きめんスーパーアリーナ
『きめんスーパーアリーナ』は、全天候型屋内競技場及びイベントホールです。20110701よりココログに再移行。http://kmnparty.way-nifty.com/manga/
2009/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010/01


2009/12/31(木) 23:59 マンガ
絵/【うろおぼ絵】伊達直人byタイガーマスク
ヘロー、大晦日。
先週はクリスマスイブ、今週は大晦日だと言うのに、木曜日と言うことで普通にうろおぼ絵を更新だよ。

今回のお題は
 「伊達直人」
さんだよ。タイガーマスクの。
最初、伊達臣人さんかと思ったよ。男塾の。
来年が寅年と言うことで、タイガーマスクつながりでそのお題になったみたいだよ。

なにせプロレスファンとは言っても、タイガーマスクはII世しか見てないからね。
スポーツカーが虎柄に変形するんだぜ? 凄いよな。
初代タイガーマスクは佐山サトル…ではなく、伊達直人さんが戦って、そのギャラでちびっこハウスに寄付をするんだ。そのために世界の強豪、もはやプロレスラーとは言えない、アサシンのような連中と戦うんだね。

ジャイアント馬場さんがマスクマンになったり、タイガーVは場外で決まったり、ミラクルとファンタジーが同居したマンガだよね。
だからこそ、新日が当時タイガーマスクをリングにあげると噂になったとき、誰もが再現は不可能といったらしいよ。それが現実のものになったから、あれだけのプロレスブームが起こったんだけどね。

もう前フリもめんどくさいからいいや。

伊達直人さんです。
どうぞ。

naoto.jpg

あー。

伊達直人さんは最終回で、ドリーファンクJrとNWA世界戦を戦う予定だったんだけど、交通事故で死んでしまうんだね。
で、自分が死んだらタイガーマスクの正体がばれてしまうと言うことで、マスクを川に投げ捨てて招待は隠したまま亡くなってしまうんだね。

なんて救いが無いんだよ!

とりあえず、新日本プロレス1.4東京ドームで、4代目タイガーマスク、通称4虎さんに丸藤が挑むIWGPジュニア戦があるので、頑張って欲しいね。
丸藤に!

 「ノアのジュニアは最強です」

そんな感じで、今年8ヶ月もの長い間、うろおぼ絵にお付き合いいただきまして、真にありがとうございました。
今年最後と言うことで、評判の良かったレジェンドを貼って、今年の日記の締めにしたいと思います。

また来年、お会いしましょう。
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/31(木) 08:26 ベガルタ仙台
ベガルタ/答え合せ→2009得点予想
今日は日記更新が多いかも。
じゃまなら非表示にしてな。

さて、29日にガンバ大阪さんにコテンパンとまでは行かないけど、完璧に実力差を見せ付けられて破れたベガルタ仙台。
長かった長かった長かった今シーズンも、2日残してようやく終了。
と言うわけで、今年で2年目となった開幕前の得点予想の答え合せ。

予想(昨年)→結果(+天皇杯)

FW
9 中原 貴之:5(6) →10(12)
13 中島 裕希:13(6) →8(11)
14 平瀬 智行:10(11) →8(9)
15 田中 康平:2(1) →1
18 ソアレス :22(-) →16(17)
19 鈴木  弾:0(0) →0
20 西山 貴永:3(0) →0

計:55点 → 43点

中原には土下座して謝るが、他の人には特に謝らない。7月の湘南戦と8月の岐阜戦のロスタイムゴールで勝ち点が4増えたわけで、あれがなければ優勝もなかった。
裕希はスランプ期間が長すぎた。ムズムズ以降と天皇杯が良かっただけに悔やまれる。
来期は契約満了となったソアレスの16点が0点になってしまうので、それをどう埋めるかフロントの手腕に期待。
あと、本気の平瀬の凄いとこを見てみたい。

MF
7 千葉 直樹:1(1) →5
8 永井 篤志:0(0) →0
10 梁  勇基:12(13) →14(15)
11 関口 訓充:7(6) →4(5)
17 富田 晋伍:1(0) →0
23 田村 直也:2(2) →1
25 菅井 直樹:6(4) →3
26 曽我部慶太:2(-) →0
28 三沢 純一:0(0) →0
30 飛弾  暁:0(0) →0
31 斉藤 大介:1(1) →0

計:32点 → 27点

去年0だった直樹ヘッドが今期は…何回だ? 5月の福岡戦と11月の水戸戦はすぐに思い出せるが。
梁は貫禄。5月の熊本戦FK2連発はものすごかった。それ以外にも直接とアシストで本当に大車輪の活躍だった。
関口は前半悩んだけど、後半はアシストがぐんと増えた。ゴール前でファール取れるから梁のFKの場面も増えるし、やっぱりこの2人は今のベガルタの「顔」だね。早く契約してくれよ、ガリあげるから。

DF
2 木谷 公亮:0(1) →0
3 渡辺 広大:3(0) →3 ○
4 細川 淳矢:0(0) →0
5 一柳 夢吾:0(0) →2
6 エリゼウ :4(-) →7
27 朴  柱成:2(-) →2 ○
29 島川 俊郎:0(-) →0

計:9点 → 14点

3月の予想時に
「僕の広大は今年飛躍の年。やってくれるでしょう。エリゼウとのセットプレーコンビには期待。」
と書いたけれど、予想を超えた攻撃力だったね。DF2人で10得点。おかしいって!
J1でもセットプレーは大きな武器になると思うので、この2人には来年も守備と攻撃で期待。
広大とぱっくんの2人を当てて2ポイントゲット!

GK
1 萩原 達郎:0(0)
16 林  卓人:0(0)
21 関 憲太郎:0(0)
22 桜井  繁:0(-)

計:0点

総得点:96点(61) → 87点
1試合平均:1.88点 → 1.71点

こうしてみると、満遍なく点が取れてるけれど、FWに1年通じて軸となる選手がいないのもよく分かる。日替わりヒーローは嬉しいんだけどね。
FW1人デーンと構えて相方に試行錯誤、ではなく試合毎にFW2人の組み合わせに試行錯誤って感じだったからね。
とは言え、そんな選手なかなかその辺には落ちてないからね。

頑張れ、フロント。
休め、選手。
寝ろ、きめん。

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/30(水) 23:59 アニメ
アニメ/けいおん!ライブと2期制作決定
横浜アリーナにてアニメ「けいおん!」ライブ開催。
超強運の友人がチケットを引き当てたのに便乗して参戦。しかも1Fセンターの中央座席って、どれだけ引きが強いのか?

