きめんスーパーアリーナ
『きめんスーパーアリーナ』は、全天候型屋内競技場及びイベントホールです。20110701よりココログに再移行。http://kmnparty.way-nifty.com/manga/
2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08


2007/08/21(火) 23:59 日常
旅記/0812/徳島~大阪キャラバン~高松
8/12(日)
その日の朝、きめんは高速バスの中にいた。
前日、人生初の四国上陸を果たしたにもかかわらず、なぜか阿波踊りが開催される徳島を後にし、本州に向かってUターンしていた。

その理由は、大阪は心斎橋で
 「ハドソンキャラバン」
が行われるからだ。

普段はそんな行動に出ないけれども、今回はベガルタの観戦が絡んでいるため、16日(木)までは自由行動。
ならば、1日くらい大阪にいても問題ないだろう。

そんなわけで、大阪に到着。
暑い! とにかく暑い!
関西出身の元同僚が、
 「関西人に東北の暑さはぬるい!」
と、僕を一喝したことがあるが、確かにその通りだ。
この暑さの中で1年を過ごせば、暑さにはだいぶ体性が付くだろう。

そんな中を、なんば駅から心斎橋まで、てくてく歩く。
「ジリジリ」と言う擬音では足りない中、汗まみれにながらも、会場となる心斎橋に到着。

12001.jpg

12002.jpg


アーケードに面して人通りは多いが、時間が11時と早いため、まだ人は少なめ。
とりあえず、1ヶ月で3度目の対面となる、高橋名人にご挨拶。

き:
おつかれさまです。
高:
あれ、どうしたの?
き:
徳島でサッカーがありまして、ちょっと寄ってみました。
高:
ちょっとって、遠いでしょ。
き:
はい…。

徳島-大阪間は、バスで2時間20分くらい。
まあ「ちょっと」では無い気もするが、仙台からここまで1000km移動してる者にとっては、ちょっとと言えなくも無い。

とりあえず、「スターソルジャーR」のブースをうろうろしていると、「きめんさんですか?」声をかけられる。
一瞬驚くも、その方は名古屋の支配者・軍曹さんの奥様のとうこさん。
やはりキャラバン目当てで、わざわざ遠く名古屋から、お子様を連れて参戦されていた。

き:
遠いところお疲れ様です。
と:
いやいや、仙台のほうが遠いですから。

そうだった!
不思議なもので、自分がその場にいると、遠くから来てることとか、瞬間的に忘れちゃうんだよね。
そんなことをしていると、地元大阪在住のSSS宇宙一の男・おにぺこさん登場。
大阪府民よりも先に会場にいる、宮城県民と愛知県民と言う謎の図式の中、高橋名人から重要なコメントが発表された。

 「今日はスタソルRを使って、ゲーム大会をやります」

なに!?
仙台や他の会場のように、遊んで終了ではないのか?
キャラバン会場でゲーム大会に参加できるのか?

こんなおいしい機会を逃す手は無い。
とりあえず、他の人にまじって、スタソルRの練習。
軍曹さんが100万点を越える中、僕は95万点がせいぜい。やはり、道中のプレイに差があるのか?
それでもこのスコアなら、入賞くらいは狙えるだろうか…。

と、思いながら、本番。
大会開始ギリギリに到着した、さとしんさんも合流。マイマスター・なかじ師匠は、いまだにバイクでかっとんでるらしい。間に合いそうにないなぁ。

とか思ってたら、僕の出番。
よっしゃあ、頑張るぞ! と気合を入れるも、この手の一発勝負の本番で、うまく言った試しが無い。
つか、プレイ前から高橋名人にいじられまくる。そして、決してそのせいではないが、見事に爆死。
きめん、初のキャラバン大会は、無残な結果に。

で。
とりあえずそんときの動画があるんですが、ちょっとここでお詫び。
この日夕方の3回目の大会のときに、会場のハドソンの方とやり取りがありまして。それは、大会の様子をビデオカメラにて、撮影していたときのこと。

ハ:
すいません、開発中のゲームなので、撮影はご遠慮いただけますか?
き:
あ、すいません。でも朝から、結構撮影しちゃってますけど。
ハ:
すでに撮影した分は構いませんが、なにぶん開発中のゲームなもので。
き:
分かりました。今日の撮影した映像は、絶対に「Youtube」や「ニコニコ動画」に上げたりしませんので。
ハ:
いや、そんなリアルな!

