんの中の人が、本編と同じ大盤振る舞い。
おもちゃ商戦の大失敗に伴う路線変更でストーリー展開が大幅に変わり、苦悩してばかりでおいしい場面もなかった威吹鬼さん、ケツ丸出しな上に死亡した斬鬼さん、デカイ敵に踏まれて再起不能になっちゃう轟鬼さん、親の敵を討つために頑張ったのにおばさんに騙された天鬼さんと、本編ではみんな微妙な終わり方になっちゃってましたが、今回パラレルワールドのちょっとキャラの違う客演とはいえ、元気な姿が見られていい年こいて嬉しかったです。
最後の音撃重ねがけとか「かっけー!」とか叫んでましたし。

例え主人公が別人でも、脇を固めるメンバーがオリジナルだとキッチリ画的に締まって見えるなと改めて思った次第。
なので、8/8(土)公開予定の、
 「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」(リンク)
に「倉田てつを」さんが出るので、漠然とした、大味な映画も、ピシッと締まったものになるでしょう。
多分、恐らく、きっと。

20年経っても変身後の名乗り口上は、聞き取りづらいんだろうな、きっと。


劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカーyoutube

でも、ブラックとRXが同時にいるのな。
まあいいか。

シンもいるのな。
Jもいるのな。

大丈夫か?

参考資料:
仮面ライダーBLACK 倉田てつを変身集youtube

コメント:0 トラックバック:0

2009/06/01(月) 21:54 ゲーム
ゲーム?/龍が如くをプレイ中
友人が大ハマリして、PS3版の「龍が如く3」まで購入して遊んでいるので興味を持ち、僕もPS2版の「龍が如く」を借りてプレイ。

インターフェースの悪さが酷くイライラするが、どう見ても新宿歌舞伎町を中心とした、ヤーサン系の話というのがかなり新鮮、かつ現実世界を相当ぶっ飛んだ展開に引き込まれた。
 「ザンボット3かよ!」
と突っ込みたくなるほど人が死ぬのはどうかと思うが、チャカを持ってる割に素手喧嘩(ステゴロ)で挑んでくるのは、ヤーサンらしからぬ潔さがあって気に入った。

そんなわけで15時間ほどで一気にクリアしたのだが、続編が気になり、ミニゲームとかほったらかして「龍が如く2」をプレイ開始。

2の舞台はどう見ても大阪の道頓堀。
発音が怪しい関西弁を聞き流しつつシナリオを進めていくと、主人公の相棒が謎の組織に狙撃されてしまう。
その体内に残された銃弾から手がかりを掴むため、主人公は情報屋が待つ雀荘へと向かう。

そこで主人公は情報屋に
 「情報料10万」
と言う法外な金を要求される。
キャラを殴ろうが何しようが話が進まないので、仕方がなくお金を稼ぐことに。
雀荘でお金をポイントに代えて、麻雀をプレイ。
半チャン2回で2回ともトップ。さし馬込みで2回で+40000の勝ちだ。このポイントをお金に代えれば、情報料が稼げるだろう。
そう思ったのもつかの間、

ポイントからお金に代えられねー!

考えてみたら、麻雀でお金かけるのって賭博法で禁止だもんな。
それをすっぱ抜かれた現役時代の東尾も謹慎したことあるしね。そうかあ、お金は地道に稼いでこないとダメかぁ。

そんなことを思いながら、ずっとゲーム中で麻雀を打ちっぱなしで、何の情報も得られないまま、ゲームは一切進まず。リアルな時間だけが過ぎる。
麻雀面白いよ、麻雀。
結局狙撃犯の情報も得られないまま、主人公は雀荘に入り浸って、その一生を終えたという。

「龍が如く2」完。

麻雀プロの小島武夫さんが「九蓮宝燈」を上がったと聞いたので、こんな日記になりました。
劇画の世界なら、小島先生運使い切って死んじゃうよ。
僕は高校時代の紙の麻雀で、九蓮テンパイの五萬、九萬シャボ待ちが唯一の経験。結局上がれず、突っ張って振り込んだけどな。


ニコニコ九蓮動画

コメント:0 トラックバック:0