2曲あった中の人によるリアルな生演奏ライブは、初回にとちってやり直したり、演奏自体がまだまだ初心者と言うこともあって、地方ローカルの素人バンドコンテストでも予選通過が怪しいレベルだったけど、今年春の放送開始までろくに楽器を触ったことが無い皆さんとは思えないほど、凛としててかっこよかった。感動した。

2次元の空想キャラに3次元の中の人たちが合わせるのは、迎合してると思われるかもしれないけど、それだけ真剣に仕事に取り組んだ証拠だし、観客を感動させるのがプロの仕事なら、今日の彼女たちは間違いなくプロだった。
けいおん!2期制作決定のサプライズ発表もあり、次回のライブにはもっとパワーアップした演奏が聴けることだろうと期待してしまう。
アニメも含めて注目度とハードルが上がりまくっちゃったけど、きっと大丈夫。

だから、ちゃんと買ってねTBCさん。

あと、さわちゃん先生がしっかり「あの」スタイルで歌いきったのはお見事。生演奏のさわちゃんストップ、「殴打後ブラッディータイム」と合わせて、今日の影のMVPです。

こういうライブで刺激受けると楽器始めたくなるんだけど、多分続かないだろうなぁ。
友人から譲ってもらったベースとキーボードどうしよ?

今月は遊び過ぎたので、1月、2月は少々自粛。仕事探しも今の仕事と平行して始めないといけないしね。
今年がいい年だったかは「うーん」と言う感想だけど、楽しかったかと聞かれれば笑顔で「はい」と答えられる、そんな年でした。

これから夜行バスで帰ります。
帰宅したら大晦日か。全く実感ないな。
とりあえず、部屋の大掃除と年賀状作成BGMは「放課後ティータイム」パワープレイで決まり。

追記:

どこかのblogからセトリコピペ&補足記入

1.Cagayake!GIRLS/放課後ティータイム(豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子・竹達彩奈)

MC ←冒頭のMCは離れしてない分ぶっちゃけグダグダ。致し方なし

2.ギー太に首ったけ/平沢唯(豊崎愛生)
3.Heart Goes Boom!!/秋山澪(日笠陽子)
4.Girly Storm 疾走 Stick/田井中律(佐藤聡美)
5.Dear My Keys~鍵盤の魔法~/琴吹紬(寿美菜子)
6.じゃじゃ馬Way To Go/中野梓(竹達彩奈)
7.Maddy Candy/DEATH DEVILor山中さわ子(真田アサミ)

MC ← さわちゃんヘビメタから先生風に着替えて登場。芸コマ

けいおんコール&レスポンス ← けいおん!作中のセリフをみんなで言う企画。えぇ?
うんたん、モウオヨメニイケナイ、キャベツうめぇ、もんだいないですぅ、にゃにゃあ、お前らが来るのを待っていたぞ、すいません部屋間違えました、姉がお世話になってます
だったはず。

8.Lovely Sister LOVE/平沢憂(米澤円)
9.Coolly Hotty Tension Hi!!/真鍋 和(藤東知夏)

生アフレコ「ある日の軽音部」 ← 大画面でセリフのカットインが入る演出。あれは分かりやすくてよいね。文化祭の出番前、「放課後ティータイム」を名称変更しようと唯が提案。律、むぎが同調し考えるも、唯は「ザ・全米」、澪は「チョコレート・メロディ」、さわちゃんは「殴打後ブラッディータイム」その他もろもろ決まらず文化祭の出演時間に。
で、こっから「放課後ティータイム」タイム。

10.カレーのちライス/放課後ティータイム(豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子・竹達彩奈)
11.ふでペン~ボールペン~/放課後ティータイム(豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子・竹達彩奈)
12.わたしの恋はホッチキス(キャスト生演奏)/放課後ティータイム(豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子・竹達彩奈) ← 初お披露目。1度序盤にミス。さわちゃんストップでもっかい最初から。

MC

13.ふわふわ時間(キャスト生演奏)/放課後ティータイム(豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子・竹達彩奈) ← 一度演奏終わった後にむぎがキーボードで伴奏してサビだけもっかい

アンコール1 ← 僕は座ってコーラ補充。ただし場内は飲食禁止

14.Don't say “lazy”/放課後ティータイム(豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子・竹達彩奈)

MC ← 2期制作決定のお知らせ

15.Cagayake!GIRLS/放課後ティータイム(豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子・竹達彩奈)

アンコール2 ← もう1回コール
MC ← 着替えて登場。織り込み済みかよ。出演者全員挨拶、泣く人多し。

16.『レッツゴー』/出演者全員


どっかからか拾ってきたメイン5人blog一覧

「豊崎愛生『レッツゴー!!!』」
http://playlog.jp/aki-toyosaki/blog/2009-12-30

「日笠陽子『あふれでた』」
http://blog.livedoor.jp/hiyonikki/archives/1153328.html

「佐藤聡美『ありがとー!!!!!!!!!!。』」
http://osatomi.jugem.jp/?eid=618

「寿美菜子『☆今、ありがとうを伝えたい☆』」
http://playlog.jp/minako-kotobuki/blog/2009-12-30

「竹達彩奈『ありがとう!』」
http://ameblo.jp/strawberry-ayana/entry-10423209178.html

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/29(火) 00:12 日常
日常/きめん2009年12大ニュース(長文)
注:
とても長文なんだぜ。

今年も残すところ3日くらい。
12月なんてあっという間でしたね。これっぽっちも記憶に無いくらい。
そんなわけで、今年も振り返ってまいりましょう。
12大ニュースと言いつつも、ただの月刊ランキング。
どうぞ。

1月
・腹筋36500回を誓う
・宮内タカユキさんとカラオケ
・フットサルでダルダルでバインバイン
・仮面ライダーディケイドがスタート

腹筋はぶっちゃけ無理でした。途中でだれちゃったなぁ。結局5000回くらいしかやりませんでしたよ。宮兄とのカラオケは、最初に指名を受けて驚いたっけ。フットサルでダイエットを決意も7kgくらいしか落ちず。しかも絶賛忘年会でリバウンド中。最悪。ディケイドは今年のトレンドに。

2月
・J2の仮日程発表で盛り上がる
・ハドソンのシュウォッチ大会に締め切りすぎて参加できず
・ドラクエ9が7月に発売延期
・タンタンメンにはまる

昨年12月のYAMAHAの悔しさを胸に日程を見るも、就職するまで観戦封印だったので妄想で楽しむ。シュウォッチ大会は1日締め切りを勘違いしてた。ドラクエ9は結局延期理由は不明のまま。タンタンメンはストIVの影響ね。ダルシムのタンタンメンは、辛くてうまー!

