きめんスーパーアリーナ
『きめんスーパーアリーナ』は、全天候型屋内競技場及びイベントホールです。20110701よりココログに再移行。http://kmnparty.way-nifty.com/manga/
2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09


2009/08/14(金) 22:10 ゲーム
ゲーム/懐ゲーセン話(仙台地区限定)
以前から、ずーっと探していたんですけどね。
なかなか見付からなかったのですが、今回掃除にあわせて思い切って一番奥の資料まで引っ張り出してきたところ、ようやく見つけましたよ。

僕が探していた資料は「ゲームセンターを10倍面白くする本」の見出しでおなじみの「ゲーメスト」93年10月号。
発売が93年8月30日だから、今から16年くらい前になりますか。僕が若々しくて、ツヤツヤしてて、刺々しかったあの頃です。だいぶホコリくさくてかび臭いそちらの表紙はこちら。

gm001.jpg

世の中はストII真っ盛りの時代。
2度のバージョンアップを受け、とうとう発表された「スパストII(notX)」が巻頭記事で、ゲーム業界がこれからどんどんのし上がっていこうとしている、一番活気に溢れていた時代です。

gm002.jpg

ゲーメストアイランドは、この号で通巻100号を記念してのお祝い記事が大目。そんな中、相変わらず独自の姿勢を貫く「つっこみ三昧」がステキです。

gm003.jpg

この時期だと、読者投稿ページにはもう、あの偉大なる戦士の名前が見受けられないですな。今でも北海道でお元気にされていると信じています。

ページを進めて、ゲーメスト通販ページは「テレカ」の特集。

gm004.jpg

携帯の普及で最近見かけなくなった「テレカ」に、時代を感じますな。
今と違って「萌え」なんて軟弱な単語が存在しない硬派な時代。テレカの面々も「餓狼2」「キャプコマ」「池上遼一」と、男臭さが満載です。
その反面、「ギャルズアイランド」「克 亜樹」辺りに、現在につながる「胎動」を感じずにはいられません。

マンガは天獅子先生の「龍虎の拳」が連載中。

gm005.jpg

この回は、藤堂先生大活躍の回でした。
ごめん、ちょっと誇張した。そんなに活躍してない。
今では近代麻雀で「傀(カイ)」を連載中の天獅子先生ですが、この頃のアマちゃんのリョウやロバートを見てると、肉弾戦でも「傀(カイ)」が勝つんじゃないかと思ってしまいます。

さて、前置きが長くなりましたが、僕がこの号のゲーメストを探していたのは訳があります。
こちらです。

gm006.jpg

gm007.jpg

gm008.jpg

今は亡き、愛宕橋にあったゲームセンター「キンコンカン」。
セブンイレブンの裏にあったそのお店は、当時中学生だった僕らの財布に優しい「50円/1PLAY」で人気を集めていました。
人通りがまばらな割りには店内にお客は多く、最新作の導入も早い。ハイスコアランキングも導入しており、常連に全国区の猛者もいた、まさに理想のゲーセンでした。
僕が「グラディウスII」を初クリアしたときには、10人以上のギャラリーに囲まれたのもいい思い出です。

なんか、僕らの後の年代だとこの「キンコンカン」知らないって言う人が多いので、ようやく探し出してネットにあげることが出来ました。
これで後世に語り継いでいくことが出来るでしょう。
「百聞は一見にしかず」と言うけれど、この写真1枚あるだけで、これをきっかけに当時の思い出が蘇るってことはあると思うしね。
店内の写真がないのがちと残念だけど。

検索用:キンコンカン、(有)三和レジャー

ちなみに、このゲーメストの裏表紙は、

gm009.jpg

ポリネットウォリアーズ。
驚異的に売り上げとインカム悪かったらしいよ!
レバーの修理は1本5万円。
ペイできないって!
スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0

日常/必殺!暗黒流れ星 絵/【うろおぼ絵】おじゃ魔女どれみ
コメント一覧
きめん
よくこんなサイトにたどり着きましたねw
学生時代はゲーセンめぐりだけで1日つぶれたものです。
URL 【 2014/03/21 21:49 】 編集
元仙台市民
懐かしいなあ、ちょうどこのころ大学2年生。高校の時は、こっそりよく行ったなあ。
URL 【 2014/02/02 21:26 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する