と言うことで、ゲーム映像は使えないんですが、会場でのやり取りが面白かったので、動画に「モザイク」をかけて処理してみました。
多分これなら大丈夫だと思いますが、見ていても面白いものではありません。
が、一応あげてみます。どうぞ。

http://kmnparty.way-nifty.com/manga/files/osakacrvn.wmv

個人的に、高橋名人に初めて「きめん名人」と呼ばれたことが、印象的でしたね。
すいません、偽者の名人なのに。

この日、大会は3回行われ、1回目は爆死。2回目は低調なスコアに終わり、迎えたこの日最後の3回目の大会。

バスの時間も迫っており、あまり長居出来ないので、1番手にエントリーさせていただく。
すると、1組目として相対するは、軍曹さんではないか。100万越えを連発する人と同時にプレイできるとは、光栄の極み。
ここで、全てを出し切るんだ、きめん!

そうして出したスコアは、994,700点。自己最高スコアが最後の大会で飛び出した。
対する軍曹さんは105万点を越えている。ありえない。しかし、自分の最高スコアが出せたことで、僕は満足していた。加えて、この日の大会の流れから、99万点台は毎回入賞できていた。
この分なら、今日は気持ちよく帰れる。

そう。
このときまでは、そう信じていました。
しかしよもや、ここからきめんの転落人生が始まるとは!

僕が2位キープのまま迎えた、大会最終組。
プレイするのは、SSS宇宙一・おにぺこさんと、ミスターこすり連射・なかじ師匠。くしくも、大阪勢同士での対戦となった。
いや、大阪キャラバンだから、それが普通だ。

2人ともプレイスタイルは異なるが、着実に点数を伸ばしていく。
100万点越えして欲しい気持ちはある。だが、あんまりうまく行くと、僕が入賞できなくなる。かと言って、失敗を祈るような気持ちにもなれない。
フィギュアスケートの「キス&クライ」で待つ選手の心境って、こんな感じですか?

そして、アタック終了。
両名ともに100万点越え。
きめん、最後にごぼう抜きされ、4位に終わる。

戦いは、いつでも厳しいものだよ。
それが分かっただけでも収穫か。
この日、僕らがどれだけ楽しんだかは、高橋名人blog「16連射のつぶやき」に、その様子が掲載されているので、ご参照のほど。

さて、敗れはしたものの、気持ちよく大阪を去ろうとしたところ、ここで2度目の転落。
18:20発のバスの時刻を18:40と記憶していたため、すでに徳島行き高速バスが出発していた。

大阪駅で呆然とする僕。
どうすることも出来ないので、改めて徳島行きのバスチケットを購入する。

心身ともに疲れ果てた状態で徳島駅に着くと、ちょうど阿波踊りが終了した直後。
徳島駅周辺は、ものすごい数の人でごった返していた。
重い荷物を抱えたまま、高松行き普通の電車に乗る。

散々込み合っており、最後には1両編成の中に押し込まれる僕。
しかも、接続する電車が遅れたりしたので、高松駅到着は日をまたいだ午前1時過ぎ。

フラフラと夜の高松をさまよい、まんが喫茶にたどり着いた頃には、2時近く。
シャワーも浴びられないまま、きめんは狭いテーブルにて、短い眠りに付くのだった。

~8/13に続く~

day3.jpg

スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0

旅記/0813(1)/高松~高知~室戸岬~高知 旅記/0810~11/仙台出発~松本~徳島戦
コメント一覧
きめん
おねいち姐さん
> 満足げな表情がぐぅです!

まあ表情は作ってますけどね(笑)
このあと、ひどいことになるとも知らず、のんきな笑顔だなと(笑)
URL 【 2007/08/22 18:58 】 編集
おねいち
名人のブログの写真を見てむせました。
満足げな表情がぐぅです!
URL 【 2007/08/22 10:56 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する