3月
・社会復帰目指して短期アルバイト開始
・真夜中のゲーム大会4のDVDがようやく届く
・WBCで日本優勝
・寝室の床工事完了
・VCアーケード配信開始

アルバイトはいろいろな面で鍛えられた。「帰っていいよおっさん」とか怒鳴られたのも懐かしい。真夜中4はDVD見るとまたやりたいと思うね。多分もう開催しないと思うけど。WBCは話のネタになりすぎるので割愛。寝室の床工事にあわせて部屋の掃除もしたけど、もうだいぶ散らかってる。VCアーケードはスタフォ以降結局買ってないや。

4月
・春のアニメ大豊作。「けいおん!」「ハルヒ」「BASARA」「咲」他
・J2で5秒で退場のとんでもない試合
・久しぶりのカラオケオフ参加
・5月から契約社員の口が決まる

仙台はアニメあんまり買ってくれないんだけど、けいおん!は「良くぞ買ってくれた」とTBCを褒めて上げたい。ハルヒは「笹の葉ラプソディ」が頂点だったのが残念。5秒で退場したのは緑のチームの人。カラオケオフは久しぶりだったので、やたらと飲んで歌った。確かシャイダーを1発目に歌った。そして月末にようやく契約社員が決まり、5月から働くことに。

5月
・市内の楽器店にけいおん!コーナーを見かける
・ベガルタ生観戦復帰戦はAWAY草津戦
・プロレスチャンネルSAMURAI!解除。週プロも買うのをやめる
・ユアスタDJアシスタント面接に行く

けいおんの影響はリアルに凄かった。ギターとベース買っちゃう友人がいれば、きめんもキーボードマニアを再び遊び始めたり。続かなかったけどな。仕事決まった記念でだまし討ちで草津へ。みんな驚かせて試合も快勝で最高でした。なんかプロレス熱が下がってきたのと経費削減でSAMURAI!の契約解除と、約20年買い続けた週プロを買うのを止めた。しかし翌月…。DJアシの面接は緊張したけど楽しんでやれた。もし来年も募集があればまた応募したい。

6月
・定番企画「うろおぼ絵」がスタート
・日記で実況。サッカー代表戦とケータイ大喜利
・「いい電子」でベニーランドのテーマが話題に
・三沢光晴さん、試合中の事故により急逝
・その2日後、テッドタナベさんも亡くなる

もう半年以上も続いてる定番企画「うろおぼ絵」は6月スタート。マイミクさんが2人で始めた企画は、僕を巻き込み周囲を巻き込み、毎週20件以上の「うろおぼ絵」と言うタイトルの日記が書かれることに。年間最多コメント144件を記録した実況日記はこの月。ニコニコのアイマスベニーランドは9000再生を突破。
そしてプロレスファンにとって絶対に忘れられない出来事が。6.13に三沢さんが、6.15にテッドさんが相次いで亡くなられた。ぶっちゃけ、三沢さんに別れの挨拶をしそこなったことで、未だに信じられず引きずってる自分がいます。川田並にふさぎこむタイプだな、僕は。

7月
・3日連続七夕ネタ日記
・ハルヒ「エンドレスエイト」スタート。ほんとにエンドレスで滅入る
・ドラクエ9販売開始。すれ違い通信が評判に
・松島の水族館マリンピアに30年ぶりくらいに行く
・エヴァ劇場版・破を見る

七夕日記はエンドレスエイトの悪影響。つかあそこまでやっといて「消失」が劇場公開は無いよな。地上波で8週くらいでやってくれないと。ドラクエ9は僕はそんなに好きなシステムじゃなかったけど、すれ違いや地図は面白かったね。マリンピアは思った以上に面白く、侮っていて悪かった。破はテレビ版があった上でのアレンジと言う感じで、オリジナルとしては見られない感じ。

8月
・モンハン3(トライ)スタートもネットにつながらず意味無し
・ゲーメストでキンコンカンが掲載された号を発掘
・ペルセウス座流星群を見に行く
・アニメロサマーライブ参加

トライはバージョンアップがなかったからねぇ。今はチケット切れました。キンコンカンの号はごく一部にだけ評判よろし。流星群は初めて見に行ったけど、楽しいもんだね。もっとドカドカ降る日にまた見てみたい。アニメロサマーライブは、知らない声優と知らない歌がドッカンドッカン受けてて、以下に自分が主流にいないかと実感した

9月
・いかにしてきめんがきめんとなったかを語る
・光回線開通
・久々のジンギスカン祭り
・今年2度目のオクトーバーフェスト開催

きめんのハンドル名を知りたい方は、9月の日記を検索どうぞ。光回線開通でトライに再チャレンジ。しかし1ヶ月遅れのハンデは大きかった。宮沢橋でのジンギスカン祭りは大盛況。オクトーバーフェストも大盛況。飲みすぎ食べ過ぎ注意。

10月
・久しぶりに楽天観戦
・富山遠征でムズムズ
・宮スタで初代表戦観戦
・大人のゲーム大会Bom'b開催も決着付かず

なんか足が遠のいてたけど1年ぶりに楽天観戦。CSに近づく逆転勝ちでいいもの見た。富山遠征でKHBの加川さんに会ったり、いろいろ充実した遠征。宮スタ開催ナイターは10月でも十分寒かったよ。練習試合のようだったがな。Bom'bはちょっとグダグダに。1年ぶりだった分ネタを詰め込みすぎてしまったか。

11月
・最近のワンピースが面白すぎる
・ベガルタ仙台、ついにJ1昇格を決める
・凄く久しぶりに麻雀を打つ
・きめん日記classic
・きめんファンクラブBBS

結局白ヒゲは死ぬのかどうなのか? つか、ギアセカンドのさらに上が無いと、テンションホルモンだけではきついよな。AWAYの水戸で仙台が勝利、湘南分け、甲府負けで7年ぶりのJ1昇格が決定。今思い出してもニマニマ出来るほどの喜びと感動を忘れない。麻雀は久しぶりだったけど意外と打てるもんだ。勘は凄く鈍ってたけどな。classicはやる気がないときにコピペしようと思って結局それっきり。ファンクラブBBSは日記タイトルといい、内容といいかなり笑えるバカなオートサーチでした。

12月
・ベガルタ仙台J2優勝
・ムズムズ王冠被っておおはしゃぎ
・なんかお腹壊して倒れる
・M-1実況日記
・日記コメント解析
・ベガルタ、天皇杯でガンバに勝って元日の決勝へ(願望)
・けいおん!ライブで来年の第2期が発表になる(妄想)

引き分けになりながらもベガルタ優勝。そこでムズムズが全国に晒される奇跡。翌週の川崎戦のあと、お腹壊して会社休む。しかし原因不明だが、県内だけでも連日そういうニュース載ってるよね。M-1は鳥人に尽きるかな。ちょっと1人歩き始めてるけど。日記コメント解析は来年もやりたいが、そのためには日記書かないとね。
ラスト2個は願望と妄想。そうなるといいね。

いろいろと端折ったこと、書けないこともあるけど、そんな感じの1年でした。
三沢さんのときに思った「後悔だけはしない生き方」が出来てるかは疑問。まだまだ頑張れるはず。
そんなわけで残り3日間だけど、今年もまだまだ頑張るぞ!!

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/28(月) 00:29 ベガルタ仙台
ベガルタ/【天皇杯準々決勝】逆浦島を乗り越えて国立へ
 「逆浦島現象」

大人気ローカル番組「水曜どうでしょう」の人気企画「サイコロの旅5」にて、キングオブ深夜バス・はかた号に乗車した際に大泉さんが発した言葉。いわく
 「寝ても寝ても時間が進まない」
現象のこと。
過度なストレス状態で人間は、時計の進む速度が極端に遅く感じることを的確に捉えた発言。

ずいぶん時間が経ちましたが、12日は天皇杯準々決勝がユアスタで行われ、ベガルタ仙台は川崎フロンターレさんと対戦しました。
他の人がどうかは分からないけど、個人的に川崎に苦手意識はない。
2004年シーズンにユアスタで、前半PKもらって2-1で勝った試合と、寿人伝説のロスタイム2ゴールで2-2で引き分けた試合を見ているからかも。
等々力の負け試合はテレビで見たけど。
それでもJ1に定着し5年。リーグ戦やカップ戦の優勝争いに顔を出すようになった川崎と、6年かけてようやくJ1に復帰が決まったベガルタとの戦力差は歴然。

パスの速度や裏に抜けるスピード、ワンタッチで正確に前線にボールを繋ぐ姿は
 「テグ言うところの『J1は全てのスピードが速い』とはこういうことか」
と納得できるレベル。
多分初見でサッカーを見た人や、物心が付かない子供が試合を見たとしても、どちらが上かは歴然だろう。
それくらいの強力な戦力が川崎にはあった。

そもそも、2004年の段階でマルクス、ジュニーニョ、アウグストの強力外国人3人に我那覇を加えた、とんでもない攻撃力だったチーム。加えて関塚監督が就任6年目でチームとして意思疎通がなされており、「継続性が大事」と最近ようやく言い出した仙台とは雲泥の差。

それでも仙台が勝っちまうんだから、世の中は分からないものだ。

その試合の延長戦。
後半3分に平瀬の芸術的ゴールが決まり、残りは12分弱。この時間を守りきれば仙台が国立行きを決めると言う、その残り短い時間。
 「残り時間12分、しっかり守れ。」
 「残り時間12分…さっき時計見たばっかりだったか」
 「残り時間12分…ぜんっぜん時計進んでねぇ!」
反撃する川崎の攻撃の合間を縫って時計を見るも、全然時計が進まない。人は極度のストレスと緊張状態では、時間の進みがゆっくりに感じる。

 「こ…これは、逆浦島現象っ!」

サッカーの試合では数年ぶりに体感した、逆浦島現象。
それを乗り越えて国立行きの切符を掴んだのだから、もう怖いものは無し。
ベガルタ仙台が初めて立つ、ベスト4の国立晴れ舞台。
おのぼりさん上等じゃないか。1万人の梁ダンスで、地震計を揺らしてくれる。ベガルタコールを新宿まで響かせてやる。

29日は晴れますように。
って、地震キターッ!!

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/24(木) 23:44 マンガ
絵/【うろおぼ絵】マキバオーbyみどりのマキバオー
毎週木曜日好例のうろおぼ絵。今日のお題は、
 「マキバオー」
です。
「みどりのマキバオー」
の。

つか、今日はクリスマス・イブらしいのだが、しっかりうろおぼ絵を仕上げてくる皆さんには敬服だ。
多分、左手にチキンを持ち、銀紙の部分を噛まないように気をつけながらムシャムシャと食べつつ、うろおぼ絵を描いているに違いない。

さてマキバオー。

基本的に競馬もおんまさんもあんまり見ない人なので、原作もほとんど読んだことなし。
おんまさんに興味が無いという同じ理由で、「じゃじゃ馬グルーミングアップ」や「風のシルフィード」も読んでないよ。

札幌にいた頃はWINSが狸小路にあったから、有馬記念だけは購入してたかな。なんとなく知ってる名前に適当にかけただけで、儲かった覚えはないけどね。
仙台は馬券が買えないから、1度だけ福島競馬に行ったことがあるな。目の前を疾走するおんまさんは、迫力があって楽しかったよ。
当たらなかったけどな。

閑話休題。

マキバオーで唯一覚えてる話は、おやびんが原作ではなんか死んじゃうんだけど、その展開があまりにもひどいと言うクレームが付いて、アニメ版ではおやびんは死なない話に変わったこと、くらいかな。
本筋には全く関係ないな。

そんなわけで、マキバオーです。

どうぞ。

maki.jpg

違うよなぁ。
イメージとしては沸いてるんだけど、なんか全然違う物体になってしまった。

・白い馬で等身が小さい
・鼻水をいつも垂らしている
・クリスマスっぽくしてみた

最後はほんとにどうでもいいな。
そんな感じで、今宵もふけてゆく。

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/23(水) 23:01 日常
日常/司会とか人前で話すのとか苦手だかんね
最近はなかなか信じてもらえないことも多いが、激しく緊張しぃなので、人前で話すのは苦手。司会とかほんともう最悪に緊張します。ヤなもんですよ、あれ。

友人から結婚式の二次会の司会、ビンゴの進行などをお願いされたのは、せいぜい3回くらいか? 経験値としてはかなり低め。
それでもずいぶん「慣れてそう」なふいん…雰囲気がすると言われるのは、そういうふうに「見せる」のが、悪く言えば「誤魔化し」がうまいんだろう。

ちょっと時間が経ったけど、12月12日にマイミクさんとマイミクさんの「入籍披露の会」を開催。僕はちょこちょこ口を挟む程度に、進行役を担当。
普通この手のお披露目の会って、友人のお友達だったり、友人の会社の人だったり、僕のこと知らない人が結構いて、そういう人たちの
 「誰だコイツ?」
 「なんだコイツ?」
的な視線を受けつつも、軽快軽妙(自称)なトークで僕を知らないその人らから笑いを引き出し、自分のペースに引き込んでからようやく本番、みたいなAWAY感を感じるところがあるんだけど、今回は出席者全員が知り合い。
めっちゃHOMEで、まあやり易いこと、やり易いこと。
こんな楽でいいのかと思うほど、がっつり遊ばせてもらいました。

今回ナイショで、9月から入籍したマイミクさんの周囲の人物を「チェキ」で撮影してアルバムを作っていたんだけど、
 「本人たちには、もしかしたらバレてるかもしれない」
 「気づいてるかもしれないけど、知らん振りしてくれてるんだろう」
と、内心ヒヤヒヤで進行してたけど、さっぱり気づいていなかったようで、ナイスサプライズ!
作ってる途中で、アルバムがぶっちゃけあまりにも出来が良くて、上げるのが惜しくなり、
 「このままガメてしまおうか?」
と思ったりもしたけど、何とか一戦は踏み越えずに無事手渡し。喜んでもらえたようなのでよかった。

とりあえず来週は、そんな新婚家庭にお邪魔予定。
普段仲は良いものの照れ屋なお2人なので、比較的coolな姿を見ることが多いんだけど、部屋に通されて
 「まっピンクでフリフリ」
とかだったらどうしようかと、想いを巡らせる今日この頃。

そんなだったら、とりあえず写メだな。
docomoだけど。

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/21(月) 22:06 日常
日常/よく見なさい
冬至も間近で、この時期の朝は遅い。
朝の6時前では、まだ外は暗い。星が見えるほどだ。
少し目を凝らせば、明けの明星のそばを飛んでいく、ウルトラセブンの姿が見えそうな気がする。

そんな中、出勤の準備でひげを剃る。
電気シェーバーでひげを剃る。
安物だが、もう使い込んだものだ。鏡など見なくても問題なく剃れる。

ひげを剃り終えて、今朝もハンサムの俺様登場。
ん?
剃り残しがあるな。
鏡を見ると、鼻の下に黒くひげの剃り残し。

うまく剃れなかったか。

もう一度シェーバーで剃り直し。
鏡を見る。
まだ黒い。

おかしいな。

鏡を見ながらシェーバーで剃る。
残った黒いひげは剃れない。
指で触れてみる。

海苔だった。

明日は歯を磨いてからひげを剃ろうと思った。
そもそも、朝は暗いから電気を点けようと思った。

蛇足:
M-1「鳥人」ネタにネットわく
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1056952&media_id=32

録画していなかったのが痛恨。
youtubeも消されてるし、しばらく脳内再生で我慢。

代わりの鳥人動画。

凱みたいな大人になりたかった。

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/18(金) 23:59 ゲーム
ゲーム/ときメモ4は宮城がターゲット
15年ぶりに「きらめき市」が舞台となり、「ときメモファンド」なんぞに頼らず、自力で復活、販売にこぎつけた
 「ときめきメモリアル4」
を先日買ってきて、まだ遊んでおりません。

が、やることもなかったので、とりあえず説明書を眺めて見ました。
ヒロインさんとか、幼馴染さんとか、いつもの要素満載なところに、どうにも気になって仕方がないキャラクターが1人。

 「エリサ・ドリトル・鳴瀬」さん。

まるで「ドクトルワグナーJr.」のようなステキなお名前の横に、気になる一文が書いてありました。
公式HPの画像と一緒にご確認下さい。

tm005.jpg

tm004.jpg

えー、上のエリサさんの紹介文をかいつまんで引用。

 「生まれも育ちも宮城県で~中略~仙台弁で話し」
 「仙台弁がcute(ハート)」

えぇぇーっ!?

まさかの「だっちゃ弁ヒロイン」全国デビュー?
つか、ときメモの世界、「きらめき市」と「仙台市」はパラレルではなく、地続きだったのか?
こいつは驚いた。

しかしなぁ、仙台弁のヒロインは過去にすでにいるしなぁ。

tm001.jpg

うち、ラムだっちゃ。
いや、別に仙台弁がモチーフではないらしいしな、ラムだっちゃさん。今日の仙台をトラ皮ビキニで出歩いたら、電撃で「パリパリ」と暖を取っても、寒くていられんぞ。

他で言うと、

tm002.jpg

私、真宮寺さくらです。
いや、確かに仙台出身だけど「太正」時代の生まれだしなぁ。仮に「大正」生まれだとしても、90歳は超えてかなりのおばあちゃんになってるはずだし。未だに爺さんの背中をつねります。

あとは誰かいたっけか。

tm003.jpg

えみりゅんだ、りゅん!
人気の無いサンモール一番町でデートして、光のページェントでUFOを呼ぶりゅん! とか言う、かなり頭のアレな電波な人だった気がする。世紀末の電波人間タックルとか、散々な言われようだったしなぁ。

といろいろ書いたところで、心構えが出来たと思うので、エリナさんの登場シーンの動画をyoutubeから拾ってきたよ。

こちら。



1:27から本気出す!

僕は初めて見たとき、あまりにも予想通りで腰が砕けたよ。
とりあえず、コナミは死ね。

つかさ。

おまえ、ハイスクール奇面組に出てきた
 「ナンシー・トルネアータ」
だろ!

すだども。

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/16(水) 23:01 日常
日常/たまには人任せでなく
自分で当てようよ!

今日、仕事から帰るとなにやら見覚えのない箱。
あて先は僕。

st1.jpg

st2.jpg

サントリー?
おいおいおい、東北人にサントリーは禁句だぜ。
未だに「熊襲」発言を根に持ってる東北人も少なくないんだぜ? もう20年以上前の話だけどな。
僕自身は子供の頃の話しだし、根に持ってないけど、僕も未だにサントリーのビールはめったに飲まないしな。
とにかく気をつけたほうがいいぜ。

で、何を送ってきたんだ?

st3.jpg

st4.jpg

 「-196℃ ストロングゼロ 生活応援
 『1缶買って12缶当たる!』キャンペーン
 ご当選おめでとうございます!」


んん~?
応募したっけこんなの?

あーそういえば、酔っ払ってやることがないときに、缶に貼ってあったバーコード読み取って送った気がするわ。
あー、当たったんだ。めっずらしい!

 「また限定品の蝶野デザイン缶を同封させていただきますので云々」

st5.jpg

そうだそうだ。
 「アイムストロング! ストロング!」
って言ってる蝶野に、
 「お前はゴーファーか!」
って突っ込むCMな。
よく見たわ。
確かに蝶野の影響で、このストロングゼロ呑むようになったんだ。こうして考えると、CMの影響ってすごいなぁ。

今年の僕はクジに外れまくり、ベガルタの会場プログラムのご飯も当たらずじまい。僕の周りでは、PSPが当たったり、ライブのチケット当たったりしてる人もいると言うのにさ。
そいで、クジには当たらないのに、年末に変な菌には当た…ゲホッ!ゲホッ!

まあいいや。

サントリーさん、ありがとうございます。
まだ呑める体調ではありませんが、回復次第大事に、おいしく、飲ませていただきます。

st6.jpg

いいよね、ダブルグレープフルーツ。
フルーツの甘みとすっきりとした喉越しで、それでいて8%もあるアルコール度数を感じさせないさわやかさがあって。
とってもおいしいです。

ビールはキリン派ですけどね!
次点でサッポロ。

宣伝
-196℃ チューハイ サントリーさんOHP
http://www.suntory.co.jp/rtd/196/index.html?fromid=001

若い人向け
東北熊襲発言
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E7%86%8A%E8%A5%B2%E7%99%BA%E8%A8%80

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/11(金) 00:00 マンガ
絵/【うろおぼ絵】ウルトラセブンbyM78星雲
ノンマルトはとっても弱いんだ。

こんばんは。
毎週木曜日なぜか好例のうろおぼ絵。今週のお題は
 「ウルトラセブン」
です。

ようこそウルトラセブン。まあ座りたまえ。

地球人vs侵略宇宙人をテーマに、深みあるストーリーと重い展開に「ウルトラシリーズ最高傑作」の呼び声高い、特撮史に残る名作です。
ウルトラシリーズの中で、きめんが唯一「全話見たことのある」ウルトラ兄弟でもあります。当時LDボックス買ったのでね。

地球の軌道を少し変えて欲しい。

前々回の「C3PO&R2-D2」の回に「黄色いウルトラマン」と評価されたことに憤慨し、次回のテーマが周ってきたら
 「ウルトラマンにしてやる」
と思っていたのですが、さらに描きにくそうなウルトラセブンにしてみました。

まるでキチガイ病院だ。

これまでお題を担当したときは、
 「いかに相手の足を引っ張るか」
しか考えておらず、結果自分の足も盛大に引っ張りどツボにはまってきた僕が、恐らくその造形をほぼ完璧にマスターしている、数少ないキャラクター。
それがウルトラマンであり、ウルトラセブンです。

そういえばあの少女、いつもガムを噛んでいた。

なので、今回僕の勝利は動かない。
完璧な作戦だ。

これを
 「マイミク暗殺計画(前編)」
と名づけることにする。
セブンにアロンをけしかけたガッツ星人のような、完璧な計画だ。

と言うわけで参りましょう。
 「ウルトラセブン」
です。

どうぞ。

D1000494.jpg

完璧!

・エメリウム光線(タイプB)は2本指
・鎧の模様は四角
・耳は三角

アンヌ、僕はね。地球人じゃないんだ。M78星雲から来た、ウルトラセブンなんだ!
えっ?
ビックリしただろう?
地球人じゃなくても、ダンはダンよ。

さて、そんな感じで今宵も勝負!

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/10(木) 01:32 未分類
mixinews/どこからどこまで? アニソンの定義・その2
ちょいと前の記事だが、タイトルと内容がアナザーディメンジョンしてたよ、このコラム。

【コラム】 どこからどこまで? アニソンの定義・その2
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1041876&media_id=44

個人的にアニメソング(アニソン)を定義するなら、アニメ「本編」で流れてれば全部アニソン。映画もOVAもアニソン。実写版、キャラソン、イメージソングは却下だが、本編中に使われればあり。
世間的には特撮も含まれるが、ゲームは含まれてないと思われる。

あとは「知ってるか知らないか」だけ。もしカラオケで歌うなら「場の空気」だけ。
 「こいつはこの曲を選択した。ならば、この曲もいけるのか?」
と言う、手探りの攻防は楽しいよね。
相手の懐がどこまで深いのかを確かめ合うと言うか。その結果、
 「こいつ、出来る!」
となれば、友情でも愛情でも芽生えよう。

あー、カラオケ行きたい。

蛇足だが、キャラソン(キャラクターソング)の話。
例えばガンダムで超有名な「シャアが来る」を引き合いに出すと。



テレビ版で普通に流れてるのでアニソン。
キャラクターのイメージソングだが、別に池田秀一歌ってねーし、
 「アムロ、セイラ、シャア、ララァのキャラソンレコード4ヶ月連続発売」
とかしたわけじゃないしね。

ちなみに、有名人の歌うカバーアニソンは
 「有名人のアニソンカラオケ」
と言う認識でいます。
別にアニソンに限らず、カバーはなんとなくカラオケに聴こえるけど。

あ、「ミ・アモーレ」と「赤い鳥」は別物だな。

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/07(月) 23:59 スポーツ
日常/スポーツを見る目の経験値
経験値。エクスペリエンス。EXP。

僕は例えば「プロレス」なら。
約25年の観戦歴(テレビ観戦含む)を考えれば、年間で新日と全日をほぼ毎週。さらに1回の放送で2~3試合を見ることを考えれば、これまでの観戦試合は
 「3000試合」
は超えているんではなかろうか。

もちろんメイン級の試合以外に、ファミリー軍団vs悪役商会や、ヤングライオンの第1試合とかも含まれるし、チャンカン秋山vs大森の「7秒」とか、鈴木みのるvs菊タローの「1秒」も「1試合」に含まれるが。
通しで見ていないにせよ、見た興行数でも「1000試合」近くにはなろう。そりゃあ、見る目が養われるというものだ。試合中に、全然違う何かを見ていたりするものだ。

これが例えば「野球」なら。
こちらも約25年の観戦歴(テレビ観戦含む)から逆算すれば、日本シリーズやオールスターを含めれば
 「1500試合」
は堅いところだろう。なにせ1試合が長いので、プロレスほど観戦試合数は増えないが、見る機会がとにかく多いしね。高校野球も結構見てたりするし。

とは言え、チャンネルをひねってすでに7点差くらい付いてて「もう見なくていいや」ってのは、見たうちには入らないと思うが。
これだけ見ていれば、伝説で語られる試合や場面もそれなりに生中継で見てるよね。そういうのはやはり財産だ。

これが「サッカー」だとどうなのか。
子供の頃はトヨタカップがどれだけすごいのか、ワールドカップが何ぼのものか知らなかったし、Jがプロ化されてまだ17年ほど。93年の「ドーハの悲劇」ですら、どういう状況なのかあとから知ったし、ちゃんと試合見るようになったのは「98年フランスW杯予選」あたりか。野人のゴールはちゃんと延長まで見たよ。

その後ベガルタに出会って試合を見る機会は飛躍的に増えたけど、それも「2部」の試合だし、合計でせいぜい
 「300試合」
くらいか。代表戦やJ1、ナビスコとか含めても「500試合」に届くかどうかと言う感じかな。

だから、プロレスなら「今の外道の受け身はすごい」とか「東郷の今のセールはさすが」とか言えるし、野球なら「今の直球の前のフォークが効果的」とか「追い込んだら真ん中にシンカーを落とす」とか、知った風な口を叩ける。
けれども、前述の2つの競技に比べるとサッカーは、「中盤の底で富田が利いてる」とか「オフザボールの裕希のポジションがいい」とか「今の平瀬のポストは効果的」とか、まだ僕はよくわかんねーや。

まあこういうのは蓄積だからね。すぐに経験値が増えることもないし、はぐれメタルみたいな試合も無いだろう。自分の分かる範囲で楽しめればいいやぁ。

と言うことを、「クイズマジックアカデミーVI」の「プロレス検定」と「プロ野球検定」を受けて、
 「プロレス検定=S級」
 「プロ野球検定=A級」
と言う評価を受けたときに、
 「じゃあサッカー検定がもしあったら僕は何級なんだろう?」
と思ったときに、思いつきました。
海外サッカーとかさっぱり分からないから、頑張っても「C級」かな?

ちなみに「アニソン検定」はB級でした。
いろんな意味で恥ずかしい!

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/06(日) 23:55 ベガルタ仙台
ベガルタ/【第51節】GO TO NEXT STAGE
1-0で仙台リード。ロスタイムは残り3分。
あと数分我慢すれば、悲願の優勝。この段階で初めて、声を出していた僕はヒザが震えだした。昨年のYAMAHAのロスタイム以来の緊張。

 「頼む。このまま何事もなく試合を終えてくれ」

その願いも空しく、仙台は同点ゴールを奪われてしまう。
一瞬頭が真っ白。遠のく優勝。その瞬間、僕の頭を過ぎったのは、

 「このあとの飲み会、微妙な空気になっちゃうよ」

だった。
そしてホイッスルが鳴る。引き分け。やらかした。最後の最後でやらかした。
そうだった。忘れていた。僕の応援してるチームはベガルタ仙台。日本一のネタチーム。そのチームが最後の最後まで安定した戦いで優勝だなんて、どれだけ驕り高ぶってるんだよ。

結局引き分けた。
でも優勝した。
変なの。

1位の仙台がロスタイムに失点して引き分けなら、2位のセレッソはロスタイムに2失点して敗戦。

 「しっかりしろよ昇格チーム。J1はこれ以上に厳しいぜ」

2009年のJ2を共に戦った相手チームからの、叱咤激励というところか。
ホーム12連勝中、ホーム不敗はJ2記録更新中、5試合連続無失点、ベガルタカラーのネットになってからは無失点。
それらを全てリセットするための愛媛FCからの厳しい檄。そう思うことにする。

優勝したから言えることだけどね。

確かに引き分けたかもしれないが、優勝と言う事実は変わらない。
チーム初のタイトルを手にした。優勝記念のシャーレを手に入れた。
そして、スタジアムにいる全ての人が笑顔だった。
優勝っていいね。
この日の感動を忘れず、いつの日かJ1でも優勝の瞬間を味わえる日が来ますように。

ところで。

J1昇格決定の瞬間も、J2優勝決定の瞬間も、どっちも携帯の速報で知るってのは、やっぱり変なチームだね。
そんな大好きなネタチームと一緒に挑む次の舞台。
その舞台でも、たくさんの笑顔が見られますように。

GO TO NEXT STAGE。

でも、その前に。
来週の天皇杯。川崎さん、よろしくお手柔らかに!

蛇足:
サガン鳥栖がセレッソに勝利した場内アナウンスのあと「サガントッスッ!」コール。
愛媛FCとはエールの交換。
J2の相手チームのチャントはきっちり覚えてるもんだね。
梁ダンスを一緒に踊ってた愛媛さんは、来年から使ってもいいんじゃないか? 元々うちらもベンチーニョのを譲り受けてるんだし。

蛇足2:
ようやく録画を見たが、シャーレを掲げる梁は今年のベストシーンかもしれない。
あと、YESが昇格の瞬間でともおが優勝の瞬間と言うのは、役割分担として絶妙だと思った。

蛇足3:
ようやく大体の日記、ニュースの閲覧を終える。
2chのベガスレはdat落ちする前にログ確保したが、土曜の朝から3スレ消費。ものすごい勢い。ムズムズの富山、対戦相手の愛媛は普通な感じ。
湘南と甲府もスレの勢いがすごいが、内容的には真逆なんだろうな。まだ読んでないけど、明日以降の酒の肴にする予定。

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/04(金) 00:04 ベガルタ仙台
ベガルタ/高桑と小針と岡山を思
今更ながら、日曜に行われたJ2第50節のAWAY、vs徳島戦でベガルタは4-0で快勝。優勝に王手をかけた。
その試合で引退セレモニーを行ったのが高桑大二郎選手。

個人的に同い年と言うこともあり、同じく48年組の大柴克友選手と共に内心かなり応援していた。
高桑はベガルタ不遇の時代にゴールマウスを守ったGKと言う印象。
入団した03年は守備がほころび、大量失点が続く日々。スタメンは小針に奪われた。
04年はガスパルとのコミュニケーションに苦労し、05年は都並体制で苦労した。

そして忘れもしない2006年の2度のヴェルディ戦。
いわゆる「鍋島ファイト」により2度もPKを止めたにも関わらず、不可解な判定で3度目のPKを蹴られて決められた。
雪辱に燃えた次の対戦では、相手GKに80m超のFKを直接決められる大チョンボ。
このあとはベガルタのゴールマウスを守ることがないまま、戦力外となってしまった。

ユアスタの自由南席で見てるとき、後半に得点が入ると自由南側を振り向いて、ガッツポーズをする姿が好きだった。
長い間お疲れ様でした。

その高桑選手と、長い間ベガルタの正GK争いをしてきたのが小針清充選手。
ベガサポではもはや伝説のGK高橋範夫選手から、正GKの座を奪った選手として記憶に残る。
しかしこちらもまた、悲劇の人と言うか。忘れもしない04年開幕戦。J2降格後初の公式戦は、横浜FCに格の違いを見せ付ける試合になるはずだった。しかし、小針は10分もしないうちに負傷交代。この試合は0-4で負け、小針は以後、このシーズン試合に出ることは無かった。

続く05年開幕戦をHOMEで迎え、2年連続で開幕のピッチに立った小針は、ハイボールの処理を誤り失点。その後も低空のシュートの処理を誤りトンネルして失点。結局J2初年度の徳島に0-3で負け、大雪の爪あと残るユアスタで、雪の寒さ以上に寒い試合を演出してしまった。
そんな小針が栃木SCを戦力外。出来れば悔いなく、サッカー人生を続けていただきたい。

しかし考えてみれば、高桑、小針の跡を継いだシュナイダー潤之介選手が、入団した年に指の骨折から出場機会を失い、結局退団したことを考えると、ベガルタのGKは層が厚いんだけど、妙な悲劇に見舞われている気がする。
逆に、レンタルながら丸3年近くの間、安定したパフォーマンスを続けている林の凄さが改めて分かる。

長くなったので、駆け足で岡山一成。
フィクションの話なら、愛し合う2人が引き裂かれて、その後2人とも幸せに暮らしたという話はあろうが、現実世界においてはなかなかお目にかかれない。
僕の経験が薄いだけか?
「柏とは友情、ベガルタとは恋愛」と言ってくれた岡山が昨年戦力外になり、今年テスト生から這い上がり、ACLで韓国のクラブチーム所属として優勝。トヨタクラブワールドカップに出場を決めた。
岡山と別れた仙台は、今年悲願のJ1昇格を決めた。

愛し合う2人が分かれて、それでも2人とも幸せな年を迎えることが出来た。これはきわめて稀有なことだろうし、分かれ方はドロドロだったけど、結果として別れて正解だったと言えるかもしれない。
お互いが幸せなら、次に会ったときはきっとお互いに笑顔で会えると思う。
そのときがいつになるか分からないが、もしそのときが来たら笑顔で
 「元気?」
ってお互いに挨拶が出来るといいな。

だからさ。その日を迎えるためにも。
土曜日は絶対に勝つんだよ! 勝つ!! 勝つんだ!!!

他にも今年は、財前や石井俊也、村松、ついでに藤吉の戦力外があったりして、6年の歳月の長さを感じずにはいられない。

ほんの2時間前にあんな絵を描いておきながら、ちょっぴりセンチメンタルグラフィティ。
りゅん!

おまけ
片岡功二・高桑大二朗 引退セレモニー①


片岡功二・高桑大二朗 引退セレモニー②


見ると泣くから見ないほうがいいよ。
現地で高桑にお別れと感謝を伝えてくれたお友達に心より感謝。

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/03(木) 21:34 マンガ
絵/【うろおぼ絵】アントニオ猪木by猪木アイランド
テイム(以下テ):
もう何ヶ月続いてるんすか!? 何ヶ月うろおぼ絵が!
きめん(以下き):
だったらブチ破れよ! なんでオレに絵を描かせんだ、お前。
テ:
じゃあ、やらせてください。うろおぼ絵のお題を! いいですか、オレはやりますよ! お題を!
き:
オレは前から言ってる。遠慮なんかする事はねえって。ネット上が闘いなんだからよ、同級生もクソもねぇ!
テ:
これが流れじゃないですか。うろおぼ絵の!!
き:
じゃあ、力でやれよ、力で!!
テ:
やりますよ。
き:
やれるのかお前、ほんとに!

きめん、テイムをビンタ。
テイム、ものすごい音できめんをビンタ。
その後、救急箱から何かを探すテイム。どうやらお目当てのものが見付かったようだ。

テ:
お願いします。お題やらせてください。

ジョキジョキと前髪をハサミで切り始めるテイム。

き:
おいおい、やめろやめろ

今回のお題がこのように決まったと言う。
話は全く聞かない。

毎週好例の「うろおぼ絵」。今週のお題は
 「アントニオ猪木」さん
です。

12月3日で「123」だからだそうです。やるね! 僕なら今日発売の「ときメモ4」のヒロインの誰か、と言うお題にしていたかもよ。買ってないけどな。
つかさ、「うろおぼ絵」って言うかむしろ「似顔絵」だよね。
これまで、アニメやゲーム、特撮はあったけど、実在の人物ってお題は始めてだ。
さすが、うろおぼ絵の枠を広げたね。
と言う思いを、冒頭の「テイム革命」にぶつけてみました。

さて、猪木。

きめんと言えば、自他共に認めるプロレスファン。
80年代の黄金時代に始まり、90年代の三銃士や四天王、各種インディー団体もそれなりに見てきた自負がある。
お題が猪木であるならば、プロレスファンならではの解釈があるだろう。
ただ似せるだけでは面白くない。シチュエーションって物が大事なんだ。

と言うことを加味して、描いてみました。
どうぞ。

ino1.jpg

これはね、有名な新日本プロレスのパキスタン遠征で行われた
 「猪木 vs アクラム・ペールワン」
の試合後の一コマ。
猪木は相手にガチを仕掛けられてね、寝技の状態で目に指を入れられたりするような、凄惨な試合だったそうだ。そこで猪木は相手の腕を折り、試合を決着させたんだ。そして試合後に、
 「折ったぞーっ!」
と観客にアピールしたんだね。カメラは引きの映像だったんで、ずいぶん遠めで観客の頭とか入っちゃってるね。

ん?
遠い?
もっと寄ったのは無いのか?

はっはっは。これは冗談ですよ。
だって、この試合のことよく知らないもの。新日20周年記念LDボックスで見たっきりだもの。思い入れなんか無いよ。

と言うわけで、印象深い猪木のシーンはこちら。

ino2.jpg

有名な「ベロ出し失神KO」事件。
IWGP優勝決定戦で、ハルク・ボーガンのアックスボンバーがエプロンにいた猪木に炸裂。場外に転落した猪木は失神状態。セコンドが必死にエプロンに上げるシーンを古館アナが、
 「今、猪木が上がるのをセコンドの選手が手を貸した様な気がしますが」
と必死でフォローした実況が忘れられない。
なんか、横たわった状態はうまく描けたかな?

ん?
違う?
顔が見えるのは無いのか?

はっはっは。
前フリが長いのにも困ったもんだね。携帯厨なんか一切無視だよ。久しぶりのプロレスの話題なんで、筆が滑らかで困るね。

と言うわけで。
アントニオ猪木さんです。

どうぞ。

ino3.jpg

お前、横浜学院の土門さんだろ?
どっからどう見ても水島新二臭しかしねぇ!
おかしいなぁ。
「プロレススーパースター列伝」の有名な一コマを忠実に模写したはずなのに、さっぱり別物になってしまった。
アゴがポイントのはずなのに、目にしか注目が行かないよね。

はいはい、ワロスワロス。

あ、ついでにオマケ。

ino4.jpg

こちらは「プロレススターウォーズ」の有名なシーン。
ウォリアーズクラッシュNo.3を喰らった直後、上田馬之助の助言を受け、反撃に行くBI砲ですね。
このシーンを覚えてる方がいたら、僕は全力で愛します。

さて、みんなはどうよ?

コメント:0 トラックバック:0

2009/12/02(水) 00:16 日常
mixinews/ネット流行語大賞2009
今年もネット流行語大賞が発表されたようで。

ネット流行語大賞2009・ケータイ流行語大賞2009結果発表です!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1031068&media_id=85

ネット流行語大賞2009 年間大賞金賞
「※ただしイケメンに限る」

ネット流行語大賞2009 銀賞
「どうしてこうなった」

ネット流行語大賞2009 銅賞
「裸になってなにがわるい」

ニコニコ主導で行くとどうしても偏るかな。弾幕やタグに登録されると、自ずと見ちゃうからね。
個人的には銅賞が、いかにもネット用語って感じで好きですが。明日も普通にFNS歌謡祭の司会をされるようですが、あの事件が明るみになった際、世の男たちが概ね、
 「別にいいんじゃね? 犯罪じゃないし」
と言う感じのスタンスだった辺り、まだ日本は大丈夫だと思いました。ストレス溜まる仕事だろうし、酔っ払って裸になるくらい問題ないでしょ。

ちなみに、個人的に今年よく使った言葉は
 「ものっそい」
かな。
どこから来たのかよく分からないけど、最近口癖になりつつある。僕はどうでしょうの藤村くんの口調が移ったりと、影響を受けやすいので気をつけたい。

あと、極私的につぼに入った言葉としては、
 「キャーノノワサーン」
がベスト。
ニコ厨ですから。つかニコマス厨。

 「どこで使うのよ?」

と言う意見もあるかもしれないが応用としては、9/2(水)「湘南 1-1 栃木」の試合後のとある場所にて、

791 名前:別仙[sage] 投稿日:2009/09/02(水) 21:06:11
栃さん的には勝てなくて残念かもしれないが言わせてくれ
ありがとう!

793 名前:栃木[sage] 投稿日:2009/09/02(水) 21:49:59
>>791
( ´,_ゝ`)フフン

795 名前:U-名無しさん@実況はサッカーch[sage] 投稿日:2009/09/02(水) 22:25:29
>>793
キャーッ! トチギサーン!

と言う感じで使う。
多分、使う機会は二度と来ない。

コメント:0 トラックバック:0